2019年04月29日

4月の一冊

今月読んだのは以下の14冊です。

・「銀河鉄道の父」門井慶喜
・「ホンのひととき 終らない読書」中江有里
・「エンジョイしなけりゃ意味ないね」朝倉かすみ
・「叙々苑 「焼肉革命」」新井泰道
・「おもしろメニュー二万年」永山久夫
・「夜想曲集 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語」カズオ・イシグロ
・「指名ナンバーワン嬢が明かす テレフォンセックス裏物語」菊池美佳子
・「水曜日の恋人」龍田よしの
・「イタリア半島「食」の彷徨」西川治
・「男は旗」稲見一良
・「ブランドのデザイン」川島蓉子
・「女の庭」花房観音
・「まだある。 今でも買える“懐かしの昭和”カタログ ~駄菓子編 改訂版~ 」初見健一
・「ウルトラマンが泣いている 円谷プロの失敗」円谷英明

「銀河鉄道の父」、宮沢賢治ではなくその父を描いた小説。
どこまでが実話かどうかわかりませんが、父を通して宮沢の生涯が描かれています。
「ホンのひととき 終らない読書」、本についてのエッセイ&書評。
こういうのは知らなかった本との出会いを提供してくれます。
「エンジョイしなけりゃ意味ないね」、いろいろな女性を主人公にした短編集。
作者の言葉のセンスに惹かれます。
「叙々苑 「焼肉革命」」、内容といいますか構成がちょっと薄っぺらい。
そのぶん読みやすかったですけども。
「おもしろメニュー二万年」、われわれ日本人は太古の昔からどのような食生活を送ってきたのか。
飽食に浮かれる前にこのような歴史を知るべきでしょう。
「夜想曲集 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語」、ノーベル賞作家の短編集。
翻訳物としては非常に読みやすい。
「指名ナンバーワン嬢が明かす テレフォンセックス裏物語」、今でもいるのでしょうか、テレフォン嬢。
時代の性風俗ですね。
「水曜日の恋人」、ホストを相手にした駆け引きな恋愛小説。
思わず引き込まれて読んでしまいました。
「イタリア半島「食」の彷徨」、日本のイタリア料理には満足できない著者の本場イタリア料理の紹介。
カラー写真でふんだんに。
「男は旗」、作者にしてはややファンタジーな冒険小説。
でもきちっと締めてます。
「ブランドのデザイン」、ブランドをイメージつけるのは何か。
やはりデザインの仕事は大きいですね。
「女の庭」、5人の女たちの生き様と性癖。
相変わらずエロいです。
「まだある。 今でも買える“懐かしの昭和”カタログ ~駄菓子編 改訂版~ 」、昭和の駄菓子健在なり。
でも少しずつ無くなっていくんでしょうね。
「ウルトラマンが泣いている 円谷プロの失敗」、ウルトラマンで有名だった円谷プロ。
でもその内情はこのようなものだったのかと。

14冊読みまして、その中から一冊を選ぶわけですが。
候補は「水曜日の恋人」と「女の庭」ですね。
前者はライトノベルといいますか、女性向けのちょっとエッチな小説。
後者もやはりエッチな小説ですね。
私はこういうのに惹かれてしまうのでしょうか。(笑)
「水曜日の恋人」が思いのほか楽しめました。
エタニティ文庫から今まで一冊も選んだことがなかったと思いますので、今回はこれを選んでみましょうか。
今月の一冊はこれに決定。

CIMG3441.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

3月の一冊

今月の読書は14冊でした。

・「ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~」三上延
・「実況・料理生物学」小倉明彦
・「雪の鉄樹」遠田潤子
・「怖い絵 泣く女篇」中野京子
・「お江戸の姫君 右京之介助太刀始末」高橋三千綱
・「羊と鋼の森」宮下奈都
・「定食ニッポン」今柊二
・「カエルの楽園」百田尚樹
・「妻の超然」絲山秋子
・「赤ずきんちゃん気をつけて」庄司薫
・「キアズマ」近藤史恵
・「やくざと芸能界」なべおさみ
・「諸国空想料理店」高山なおみ
・「愛のひだりがわ」筒井康隆

「ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~」、シリーズもいよいよ大詰めになってきました。
五浦と栞子さんの関係が楽しみです。
「実況・料理生物学」、料理を化学的生物学的に講義した一冊。
こういうアプローチも楽しいですね。
「雪の鉄樹」、過去にいったい何があったのか。
じわじわと明らかになっていく過程を読ませる腕はなかなかのもの。
「怖い絵 泣く女篇」、何がどう怖いのか。
ただ見ているだけではわからない絵に隠された意味などを解説してくれます。
「お江戸の姫君 右京之介助太刀始末」、主人公右京之介の魅力がいいですね。
話がもうちょっとシンプルであればなお。
「羊と鋼の森」、ピアニストではなくピアノの調律師を扱ったちょっと異色(?)な作品。
じんわりと心に染み入りました。
「定食ニッポン」、飯、汁、おかずがセットになった定食。
日本の心です。(笑)
「カエルの楽園」、ちょっとベタではありますが、現在の日本を揶揄した小説です。
この痛烈な皮肉が届けばいいんですけどね。
「妻の超然」、超然とは何ぞや。
達観なのか開き直りなのか何もかもを受け入れる広い心なのか。
「赤ずきんちゃん気をつけて」、日本版「ライ麦畑でつかまえて」?
良くも悪くも当時の高校生なんですね。
「キアズマ」、大学生のロードレースを扱った作品。
読み応えじゅうぶんでした。
「やくざと芸能界」、タブーに挑戦した一冊といえましょうか。
この本のおかげで著者はNHKの仕事がボツになったそうです。(笑)
「諸国空想料理店」、食エッセイ&レシピ集。
エスニックがお好きな方はぜひ。
「愛のひだりがわ」、ジュブナイルの体を装いながらただのジュブナイルにはなっていませんね。
やはり筒井康隆のテイストです。

今月はいつもより小説を多く読めました。
9冊。
その他が5冊。
どれもけっこう楽しめました。
そんな中から今月も一冊選びましょう。
絞って「雪の鉄樹」、「羊と鋼の森」、「キアズマ」ですかね。
「雪の鉄樹」は初めての作家さんでしたが、他の作品もぜひ読みたいと思えました。
「キアズマ」は「サクリファイス」シリーズで期待していた通りの面白さでした。
でも今回はピアノ調律師という未知の世界を見せてくれた「羊と鋼の森」でいきたいと思います。
今月の一冊はこれで。

CIMG3423.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

2月の一冊

今月の読書は13冊でした。

・「成功する人は生姜焼き定食が好きだ」笠井奈津子
・「ベジタリアンの文化誌」鶴田静
・「後妻業」黒川博行
・「キャンティ物語」野地秩嘉
・「藤十郎の恋・恩讐の彼方に」菊池寛
・「夜中にジャムを煮る」平松洋子
・「隣に誰かさん。」深月織
・「はなうた日和」山本幸久
・「江戸へようこそ」杉浦日向子
・「女とお酒のいい関係」友田晶子
・「読むのが怖い! 帰ってきた書評漫才~激闘編」北上次郎×大森望
・「明日を知らず」芝木好子
・「シマコの週刊!?宝石」岩井志麻子

「成功する人は生姜焼き定食が好きだ」、トンデモ本とまでは言いませんけども。
どちらかというとイタイ系の本かなと。
「ベジタリアンの文化誌」、肉食を否定するベジタリアンとはどのような人たちなのか。
その歴史や文化を掘り下げます。
「後妻業」、これは作者の造語でしょうか。
キャラといい内容といい、ピタッとはまっていますね。
「キャンティ物語」、一世を風靡したイタリアンレストラン「キャンティ」の歴史です。
といっても店そのものよりも関わった人物が主ですが。
「藤十郎の恋・恩讐の彼方に」、教訓を含んだような短編集です。
粒ぞろいな内容でした。
「夜中にジャムを煮る」、ただ食べ物について語るだけでなく。
そこにはやはり生活というものがあります。
「隣に誰かさん。」、若い女性向けのラブストーリー。
甘いですけどそこそこ読めます。
「はなうた日和」、さりげないようでドラマな日常といいますか。
さらりと読ませるあたりがもしかしたら過小評価されるかも。
「江戸へようこそ」、江戸の日常を紹介した(?)一冊。
なんだか著者の高飛車さが鼻につくのですが。
「女とお酒のいい関係」、いまやお酒を飲むのに男も女もありません。
ですがやはり女性はスマートに飲んでいただきたいですね。
「読むのが怖い! 帰ってきた書評漫才~激闘編」、まさに漫才です。
真正面からの書評よりもこのような形式のほうが受け入れやすいかもしれませんね。
「明日を知らず」、戦中戦後の満州を舞台にした恋愛小説。
でも小説としての出来はどうでしょう。
「シマコの週刊!?宝石」、ゲリラ的に復活した(!?)週刊宝石。
裏話的な内容です。

えっと、今月の一冊ですが。
そうですね、エンターテイメントとして上出来だと思える「後妻業」でしょうか。
けっこうワクワクしながら読めました。
大阪を舞台にしており、私にとっては地元感もプラスでしたし。
今月はこれで。

CIMG3407.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

1月の一冊

今月の読書は以下の16冊でした。

・「マンガ家アシスタント物語」イエス小池
・「東電OL殺人事件」佐野眞一
・「モダンタイムス(上・下)」伊坂幸太郎
・「〈ジャイアント白田〉 最強の飲食店づくり」ジャイアント白田
・「日常の極楽」玉村豊男
・「新選組 幕末の青嵐」木内昇
・「天才 勝新太郎」春日太一
・「教科書に載っていないUSA語録」町山智浩
・「果つる底なき」池井戸潤
・「読む餃子」パラダイス山元
・「葬儀の日」松浦理英子
・「常識の世界地図」21世紀研究会編
・「言葉尻とらえ隊」能町みね子
・「デウスの棄て児」嶽本野ばら
・「東京すみっこごはん 雷親父とオムライス」成田名璃子

「マンガ家アシスタント物語」、32年間のアシスタント生活はどのようなものだったのか。
悲惨さはありませんけどね。
「東電OL殺人事件」、エリートOLがなぜ、という事件でした。
真実は闇のままです。
「モダンタイムス(上・下)」、プログラムを解明しようとしたばかりに襲いかかる不幸。
読み応え十分な一冊でした。
「〈ジャイアント白田〉 最強の飲食店づくり」、大阪で串カツ屋を営む元大食い選手の著者。
自身の店づくりのノウハウを語っておられます。
「日常の極楽」、本当の贅沢とは何か。
決して都会の便利な生活ではないですよね。
「新選組 幕末の青嵐」、新選組のいろんな人物にスポットを当てた構成。
土方の魅力が良かった。
「天才 勝新太郎」、勝新太郎といえばハマリ役の座頭市。
このような役者さんは今後出てこないかも。
「教科書に載っていないUSA語録」、アメリカでの様々な人物の発言を集めたコラム集。
笑ってしまいます。
「果つる底なき」、人気作家のデビュー作。
今後の活躍の片鱗がうかがえますね。
「読む餃子」、餃子を愛する著者の餃子山盛りな一冊。
美味しく楽しめました。
「葬儀の日」、短編集。
表題作はややシュールな雰囲気の作品でした。
「常識の世界地図」、国によって常識は違うものだなと。
正反対な場合もありますしね。
「言葉尻とらえ隊」、ニュースや新聞などの気になる言葉尻を取り上げたコラム集。
たしかに「ん?」と思うような言いまわしってありますよね。
「デウスの棄て児」、天草四郎を大胆な脚色で描いた作品です。
この作者らしい雰囲気ですね。
「東京すみっこごはん 雷親父とオムライス」、シリーズ第2弾。
ほのぼのとした中にも毎回趣向があります。

では今月の一冊をば。
小説はどれもよかったですね。
はずれがありませんでした。
その中でも上下巻の長さを感じさせず没頭して読めた「モダンタイムス(上・下)」でしょうか。
今月はこれを選びます。

CIMG3392.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

12月の一冊

今月の読書は14冊です。

・「握りの真髄 江戸前寿司の三職人が語る」文藝春秋 編
・「性的黙示録」立松和平
・「フランス流 美味の探求」鳥取絹子
・「人生でムダなことばかり、みんなテレビに教わった」戸部田誠(てれびのスキマ)
・「料理ノ御稽古」嵐山光三郎
・「赤朽葉家の伝説」桜庭一樹
・「ああ、堂々の自衛隊」宮嶋茂樹
・「パルプ」チャールズ・ブコウスキー 柴田元幸 訳
・「Cボーイ・すくらんぶる」唯川恵
・「私の食べ歩き」獅子文六
・「窓際OL 会社はいつもてんやわんや」斎藤由香
・「てんのじ村」難波利三
・「アジアへごはんを食べに行こう」向山昌子
・「海の見える街」畑野智美

「握りの真髄 江戸前寿司の三職人が語る」、1994年の本ですが、「おけい寿司」の村瀬泰行氏は引退されたようで。
後には江戸前寿司屋の貴重な資料となる本でしょう。
「性的黙示録」、地味な話ではあると思うのですが、まったく退屈することなく読めましたね。
やはり立松和平だなと思いながら読みました。
「フランス流 美味の探求」、なんでもかんでも外国がいいと思うのは日本人の悪いところ。
しかし食に関してはフランスを見習うべきところは多々あります。
「人生でムダなことばかり、みんなテレビに教わった」、芸能人たちのさりげない(?)発言を取り上げてコメントしたコラム。
ひまつぶしにはいい本かと。
「料理ノ御稽古」、あの嵐山氏ですからけっこう無茶な料理かなと思ったのですが。
意外とまともでした。(笑)
「赤朽葉家の伝説」、女性三代を描いた長編小説。
読み応えありましたねぇ、とてもよかったです。
「ああ、堂々の自衛隊」、不肖・宮嶋のこれがデビュー作のようで。
自衛隊側に立った堂々の主張、実にあっぱれです。
「パルプ」、伝説の(?)カルト小説。
しかしこれブコウスキーじゃなくてどこかの新人が書いたとしたらどのように評価されたのかな。
「Cボーイ・すくらんぶる」、古き良き時代のコバルト小説です。
時代は感じさせますが、でもあのころのティーンズ小説はよかったなぁ。
「私の食べ歩き」、作家の食エッセイです。
いろんな作家が食エッセイを書いておられますけども、私はこの作品にはとても心地よさを感じました。
「窓際OL 会社はいつもてんやわんや」、一流企業OLのほんまかいなと思うような爆笑エッセイ。
次作も楽しみに読みますよ。
「てんのじ村」、大阪は西成を舞台とした売れない芸人たちの物語。
直木賞受賞作ですが、まあそれなりにという印象でしたね。
「アジアへごはんを食べに行こう」、ごはんが好きでアジアが好きな著者の食べ歩き。
うん、いいなぁと思いますね。
「海の見える街」、ふっとどこかの街の日常を捉えたかのような物語。
でもどこの誰にもそれなりのドラマはあるんですよね。

では12月の一冊を。
今月読んだ中から一冊を選ぶわけですが。
これ、なかなか難しいんですよね。
文学賞のように今回は該当作なしというのもありで、そうすればとてもラクですがそういう逃げを打つわけにもいかず。
といっても勝手にこんなことをやって何を言ってるんだと怒られそうですが。
そうそう「これは!」という本に出合うわけでもないんですよね。
でも今月手応えあったのが「赤朽葉家の伝説」。
こういう作品に出合うと「決まりだな」と思えます。
というわけで今月の一冊は「赤朽葉家の伝説」です。

CIMG3380.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする