2020年06月16日

「それから」夏目漱石

CIMG3657.JPG

長井代助は三十歳になるかならないかの年齢。
しかし働きもせず、一軒家を与えられて父親から生活の援助を受け、毎日ぶらぶらと暮らしています。
ある日、平岡という友人が仕事で失敗をし、地元に帰ってきます。
平岡の妻三千世は、かつて代助が想いを寄せていた女性でしたが、平岡に譲ったのです。
そんな三千世との再会。
飄々と暮らしていた代助の生活がだんだんと思わぬほうに向かっていきます・・・・。
「三四郎」に続いて三部作といわれるうちの第二作です。
といってもこの三部作、話に直接のつながりはないんですけどね。
人の妻となった三千世との再会により、改めて自分の気持ちに気付いた代助。
平岡と三千世の結婚生活はほぼ破綻しています。
それがいっそう代助の気持ちをあおります。
父親から勧められる結婚話を断り続け、代助は平岡から三千世を譲ってもらう決心をするのですが。
しかしこの時代は今と違って人の妻と恋愛するなどもってのほか。
代助の父親や兄も代助と縁を切ることにします。
いままで職も持たず親からの援助でぶらぶらと生活してきた代助ですが、その援助が切られるわけです。
そんな自分にいったい何ができるのか。
しかし平岡に三千世を貰う話もし、三千世もまたそのつもりでいます。
生活力のない代助は崖っぷちに立たされ、焦燥感にかられます。
最後のほうの代助の心理描写など、ほとんど錯乱状態ですね。
狂気です。
でもこれ、ものすごく単純にバカな話で、30歳にもなって定職も持たず親の脛をかじってる男が親から切り捨てられて目の前が真っ暗になるという。
いや、作中の描写としては世界中が真っ赤になるんですけどね。
そんな男がいっちょまえに友人の妻を奪うなどという噴飯ものな話です。
理屈だけは一人前で結局は社会人としてなんの能力もない男です。
ええ歳こいて働けよ、と。(笑)
まあ代助のそんな生活も彼なりのポリシーがあってのことなんですけども。
でもそんなの生活という現実の前では屁のツッパリにもなりません。
タイトルの「それから」はまさしく代助のそれからはどうなるの、といったところ。
悲劇ともいえますし喜劇ともいえます。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『な』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください