2020年07月04日

「「あまカラ」抄1」高田宏 編

CIMG3665.JPG

昭和26年に創刊され、同43年まで200号発刊された食の雑誌「あまカラ」。
毎月20篇前後の食エッセイを掲載していたとのこと。
トータルでおよそ3000篇前後とのことですが、その中から3巻で約130篇を収録したのがこの「あまカラ」抄です。
編者は苦労されたようですね、作品選びに。
そりゃ3000篇の中から130篇を厳選するわけですから。
3巻で刊行するにあたって、まずその3巻をどのように分けるか。
編者は第1巻は作家篇、第2巻は学者・評論家篇、第3巻は諸家篇としました。
そして選び出した基準が『「食」を通して「人間」が見えてくる点においた』といいます。
『もっと言うなら、書き手の生(いのち)が、書き手の喜怒哀楽が、飲食を通して見えてくる文章を選んだ』と。
そんな基準で厳選された44篇がこの第1巻に収められています。
採用されている執筆者の名前を数人挙げますと、幸田文とか。
まあいかにもといいますか、納得ですね。
武田泰淳井上靖、伊藤整といった文壇の大御所。
開高健獅子文六などは、まあ当然出てくるわな、と。
大岡昇平などはあの魯山人の「ラ・トゥール・ダルジャン」でのエピソードを披露しておられます。
そう、パリの高級レストランで鴨料理を山葵醤油で食べたというあのエピソード。
このとき同席していたのが案内役で画家の荻巣高徳と大岡昇平でした。
魯山人本人のエッセイやいろいろな伝聞で有名な話ですが、同席者の証言ということでこれは保存されるべきでしょう。
瀬戸内晴美(寂聴)のエッセイもいい。
これは現代人にも体験できる話です。
20日間の断食を行い、それがきっかけで好き嫌いがなくなり、何でも美味しく食べられるようになったと。
そう、グルメだ美食だ好き嫌いだなんてのは、飢えの前ではぶっ飛びます。
美食も結構ですが、まずは食べられるありがたさに感謝しませんと。
ダイエットしている女性がつい食べすぎたり甘いものに手を出してしまったりなんて話を聞きますが、なんでも好きなものが食べられる立場の道楽みたいなものです。
そこには食に対しての感謝などありません。
ま、そんなことにケチつけてもしょうがないし、話がそれました。(笑)
食べることを文章にする。
やはりそこには大げさな話になるかもしれませんが、その人の人生観みたいなのを、少なくともその人の価値観を感じたいと思います。
そういう意味では非常に砥がれた食エッセイ集ですね。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『た』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください