2020年05月21日

「霧町ロマンティカ」唯川恵

CIMG3644.JPG

50歳手前で航空会社をリストラされた梶木岳夫。
妻と離婚し、その後付き合っていた女性にも去られてしまい、現在は寂しい独り身です。
亡き父親が遺した別荘で暮らそうと軽井沢にやってきます。
無職で収入はなく不安はあるものの、とりあえずの生活はなんとかなりますし、自由の身です。
岳夫はここでいろんな人たちと出会います。
飲み屋の女将、その娘、常連の人妻、女性獣医、などなど。
岳夫はこの軽井沢でどのように生活し、自分を見つめ直していくのか・・・・。
裏表紙のあらすじを読みまして思ったのは、こりゃ「島耕作かいな」と。
いろんな女性と出会い、なぜかそのすべての女性にモテて、次々いてこましていい思いをするという。
すみません、そんなのじゃなかったです。(笑)
まず読み始めて思ったのが、今までの作者の作品とはちょっと雰囲気が違うな、と。
そう、中年男性が主人公だからなんですね。
女性の恋愛を書いてこられた作家さんですから、私が今まで読んできたのはすべて女性が主人公だったはず。
なので雰囲気の違いは感じたものの、それは決して違和感というものではありません。
そして主人公はいろんな女性と出会いますが、「島耕作」ではありませんでした。(笑)
ま、その中の一人とは関係してしまうのですが。
航空会社で外国から飛行機を輸入する部署で何十億という取引もしていた岳夫。
しかし会社から離れ、この土地で一人生活していく上でそんな経歴はなんの意味もないわけで。
仕事からも女からも見放された中年男が、この地でこれからどのように生きていくのか。
敷地に迷い込んできた犬を飼うことにするのですが、その犬とのつながりがいい。
仕事や女には裏切られ(女に関しては自業自得だったりもするのですが)ますが、しかし犬は飼い主を裏切りません。
この犬とのやりとりの描写がいいですね。
男として、家族を捨てた父親の人生を知り、噛み締めるところもいい。
主人公の岳夫の人生がメインではありますが、それぞれの女性たちの人生にも触れられています。
様々な事情を抱えた大人の男と女たち。
軽井沢という霧の町で展開されるストーリー。
読み応えのある味わいのある一冊でした。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ゆ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください