2019年12月31日

12月の一冊

今月の読書は15冊でした。

・「京都の中華」姜尚美
・「最悪」奥田英朗
・「名人 志ん生、そして志ん朝」小林信彦
・「ごくらくちんみ」杉浦日向子
・「潜入ルポ ヤクザの修羅場」鈴木智彦
・「素晴らしい一日」平安寿子
・「銀座八邦亭」森田誠吾
・「香港の食の物語」辻村哲郎
・「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」渡辺一史
・「ニッポンぶらり旅 宇和島の鯛めしは生卵入りだった」太田和彦
・「チャタレイ夫人の恋人」ロレンス
・「手塚番 神様の伴走者」佐藤敏章
・「はじめての恋ではないけれど」伊東悠香
・「わが百味真髄」檀一雄
・「世界ニホン誤博覧会」柳沢有紀夫

「京都の中華」、京都の中華が独特だというのはこの本で初めて知りました。
もちろん京都の中華屋すべてというわけではないでしょうけど。
「最悪」、つながりのなかった3人の人生がとんでもない形で交錯する。
なかなかの読み応えでした。
「名人 志ん生、そして志ん朝」、親子そろって名人という稀有な例ですね。
私は世代的に志ん朝ですが。
「ごくらくちんみ」、小説というよりは珍味を紹介した小話ですね。
内容はどうってことない。
「潜入ルポ ヤクザの修羅場」、ヤクザの実態が非常に近い距離から書かれています。
一般人にとっては近づけませんし近づきたくもないので、この世界を知るにはありがたいルポです。
「素晴らしい一日」、頭を下げてあちこちお金を借りて回る1日を描いています。
でも卑屈さがないところがこの作者の持ち味か。
「銀座八邦亭」、古き良き時代の銀座の物語。
味わいがありました。
「香港の食の物語」、食のガイドブックであり、香港の文化も紹介した一冊。
香港には縁がありませんが、思いのほか楽しめました。
「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」、障害者とそれを介護するボランティアの日々。
これを読むと障害者や介護への認識が変わります。
「ニッポンぶらり旅 宇和島の鯛めしは生卵入りだった」、ぶらりと旅に出て、その先で知らない居酒屋に入って時を過ごす。
酒飲みが憧れるシチュエーションです。
「チャタレイ夫人の恋人」、ひたすら退屈で長い小説でした。
理解できない私が悪いのでしょうが。
「手塚番 神様の伴走者」、マンガの神様手塚治虫という人物を、担当した編集者にインタビューすることにより浮かび上がらせています。
自伝ではなく資料により固めたドキュメントでもなく、生の声で手塚治虫が語られています。
「はじめての恋ではないけれど」、失恋がきっかけで見つけた本当の恋。
まあこういうこともあるでしょう。
「わが百味真髄」、買い出し命、料理命だった檀一雄。(笑)
その執念にはむしろ微笑ましさが漂います。
「世界ニホン誤博覧会」、外国にある変な日本語を集めた一冊。
軽く読めて笑えてひまつぶしには最適かと。

ということで今月の一冊ですが、読み終わって「これで決まりだな」というのはなかったですね。
読んでいる途中で「今月はこれがダントツだな」と思う作品に出会う場合もあるのですが。
でも今月はノンフィクションにいいのが多かったです。
「京都の中華」、「名人 志ん生、そして志ん朝」、「潜入ルポ ヤクザの修羅場」、「香港の食の物語」、「手塚番 神様の伴走者」、「わが百味真髄」。
その中でも「手塚番 神様の伴走者」ですかね。
手塚治虫という偉大な人物を編集者という立場で間近に見てきた人達の証言。
生き証人なんていうと大げさかもしれませんが、もう何年もすれば直接手塚治虫を知る人たちがいなくなってしまいます。
貴重なインタビュー集だと思います。
今月はこれで。

CIMG3566.JPG


posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

11月の一冊

今月は13冊の読書となりました。

・「清貧の食卓 文人グルメが明かす美味の原点」山本容朗 編
・「鶏」山上龍彦
・「迷惑メール、返事をしたらこうなった。 詐欺&悪徳商法「実体験」ルポ」多田文明
・「恋歌」朝井まかて
・「ようこそポルトガル食堂へ」馬田草織
・「すきやばし次郎 鮨を語る」宇佐美伸
・「不肖・宮嶋 死んでもカメラを離しません」宮嶋茂樹
・「テロリストのパラソル」藤原伊織
・「東京・地震・たんぽぽ」豊島ミホ
・「酒に謎あり」小泉武夫
・「33年後のなんとなく、クリスタル」田中康夫
・「性人伝」いその・えいたろう
・「面影」芝木好子

「清貧の食卓 文人グルメが明かす美味の原点」、いろんな文人の食エッセイが楽しめます。
今と違って食そのものに愛着とこだわりがあるんですよね。
「鶏」、ご自身の中で、主張したいこと書きたいことが上手く乳化されていなかったのかな。
そんな印象を受けました。
「迷惑メール、返事をしたらこうなった。 詐欺&悪徳商法「実体験」ルポ」、思いのほか中途半端で物足りない内容でした。
もっとツッコんでほしかった。
「恋歌」、明治時代に活躍した歌人の中島歌子の半生を描いています。
女の悲しさ、強さ、虚しさ、そういったものがひしひしと感じられました。
「ようこそポルトガル食堂へ」、ポルトガルの料理とワインに魅せられた著者。
ポルトガルのそれらを紹介したエッセイなんてあまりない(?)ので、貴重な一冊かと。
「すきやばし次郎 鮨を語る」、日本の鮨屋の最高峰的な「すきやぎし次郎」の店主、小野二郎。
その小野二郎についてじっくりと書かれています。
「不肖・宮嶋 死んでもカメラを離しません」、ご自身をイロモノ的自虐的に書いておられる不肖・宮嶋氏ですが、いやいやいや、日本でも指折りの報道カメラマンでしょう。
よく知りませんが。(笑)
「テロリストのパラソル」、途中まではよかったんですけどねぇ。
最後の辻褄合わせに白けてしまいました。
「東京・地震・たんぽぽ」、地震や台風など各地で被害が相次いでいる我が国日本。
そんな被害者の極限状態を作者はこのように描いてみせました。
「酒に謎あり」、人種を超えて愛されている酒という飲み物。
その歴史や各国の酒文化を緻密に検証しておられます。
「33年後のなんとなく、クリスタル」、昔ベストセラーになった作品の続編。
前作をベースにきっちりと現在を描いておられるあたりはさすがの田中康夫でしょう。
「性人伝」、“性”というやや後ろめたいジャンルに人生を捧げてきた人たちを紹介。
しかしその堂々の極めっぷりよ。
「面影」、人形師の世界を描いた小説。
男女の愛、芸術にかける情熱が静かに激しい。

さて、今月の一冊ですが、「恋歌」、「東京・地震・たんぽぽ」もよかったのですが、やはり芝木好子の「面影」ですね。
こういう世界に私は魅了されます。
今月の一冊はこれで。

CIMG3554.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

10月の一冊

今月は14冊の読書でした。

・「ヘンだと思ってたけどやっぱりヘンだったあのヒトたち ワイドショーお騒がせオンナ列伝」山田美保子
・「侠飯3 怒涛の賄い篇」福澤徹三
・「好きなものを食べて長生きできる 長寿の新栄養学」フレディ松川
・「いつまでも白い羽根」藤岡陽子
・「銀翼のイカロス」池井戸潤
・「フランス料理は進化する」宇田川悟
・「ホセ・ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領」アンドレス・ダンサ/エルネスト・トゥルボブィッツ 
・「わすれなぐさ」吉屋信子
・「ゆで卵の丸かじり」東海林さだお
・「嘘つきLovers」知念みづき
・「ちばてつやが語る「ちばてつや」」ちばてつや
・「きれぎれ」町田康
・「ビートルズを呼んだ男 伝説の呼び屋・永島達司の生涯」野地秩嘉
・「スイッチ」さとうさくら

「ヘンだと思ってたけどやっぱりヘンだったあのヒトたち ワイドショーお騒がせオンナ列伝」、まあミーハーな本です。(笑)
読んでためにはなりませんが、ひまつぶしにはなります。
「侠飯3 怒涛の賄い篇」、シリーズ第3弾の今回はヤクザ事務所の賄い飯でした。
見た目いかつい柳刃の真摯さがいいですね。
「好きなものを食べて長生きできる 長寿の新栄養学」、健康オタクというのがやたら多いですよね。
好きなものを食べずに我慢してまで長生きしたいのか、と考えさせられます。
「いつまでも白い羽根」、看護師ではなく看護学生たちを描いています。
看護学校とか看護実習のリアリティはさすがに現役の看護師でもある作者ならではしょうか。
「銀翼のイカロス」、半沢直樹シリーズ第4弾。
あいかわらず一級のエンターテイメントですね。
「フランス料理は進化する」、ルイ14世の時代から現代までフランス料理はどのように進化してきたのか。
いろんなシェフや食材、地方料理などにも触れ、フランス料理の魅力を伝えています。
「ホセ・ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領」、元ゲリラという異色の経歴を持つ元ウルグアイ大統領のルポタージュ。
金持ちになることが幸せではない、と。
「わすれなぐさ」、昭和ロマンな少女小説。
まあ雰囲気はありますね。
「ゆで卵の丸かじり」、ゆで卵は丸ごと口に入れて食べるのがおいしいと看破。
恐れ入りました。(笑)
「嘘つきLovers」、親友に頼まれ見ず知らずの男を誘惑する主人公。
説得力なさすぎ。
「ちばてつやが語る「ちばてつや」」、ベテラン漫画家が語る半生と作品。
とても興味深く読みました。
「きれぎれ」、かなりシュールで難解ではありますが、これはもう深く考えず身をゆだねて読むべし。
そしたらまあバカバカしくて大いに笑えます。
「ビートルズを呼んだ男 伝説の呼び屋・永島達司の生涯」、ビートルズを呼んだ男とのことですが、もちろん他の大物も多数招聘しています。
あまり表に出ることはありませんでしたが、大きな人物ですねぇ。
「スイッチ」、友達も彼氏もおらず26歳で処女。
でもしっかりと自分の世界を持っていればそれでいいんじゃないかと思いましたけどね。

では今月の一冊をば。
絞りまして「いつまでも白い羽根」と「銀翼のイカロス」ですね。
「銀翼のイカロス」はさすがの半沢直樹シリーズで面白く一気に読んだのですが、「いつまでも白い羽根」のじんわりと染み入る魅力も捨てがたく。
派手さはありませんが、このような小説がもっと読まれることを願い、「いつまでも白い羽根」を今月の一冊に選びます。

CIMG3529.JPG

posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月30日

9月の一冊

今月の読書は14冊。

・「南の肌」円地文子
・「進化する日本の食 農・漁業から食卓まで」共同通信社 編
・「舞面真面とお面の女」野崎まど
・「味覚旬月」辰巳芳子
・「給食のおにいさん 卒業」遠藤彩見
・「ラブホテル進化論」金益見
・「縦横無尽の文章レッスン」村田喜代子
・「犬と鴉」田中慎弥
・「雨の塔」宮木あや子
・「ヨーロッパ横丁たべあるき」田辺聖子
・「梅咲きぬ」山本一力
・「テレビ料理人列伝」河村明子
・「あおい」西加奈子
・「笑福亭鶴瓶論」戸部田誠(てれびのスキマ)

「南の肌」、当時の現実を小説にしておられます。
作者の主張が厳しい。
「進化する日本の食 農・漁業から食卓まで」、本当に日本の食は進化しているのでしょうか。
疑問に思いますが、この本を読みますとまだまだ頑張ってくださっている生産者がいらっしゃいます。
「舞面真面とお面の女」、いつもながらなんで登場人物はこんな名前なんだと。(笑)
お面の彷徨先の理由がいまいちよくわからなかったのですが。
「味覚旬月」、昔から伝えられてきた家庭料理。
いま、それを伝えられる人がどれだけいます?
「給食のおにいさん 卒業」、いよいよおにいさんも給食から卒業することになりまして。
さて、次巻からどのような展開になるのでしょうか。
「ラブホテル進化論」、ラブホテルという見て見ぬふりしがちな存在を真正面から取り上げておられます。
お見事です。
「縦横無尽の文章レッスン」、小学生の作文なども例に挙げ、いい文章とはどういうものかと解説しておられます。
なるほどと思う箇所多数。
「犬と鴉」、ちょっとシュールで難しかったですけど。
表題作よりも他の収録作に私は魅力を感じました。
「雨の塔」、閉ざされたシチュエーションで少女4人の物語。
なんとも耽美で静謐な雰囲気がよかったです。
「ヨーロッパ横丁たべあるき」、ヨーロッパといえば美食というイメージがありますが。
お聖さん、カモカのおっちゃんとともに横町の食堂を紹介してくださいました。
「梅咲きぬ」、山本一力作品ではお馴染みの『江戸屋』女将の秀弥。
三代目、四代目の生きざまがたまらなくいい。
「テレビ料理人列伝」、いまや溢れるほどいる料理研究家。
でも昔はもっとシビアにこの仕事に取り組んでいらっしゃったんです。
「あおい」、主人公は27歳の女性ですが、読んで思ったのが非常に肩の力が抜けてるなと。
変に『27歳の女性』を作ってないんですよね。
「笑福亭鶴瓶論」、笑福亭鶴瓶の半生を読みつつ、いろんな人のエピソードも知れたのは収穫でした。
笑福亭鶴瓶という芸人を論じた本として、いいのかどうかはなんともいえませんが。

今月読んだ中でいちばんよかったと思えた作品を選ぶ今月の一冊。
今回は2作に絞られ、「雨の塔」と「梅咲きぬ」です。
「雨の塔」の雰囲気というのは私にはすごくよかったですね。
こういうの好きです。
でも「梅咲きぬ」の読み応えが圧巻でした。
山本一力の作品にはいつも感服させられます。
ということで、今月の一冊は「梅咲きぬ」山本一力です。

CIMG3522.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月31日

8月の一冊

今月の読書は以下の15冊でした。

・「おとめの流儀。」小嶋陽太郎
・「夫のちんぽが入らない」こだま
・「日本の朝ごはん 食材紀行」向笠千恵子
・「ピカソ 巨匠の作品と生涯」岡村多佳夫
・「少女地獄」夢野久作
・「どこへ行っても美味珍味」渡辺文雄
・「芸人学生、知事になる」東国原英夫
・「観光」ラッタウット・ラープチャルーンサップ
・「牛への道」宮沢章夫
・「晴追町には、ひまりさんがいる。 はじまりの春は犬を連れた人妻と」野村美月
・「この本、おもしろいよ!」岩波書店編集部 編
・「ひらいて」綿矢りさ
・「バルセロナの厨房から」高森敏明
・「東京都大学の人びと」谷俊彦
・「よしもと血風録 吉本興業社長・大崎洋物語」常松裕明

「おとめの流儀。」、なぎなたというマイナーな武道をモチーフにしたのがいいですね。
爽やかな感動がありました。
「夫のちんぽが入らない」、インパクトのあるタイトルだけの作品か。
そんなことはなく、きっちりと小説になっています。
「日本の朝ごはん 食材紀行」、乱れている日本の食生活。
それがてき面に表れる朝ごはんにこそ注意を払いたい。
「ピカソ 巨匠の作品と生涯」、誰もが知る有名画家ピカソ。
彼を知るわかりやすいテキストです。
「少女地獄」、私個人としましてはイマイチでしたね。
夢野久作ファンならどうぞといったところ。
「どこへ行っても美味珍味」、渡辺文雄といえば「くいしん坊!万才」。
ですが食べ物だけではなく、人との出会いをすごく大切にしておられるのが伝わってきます。
「芸人学生、知事になる」、お笑い芸人から県知事になった著者。
真摯な考えや行動に心を打たれました。
「観光」、作者はタイ人で舞台もすべてタイ。
こんな作家がいたんだと視界が広がり勉強になりました。
「牛への道」、このセンスは貴重ですね。
他の著作も読んでいきたい。
「晴追町には、ひまりさんがいる。 はじまりの春は犬を連れた人妻と」、ひまりさんというほんわかしたキャラクターが実にいい。
それに憧れる主人公、当然でしょう。
「この本、おもしろいよ!」、中高生に向けた本の紹介。
もちろん大人にとってもガイドとなります。
「ひらいて」、ちょっといびつな青春小説でしょうか。
ひりひりした痛みが伝わります。
「バルセロナの厨房から」、著者はスペイン料理レストランオーナーシェフ。
スペイン料理の魅力を存分に伝えておられます。
「東京都大学の人びと」、大学を舞台にしたカンニングの攻防。
時代だな、と思います。
「よしもと血風録 吉本興業社長・大崎洋物語」、吉本興行現会長の半生です。
吉本の内幕を垣間見ることができます。

さてさて、今月の一冊は迷うところです。
そんな中から選ぶのは・・・・「夫のちんぽが入らない」でいきましょうか。
このような現実を取り上げ、意外とちゃんと小説になっていたということ。
タイトルの勝利もあると思いますけども。
ただこの作者、今後なにを書くのかとは思いますけどね。
ま、それは私の心配するところでなし、今月の一冊はこれでいきましょう。

CIMG3497.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする