2020年10月11日

「火事場の仕事力」ゆでたまご・嶋田隆司

CIMG3713.JPG

著者は人気漫画「キン肉マン」の原作者です。
少年ジャンプでデビューしたのが1979年。
この本が出た2012年の時点では33年のキャリアを誇るベテラン漫画家です。
現在は2020年ですので40年越え。
漫画家を40年以上続けるなんてとんでもないことです。
例えば80年代に「キン肉マン」読んでいた小学生は今や40代50代となり、現在の社会を支える中核となっているんですよね。
この本は「キン肉マン」という漫画以外の形で自らの仕事術を披露し、そのように現在社会で日々の仕事を頑張っている人たちにエールを送ろうという趣旨の一冊です。
でも漫画の原作者という仕事がサラリーマンや他の職種の人たちと共通するところはあるのか?
ありありです。
「キン肉マン」の作者ゆでたまご氏はお二人で仕事をしておられます。
作画を担当しておられるのが中井義則氏、そして原作が著者です。
中井氏はほぼ絵を描くことに集中し、原作をはじめとしてそれ以外のマネージメントはすべて著者が担当しておられるとのこと。
なので仕事においてアイデアを出す苦しみ、いかに顧客(読者)を喜ばせるか、人気を確保するか、編集者との打ち合わせはもちろんイベントや映像化やキャラクター商品についての折衝など、これまさにサラリーマンの企画・営業・広報をやっておられるわけです。
ちょっとでも気を抜き人気がなくなれば連載を打ち切られ即仕事がなくなるというプレッシャーは、サラリーマンの比ではないでしょう。
なので本書に書かれていることはまさに実戦に基づく著者の体験談であり、そのアドバイスはいろんな人たちの心に染み入るはずです。
なにより読者(顧客)にいかに喜んでもらえるかという著者のポリシーは、どんな仕事にもあてはまる心がけといっていいかと思います。
イベントなどで子供のころから「キン肉マン」読んでいたという人たちに「あれを読んで勇気づけられた」とか言われると漫画家冥利に尽きるといいます。
仕事の原点ってここなんでしょうね。
ラベル:マンガ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ゆ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください