2020年05月07日

「かながわ定食紀行」今柊二

CIMG3636.JPG

タイトルの「かながわ」というのは神奈川県のこと。
この本は神奈川新聞に連載された神奈川の定食屋を紹介した記事をまとめたものです。
その数50軒。
著者は定食屋を愛することで知られた人。
他にもいろいろと著書があります。
ですが定食屋を愛するということでは、ある程度の年齢以上の男性なら皆そうではないですかね。
気取った店なんかで昼めしを食いたくない。
安くて旨くてガッツリと。
カフェめしなんて頼まれてもいらんわ。
そんな人は多いと思います。
お洒落なカフェでパスタランチ?
本日のパスタにパンとサラダ?
で、980円?
アホかと。(笑)
んなもんで体が持つかいっ。
財布も持たんわ。
日本男児ならメシでしょ。
白ごはん。
これを大盛りにしてもらってね。
で、鯖の焼いたのだとか味噌煮だとか、トンカツだカラアゲだ、肉と野菜を炒めたのが皿にどばっとか、そんなのをおかずにして、白ごはんをわっしわっしですよ。
ごはんおかわりできますなんて言われたりしたらあんた、食べるペースも進みまして、おかわりしなきゃ損とばかりに1杯目をソッコー空けまして、「すんません、おかわり!」と。
これでしょ、定食屋。
いや、話が飛躍してしまいました。
これはあくまで私の個人的な思いであります。
著者はそこまでは書いておられませんので。(笑)
紹介されているのは必ずしも純粋な定食屋(大衆食堂)というわけではありません。
中華屋や洋食屋もあります。
しかしその姿勢は定食屋だったりするんですよね。
昔ながらの定食屋というのがどんどん無くなっています。
そしてこの本で紹介されている店も現在はやはり何軒も閉店しておられるようです。
寂しいですね。
ファーストフードやファミレス、チェーン店は気軽に入れますし便利です。
ですけどなんの風情もありませんし、店のオトーチャンやオカーチャンとの思い出とか、そんなのありませんもんね。
私は大阪在住で神奈川の定食屋なんてまったく縁がないわけですが、事情は同じ。
だんだんと、いい定食屋は姿を消しています。
このような本が定食屋存続につながりますことを。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『こ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください