2021年02月27日

「新・世界三大料理 和食はなぜ世界料理たりうるのか」著 神山典士 監修 中村勝宏 山本豊 辻芳樹

CIMG3772.JPG

世界の三大料理とは何か、という問いがよくあります。
フランス料理、中国料理はたいがいの人が思いつくとして、さてあとひとつは何だろうとなります。
自分の国の料理を挙げておけば問題ないなんていわれたりもしますが、一般的にはトルコ料理が定説となっています。
しかしこれは料理の洗練度ではなく、地理的文明的な側面から名前が挙がっているようです。
では正味料理の洗練度といいますか完成度でいえばどこの料理なのか。
私は日本料理だと思っています。
日本人だからそう思うのかもしれませんが。
しかし日本料理はフランス料理にも大きな影響を与えていますし、現在世界中から注目され人気の料理です。
で、この本ではフランス料理、中国料理、そして日本料理、それぞれの専門家に取材や監修を依頼し、それぞれの料理の本質に迫っています・・・・。
この本を読みますとそれぞれの料理の特徴がよくわかりますね。
調理法はもちろん、出汁の取り方(引き方)にしろ料理用語にしろ、なるほど当然のことながら各国の風土や文化が根底にあるわけです。
非常に面白い。
で、この本のタイトルは「新・世界三大料理」。
サブタイトルは「和食はなぜ世界料理たりうるのか」なんですよね。
ここに疑問。
つまり「新・世界三大料理」はフランス料理、中国料理、トルコ料理ではなく、フランス料理、中国料理、日本料理なんだと著者は前提にしておられるわけです。
私もまったく異論ないです。
ですが、この本の中で「だから日本料理こそが三大料理である」とビシッと決めつけた記述はありません。
もちろん日本料理の良さは紹介されています。
フランス料理のように味を乗せていく構成ではなく、素材の良さをいかに引き出すか引き算の美学であると。
まさしく。
これはもう日本人の味覚、美学でしょう。
この感性は世界に誇っていいと思います。
私など優越感に浸るくらいです。(一庶民ですが)
しかし、繰り返しますが「だから新・世界三大料理は日本料理なのだ」という決定打に欠ける印象です。
なのでこのサブタイトルに私は抵抗があります。
「和食はなぜ世界料理たりうるのか」ではなく、「和食ははたして世界料理たりうるのか」が正解なんではないかと思いました。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『か』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください