2020年11月24日

「K氏の大阪弁ブンガク論」江弘毅

CIMG3733.JPG

著者は関西のローカル情報誌「ミーツ・リージョナル」創刊から携わり、12年間編集長を務めた人です。
関西で「ミーツ」といえば特にグルメ情報には定評があり、他のミーハーな情報誌では取り上げないような店なんかもよく紹介しておられました。
そしてなんといっても「街」をテーマにしておられたので、飲食店に限らずきっちりと地元の愛されている店なんかを紹介しておられるあたりに足場の確かさを感じました。
私も著者が編集長をしておられた時代には購読してましたね。
最近はまったくですが。(笑)
で、本書はそんな著者が大阪弁とブンガクについて語った本です。
大阪を舞台に大阪弁で書かれた小説を取り上げて、著者があれこれと解説しておられます・・・・。
なるほど、ちょっとなかったかな、こういうの、と。
ただ私の感想では、「大阪弁ブンガク論」というよりも「文学に見る大阪弁論」だと思いましたが。
だって文学について語っているのではなく、あくまで大阪弁の使い方や表現について語っておられるわけで。
あるいは風俗とか。
まあそのあたり「文学」ではなく「ブンガク」と上手くかわしておられますけども。
で、K氏という人物の言動を紹介しつつという構成なのですが、イタイですね。(笑)
もちろんK氏というのは著者です。
なんで一人称にせず三人称なのか。
その理由についてはあとがきに書いておられますけども。
ですが自分のことをK氏と書くイタさを思います。
で、これは著者のインテリジェンスによるものなのでしょう、やたら表現がまわりくどくよくわからん言葉や言い回しが出てきます。
カタカナ言葉なんかも。
「エクリチュール」がどうこうなんて、なんで普通に日本語で書けないのか。
その割には自分は岸和田バリバリだと主張しておられる。
大阪弁、岸和田弁を語るのなら、「エクリチュール」なんて言葉は使わないでほしい。
世間の風潮でもそうなんですけど、最近こういうカタカナでやっつけてやろうという風潮ないですか?
「コンプライアンス」とか「リスペクト」とか、なんでそれらを普通に日本語で表現できないの、と。
こだわるのならとことんこだわってほしい。
とても面白く読みましたが、著者の他の著作にも感じたように、キャラがイタイですね。
「おまえ、なんもわかっとらんな!」と言われそうですけど。(笑)
ラベル:書評・作家
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『こ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください