2020年08月31日

8月の一冊

今月は以下の14冊を読みました。

・「週刊誌風雲録」高橋呉郎
・「ズボラ人間の料理術」奥薗壽子
・「山を走る女」津島佑子
・「鴨川食堂 おかわり」柏井壽
・「女たちよ!」伊丹十三
・「最終便に間に合えば」林真理子
・「うたかたの日々」ボリス・ヴィアン
・「そばと私」季刊「新そば」編
・「旬の魚を食べ歩く」斎藤潤
・「乙女のままじゃいられない!」石田累
・「宝塚読本」中本千晶
・「いのちの食卓」辰巳芳子
・「星やどりの声」朝井リョウ
・「完全保存版 まんが道大解剖」サンエイムック

「週刊誌風雲録」、いまや政治でも芸能界でも週刊誌というのは新聞よりインパクトありますね。
そんな週刊誌の変遷が書かれています。
「ズボラ人間の料理術」、今まで難しいと思っていた料理が簡単にできるのならありがたいですよね。
従来の常識に縛られることなく簡単に早く美味しく料理を作る実践的なコツを紹介しておられます。
「山を走る女」、現在と違いシングルマザーなんてイメージのいい呼び方のなかった時代。
未婚の母の葛藤が描かれています。
「鴨川食堂 おかわり」、シリーズ第2弾。
前作よりは収まりがよくなったように思えました。
「女たちよ!」、エッセイというジャンルを日本に根付かせた著者。
リアルタイムで読めばさぞかし新鮮だっただろうなぁと思います。
「最終便に間に合えば」、女性が本音を晒した男との心理的やりとり。
これなんですよねぇ、林真理子の凄みは。
「うたかたの日々」、シュールすぎて私には無理でした。
これはSFなのか恋愛小説なのか。
「そばと私」、そばという一家言ある人が多い食べ物についてのエッセイ集。
うどんと私、ラーメンと私、ではどうも締まりません。(笑)
「旬の魚を食べ歩く」、あちこちに出向き、漁師を取材し、民宿で地元ならではの魚料理を堪能する。
やっぱ魚はこれですよねぇ。
「乙女のままじゃいられない!」、エタニティシリーズなので、もちろん少女漫画的な展開ではあります。
でもけっこうワクワクと読ませられましたね。
「宝塚読本」、タカラヅカという独特な歌劇団に魅了された著者が魅力を語ります。
いや、決してヅカファンは特殊じゃないですよ。(笑)
「いのちの食卓」、グルメ情報氾濫の飽食であり崩食である昨今。
バブルの時代に誰もバブルだと気づかなかったように、ほんと皆が意識して今のこの状態に危機感を持たなければ大変なことになるという警告が含まれています。
「星やどりの声」、家族の絆を描いた家族小説であり青春小説。
無難によかった。
「完全保存版 まんが道大解剖」、マンガ家マンガの名作「まんが道」のガイドブックです。
それだけでなく、日本マンガ史の資料としても貴重な一冊だと思います。

ということで今月の一冊なわけですが。
「乙女のままじゃいられない!」がけっこうよかったんですよねぇ。
何日かかけて読んだのですが、翌日に続きを読むのが楽しみで。
「旬の魚を食べ歩く」、これも紹介されている地元の人たち、料理、どちらも味わい深かったなぁ。
「完全保存版 まんが道大解剖」、う~ん、私とは時代が違うのですが、トキワ荘でマンガに青春を懸けた人たちの物語。
マンガに関わった端くれとしまして、やはりこれは・・・・。
自身の青いながらもがむしゃらだった頃を懐かしく、でも新鮮に思い出します。
なので、今月の一冊はこれで。

CIMG3694.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください