2020年09月12日

「麻婆豆腐の女房 「赤坂 四川飯店」物語」吉永みち子

CIMG3701.JPG

陳建民
日本では中国料理の神様だの四川料理の父だのと呼ばれています。
しかしそれは決して大げさではなく、まだ日本人が中国料理がどんなものか知らなかった時代に日本において中国料理を広めることに大いに貢献しました。
四川省出身の建民が作るのはもちろん四川料理。
今でこそ麻婆豆腐を知らない日本人はいないと思いますが、当時は誰もそんなのを知りません。
建民が根付かせたのです。
エビチリもそうですね。
日本人に合うようにケチャップを使ってアレンジしました。
担担麺も本場では汁なしが普通ですがラーメン風に汁ありにアレンジし、現在の日本ではこれが当たり前になっています。
なので建民が日本の中国料理に与えた影響はあまりにも大きく、基礎を築いたとさえ言えます。
まさに神様であり父でしょう。
そのキャラクターは実にユニーク。
自由闊達、天真爛漫。
そんな建民を支えたのが洋子夫人です。
いやまあ、波乱万丈ですね。
よくもまあこのキャラに付いていったなと。
といってもしおらしく夫に従い、黙って尽くすような女性ではありません。
その逆。
チャキチャキのキャラでビシッと夫を締めておられます。
建民のやりたいようにさせてあげつつも。
それまで国や店を転々としていた風来坊の建民を日本に定着させ、成功に導いたのはまさに洋子夫人の尽力あってのことでしょう。
実に深い夫婦の結びつきが描かれています。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『よ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください