2020年10月22日

「あるキング」伊坂幸太郎

CIMG3718.JPG

弱小プロ野球チーム仙醍キングスのファンである山田亮、桐子夫婦。
生まれた男の子を王求(おうく)と名付け、野球の英才教育を施します。
毎日がひたすら野球です。
その甲斐あって王求は才能を伸ばし、12歳で現役プロ投手からホームランを打つほどの怪物に育ちます。
このまま順当にいけば間違いなくプロ入りですが、人生そう簡単なものではありません。
さて、王求の数奇な人生は・・・・。
いままでの伊坂作品とはちょっと異質です。
王求という少年が淡々と野球に打ち込む姿を、これまた淡々と描いています。
ただやはり伊坂幸太郎、その内容は一筋縄ではありません。
なのですが、これはちょっとわかりづらいですね。
ストーリーではなく作者の意図が。
ご本人もあとがきに書いておられるのですが、「自分の好きなように書く」というのが目的だったとのこと。
シェークスピアの「マクベス」からの引用を多用しておられます。
おそらく作者は今か昔かはわかりませんが、「マクベス」に影響を受けられたのでしょう。
それはいいのですが、ちょっとそれにこだわり過ぎられたのではないかという気がします。
「Fair is foul」、フェアはファウル、ファウルはフェア。
これ野球用語にも当てはまりますので、ここから野球選手の物語ということで発想を得られたのかなと。
「自分の好きなように書く」ということで書かれたわけで、読者がどうこうべきではないのかもしれませんが。
ただ読み終えて、「で、なんなの?」という感想です。
実験作ですが成功作ではないですね。
ただ伊坂幸太郎らしさは文章からじゅうぶんに味わえます。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください