2020年06月30日

6月の一冊

今月の読書は以下の14冊でした。

・「さようなら、ギャングたち」高橋源一郎
・「どんくさいおかんがキレるみたいな。 方言が標準語になるまで」松本修
・「わが愛しの芸人たち」吉川潮
・「世界ぶらり安うま紀行 もっとも安い食べ物が、もっともうまい」西川治
・「耽美なわしら2」森奈津子
・「カレーライス進化論」水野仁輔
・「センセイの書斎 イラストルポ「本」のある仕事場」内澤旬子
・「それから」夏目漱石
・「老後の食卓 ずっと健康でいるための食の常識」文藝春秋 編
・「君が好きだから」井上美珠
・「猟師になりたい!」北尾トロ
・「赤瀬川原平の名画読本 鑑賞のポイントはどこか」赤瀬川原平
・「女子は、一日にしてならず」黒野伸一
・「割ばしの旅」おおば比呂司

「さようなら、ギャングたち」、正直言ってなんやらようわかりませんでした。
わからないなりに面白ければいいのですが、それもなかったし。
「どんくさいおかんがキレるみたいな。 方言が標準語になるまで」、言葉の研究に熱心な著者の二作目です。
ローカルな言葉がどのように広がっていったのか、興味深く読みました。
「わが愛しの芸人たち」、今の若い人たちにとって芸人といえば若手漫才師ということになるのでしょうが。
この本ではもちろん落語家やベテラン芸人などを取り上げておられます。
「世界ぶらり安うま紀行 もっとも安い食べ物が、もっともうまい」、そう、安くてうまくて昔から地元で愛されている料理。
高い店に行って肩凝るよりもこういう料理でじゅうぶんじゃないですか。
「耽美なわしら2」、オタク色の強い同人誌的な作品です。
まあそれなりに面白いですけど。
「カレーライス進化論」、いまや国民食になったカレーライス。
そんな日本独特に進化を遂げた料理の考察です。
「センセイの書斎 イラストルポ「本」のある仕事場」、作家や学者たちの書斎とはどのようなものか。
精緻なイラストを添えたルポタージュです。
「それから」、友人の妻への思いに気づいてしまった主人公。
今ではどうということのないシチュエーションですが、当時は姦通ということでなかなか大きなテーマでした。
「老後の食卓 ずっと健康でいるための食の常識」、長生きしてきた人たちの食生活についてのエッセイ集です。
人それぞれですので実用性はないかと。(笑)
「君が好きだから」、美人でもなくぽっちゃりでスタイルもよくない主人公にカッコイイ男性がベタ惚れで。
こんなに愛されていいのかしらって、勝手にせいっ。(笑)
「猟師になりたい!」、なんにでも挑戦する著者ですが、今回は猟師です。
ところで裁判の傍聴はもうやめられたのでしょうか。
「赤瀬川原平の名画読本 鑑賞のポイントはどこか」、私は絵は好きですが、知識はまるでありません。
なのでこういうガイドブックはとてもありがたいですね。
「女子は、一日にしてならず」、面白くは読んだのですが、なにを押し出したかったのかなと。
ダイエット? デブな女の恋愛?
「割ばしの旅」、全国を食べ歩いた著者の食エッセイ。
イラストにほのぼの感があります。

さて、今月の一冊を選ぶわけですが。
う~ん、これといった本はなく、正直どれも当てはまらずなんですけど。
あえてどれかとなりますと、「赤瀬川原平の名画読本 鑑賞のポイントはどこか」でしょうか。
絵を見る勉強になりました。
ということで今月の一冊はこれで。

CIMG3661.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください