2020年05月31日

5月の一冊

今月の読書は以下の15冊でした。

・「張形と江戸をんな」田中優子
・「パラダイス山元の飛行機の乗り方」パラダイス山元
・「主婦病」森美樹
・「かながわ定食紀行」今柊二
・「本で床は抜けるのか」西牟田靖
・「紀伊物語」中上健次
・「ランウェイ・ビート」原田マハ
・「煮たり焼いたり炒めたり 真夜中のキッチンで」宮脇孝雄
・「ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~」三上延
・「1985年のクラッシュ・ギャルズ」柳澤健
・「霧町ロマンティカ」唯川恵
・「早春 その他」藤沢周平
・「ニッポン全国酒紀行 酔っぱライター飲み倒れの旅」江口まゆみ
・「末裔」絲山秋子
・「酒のかたみに」監修 髙山惠太郎

「張形と江戸をんな」、江戸時代の性に対する女性のオープンさは意外です。
現代みたいに男女関係がチャラいというんじゃなく、ちゃんと自身の性欲に向き合っていたといいますか。
「パラダイス山元の飛行機の乗り方」、とにかく飛行機に乗るのが大好きな著者。
東京から名古屋に行くのにフランクフルトを経由したり、到着した空港から外に出ず乗ってきた飛行機でまた帰るなんて当たり前。(笑)
「主婦病」、タイトルにふと考えさせられました。
なるほど、これもまた“病”なのかと。
「かながわ定食紀行」、大阪在住の私にはなんら実用性のない神奈川県の定食屋紹介の本。
でもわかりますし伝わるんですよねぇ、定食屋好きな者としては。
「本で床は抜けるのか」、本を読まない人にとってはまったく異次元な話でしょうね。
しかし本好きにとっては深刻な話なのです。
「紀伊物語」、舞台はどっぷりと“路地”です。
その路地の終焉が描かれています。
「ランウェイ・ビート」、青春の熱さはいい。
しかし作者が無理をした痛々しさがなんとも悲惨。(笑)
「煮たり焼いたり炒めたり 真夜中のキッチンで」、外国のレシピ本から料理を紹介しておられます。
料理好きな翻訳者ならではかと。
「ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~」、いよいよ最終巻となりました。
巻を重ねるごとにちょっと最初のコンセプトからズレて小難しくなってしまったように思います。
「1985年のクラッシュ・ギャルズ」、私はプロレスにはまったく興味ないんですけど。
でもこういう裏のドラマというのはやはりいいですね。
「霧町ロマンティカ」、中年男性のリタイア後を描いた小説。
作者にとってさりげなく新しいジャンルに踏み込んでおられます。
「早春 その他」、作者にとっては珍しい現代小説。
貴重ですね。
「ニッポン全国酒紀行 酔っぱライター飲み倒れの旅」、ただ飲むだけでなく、しっかりと酒を造る人たちを取材し紹介しておられます。
ぜひともライフワークとして酒を造るいろんな人たちを取材していただきたいです。
「末裔」、いま自分が生きているこの世界は先祖からの歴史あっての現実なのか?
そんな認識を喚起させるような小説でした。
「酒のかたみに」、文学の歴史に名を遺した作家たちの酒。
昔の作家と酒ってなんでこんなにドラマチックなんでしょう。(笑)

で、今月の一冊を選ぶわけですが。
そうですねぇ、唯川恵さんの「霧町ロマンティカ」が思いのほか沁みたんですよね。
そんな大きな話ではないんですけども。
久しぶりに唯川作品を読んだせいもあるかもしれません。
今月はこれを選びます。

CIMG3644.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください