2020年07月14日

「圏外同士」冨士本由紀

CIMG3672.JPG

蕪木秀一郎は58歳。
食品メーカーに30年務めてきましたが、3年前に本社の部長職から社員30人ほどの子会社の社長に就任しました。
早い話が出世コースからの脱落です。
まだまだ自分はいけると思ってみたり、いやもうだめなのかと思ってみたり。
家庭では妻との関係も完全に冷え切っています。
そんなある日、美貌の女、夏日乃絵と知り合います。
乃絵は服飾デザインの専門学校を卒業し、国内の有名ブランドに就職しました。
しかし下働きばかりで嫌気がさしていたころ、同じ専門学校だった北川慎と再会します。
彼が店番をしていた店に作品を置いてもらったところ、予想に反してそれらは売れ、ファッション誌でも紹介されるようになります。
何の未練もなく会社を辞めた乃絵。
しかしその後いまいちパッとしません。
慎と話し合い、ニューヨークで勝負しようと渡米。
ですが当然ながら現実は甘くないということを思い知らされ、しかも最悪な経験をし、挫折。
慎とも別れ、帰国したところ秀一郎と出会ったわけです。
一目見て乃絵に惚れた秀一郎は、デカイことを言って収入を得なければならない乃絵を自分の会社に就職させます。
入ってみて会社のショボさに唖然とする乃絵。
下心丸出しの秀一郎に乃絵は見向きもしません。
可愛さ余って憎さ100倍の秀一郎。
2人はどのように絡み合い、日々前進していくのか・・・・。
ユーモア小説というべきでしょうか。
ただちょっと秀一郎のキャラが極端すぎですかね。
作りすぎな感があります。
ただこのコメディのようなキャラが小説をユーモラスにしているのは確か。
これ、まともな人物だったらかなり重い内容です。
初老の男が若い女(といっても30手前くらいですが)に入れあげ、ストーカーまがいの行動まで起こしてしまうのですから。
しかも妻には見放され。
妻は秀一郎を残しボランティアで海外に行ってしまうのですね。
こうなると男は惨めなものです。
乃絵は今回東京で開催される世界各地の主要都市で行われているファッションイベントに参加するべく、寝る間も惜しみ猛然とスパートをかけます。
しょぼくれた男と女たちのパワフルさが対照的。
まあ秀一郎もそれはそれで新しい一歩を踏み出すような気配はありますが。
でもラストはもうちょっとはっきりと結果を示してほしかった気もします。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ふ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください