2020年07月10日

「剣客商売番外編 ないしょ ないしょ」池波正太郎

CIMG3670.JPG

越後は新発田の城下町で道場を営む一刀流の剣客、神谷弥十郎。
そこでお福は下女として働いていたのですが、弥十郎が何者かに暗殺されます。
主を失ったお福は下男の五平と共に江戸へ。
そこで三浦平四郎という七十に近い隠居の下で働くのですが、その平四郎もやはり殺され、一緒に江戸に出てきた五平までもが殺されてしまいます。
犯人はすべて同一人物、松永市九郎です。
お福は平四郎から手ほどきを受けていた手裏剣を使って、なんとか松永に一矢報いてやろうとするのですが・・・・。
剣客商売の番外編です。
しかし主役はあくまでお福であり、秋山小兵衛はほんの脇役です。
別に剣客商売の番外編としなくともこれだけで成り立つ話ですが、やはりそこは秋山小兵衛や町医者の小川宗哲、手下の弥七などのお馴染みの人物が登場することにより、剣客商売の世界にしてしまったほうが読者も物語に浸れるでしょう。
お福は最初の主である神谷弥十郎に何度も凌辱されるのですが、このエピソードがいまいちよくわかりません。
こんな話を書く必要があったのかなと。
特にそれが後の話に効いているわけでもないし。
むしろお福がその時のことを思い出して体を熱くしているなんて、そんなアホな。
オヤジの妄想ですよ、これ。(笑)
最後に仕えた倉田屋半七のキャラもよくわかりませんね。
初めてお福と出会った時のあの印象はなんだったのでしょうか。
倉田屋が裏のある人物だという演出なんでしょうけど。
そのあといきなり印象変わられてもね。
ま、物語としては波乱万丈な女の生涯を描いており、秋山小兵衛もいい感じで脇を固め、どうにかこうにか剣客商売シリーズにこじつけたかな、と。

ラベル:時代小説
posted by たろちゃん at 02:40| Comment(0) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください