2020年07月31日

7月の一冊

今月の読書は14冊でした。
その中で小説を8冊読めたのは嬉しい。

・「紙婚式」山本文緒
・「「あまカラ」抄1」高田宏 編
・「爆心」青来有一
・「ビターシュガー 虹色天気雨2」大島真寿美
・「剣客商売番外編 ないしょ ないしょ」池波正太郎
・「セラピスト」最相葉月
・「圏外同士」冨士本由紀
・「〈美少女〉の現代史 「萌え」とキャラクター」ササキバラ・ゴウ
・「世界のインスタント食品」森枝卓士
・「輝ける闇」開高健
・「アイビー・ハウス」原田ひ香
・「フレンチの王道 シェ・イノの流儀」井上旭 聞き手神山典士
・「厭世フレーバー」三羽省吾
・「力道山がいた」村松友視

「紙婚式」、短編集なのですが、どれにも怖さが潜んでいます。
ホラーという意味じゃなくて、この作家が書く日常は怖いです。
「「あまカラ」抄1」、大阪発の伝説の食雑誌から抜粋した食エッセイ集。
執筆者の豪華さといったらまた。
「爆心」、世界唯一の被爆国としてそれをどのように小説にするのか。
直接被爆を知らない世代はこのような小説にしました。
「ビターシュガー 虹色天気雨2」、テレビドラマにしたらいいんでしょうね。
そっち向けの小説だなと思いました。
「剣客商売番外編 ないしょ ないしょ」、剣客商売の番外編であり、最終編です。
剣客商売としては秋山小兵衛の影が薄いですが、物語としてはそこそこ楽しめました。
「セラピスト」、精神医学、心理学、私はあまり信用していないのですが。(笑)
しかしこの著者の取材は徹底していますねぇ。
「圏外同士」、シビアな内容なんですけどコミカル。
社会からドロップアウト(?)しそうになりつつも、しがみつく若い女と初老の男。
「〈美少女〉の現代史 「萌え」とキャラクター」、リアルで恋愛できない男性が増えています。
マンガやアニメからそれを分析できそうですね。
「世界のインスタント食品」、日本を始めとして世界各国にあるインスタント料理。
さて、海外にはどのようなインスタント食品があるのか?
「輝ける闇」、ベトナム戦争を自分の眼と身体で体験した開高健。
彼は何を見、どのように小説に昇華したのか。
「アイビー・ハウス」、2組の夫婦が2世帯住宅で同居生活。
その結果どのようになったのか、というお話。
「フレンチの王道 シェ・イノの流儀」、ベテランシェフのフランス修行時代の話はまあよくあること。
しかしトロワグロに影響を受け、ひたすらソースにこだわるクラシックを追及する姿勢には感銘を受けました。
「厭世フレーバー」、家族小説であり、日本の歴史も透かして見えるような構成です。
ただちょっと印象が弱かったか。
「力道山がいた」、昭和のヒーロー力道山を取り上げた一冊。
ただ著者の思い入れが強すぎて、青臭い匂いがプンプン。

いやあ、この中から今月の一冊ですか。
厳しいなぁ。(笑)
では「輝ける闇」開高健で。
やはりこの現実(?)、描写には圧倒されます。

CIMG3675.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください