2021年02月28日

2月の一冊

今月の読書は11冊でした。
先月は7冊という一桁台。
奮起しました。
それでも今までの14~15冊には届かなかったのですが。
といいましても読書に費やしている時間はほとんど変わっていないんですよね。
読み終えるのに時間のかかる本だったりするとどうしても冊数は落ちます。
ですが読書は数を誇るものでもないですから。
言い訳はこの辺にしまして。(笑) 

・「地球を肴に飲む男」小泉武夫
・「後宮小説」酒見賢一
・「「あまカラ」抄2」高田宏 編
・「蓼喰う虫」谷崎潤一郎
・「さいはて紀行」金原みわ
・「ユーミン・陽水からみゆきまで」富澤一誠
・「日本食紀行 味の原点を探る」山田ゆりか
・「アイコイ! お見合い相手は非日常(アイドル)!?」伽月るーこ
・「元アイドル!」吉田豪
・「十兵衛両断」荒山徹
・「新・世界三大料理 和食はなぜ世界料理たりうるのか」著 神山典士 監修 中村勝宏 山本豊 辻芳樹

「地球を肴に飲む男」、これまで散々世界中の珍食奇食をアテにこれまた珍酒を飲んでこられた小泉センセイ。
美食も結構ですが、こういうのこそ食文化の原点でしょう。
「後宮小説」、中国(と思われる国)を舞台にした時代小説。
苦手意識があったのですが、思いのほか面白かったです。
「「あまカラ」抄2」、第1巻は作家篇でしたが、第2巻は学者・評論家篇です。
食エッセイというよりは、やはり随筆と呼びたい内容ですね。
「蓼喰う虫」、耽美さやエロティシズムはありません。
むしろ日本的な美意識を主張した作品です。
「さいはて紀行」、なんともローカルな鄙びたようなモチーフを取材しておられます。
でもこういうのは誰かが取り上げないといけませんよね。
「ユーミン・陽水からみゆきまで」、今はあまり言われなくなったフォークソング。
その歴史を熱く語っておられます。
「日本食紀行 味の原点を探る」、こういう本というのは本当に大事だと思いますね。
昔ながらの食文化を絶やさない、そして大勢の人に知ってもらうという大きな役割があります。
「アイコイ! お見合い相手は非日常(アイドル)!?」、うん、アイドルが婚約者になるなんてたまらない理想(妄想)ですよね。
この逆バージョン(一般男性と女性アイドル)だと男性の私はもっとそそられます。(笑)
「元アイドル!」、華やかに見える芸能界も当然いろいろあるようで。
そう考えると長年生き残っている人たちっていろんな意味ですごいんだなと思います。
「十兵衛両断」、いやもうこれは笑いながら読んでもいいんでしょうか。
とにかくぶっ飛んでます。
「新・世界三大料理 和食はなぜ世界料理たりうるのか」、“たりうる”理由や現状をもっとビシッと示してほしかったという印象です。
私の理解力が低いのかもしれませんが。

ということで今月の一冊。
ん~、いつもながら突出してこれを推したいというのはないのですが、「後宮小説」。
中国(と思われる)を舞台にした小説なんですけども、こういうのは私は登場人物の名前の読み方など覚えられずすごく苦手なんですよね。
それは朝鮮人がたくさん出てくる「十兵衛両断」にしても同じくなんですけど。
でも思いのほか楽しめたのが嬉しかった。
ということで今月の一冊は「後宮小説」で。

CIMG3759.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください