2021年01月31日

1月の一冊

今月の読書はわずか7冊(上下巻含む)。
ガ~ン!
なんでこのようなことに。
今まで毎月10冊以上はずっと読み続けていたのですが。
先月から読むのに時間のかかる本を立て続けに読んでいたというのもあるんですけどね。
でもやはり最低月10冊は読みませんと。
そんな少ない中から今月の一冊を。

・「夫婦で読むセックスの本」堀口貞夫・堀口雅子
・「陽はまた昇る 映像メディアの世紀」佐藤正明
・「ちょっと幸せ 私だけ?の“小さなハッピー”探し ~たべもの編~」仙道洋平
・「鳩の撃退法(上・下)」佐藤正午
・「ミーツ・ガール」朝香式
・「窓際OL 親と上司は選べない」斎藤由香

「夫婦で読むセックスの本」、夫婦のセックスレスについての本ですが、これは未婚者にも当てはまることなのでは。
セックスに興味のない若者が増えているという説もありますが、もしかして自然の流れじゃないですかね?
「陽はまた昇る 映像メディアの世紀」、VHS vs ベータの開発とシェア争いのドキュメンタリー。
今の10代20代の人にとっては、なにそれ的な話でしょうけど。
「ちょっと幸せ 私だけ?の“小さなハッピー”探し ~たべもの編~」、タイトル通り「ちょっと幸せ」感のあるアイテムを紹介。
そうそう、あるある、と楽しめながら読める一冊です。
「鳩の撃退法(上・下)」、佐藤正午の魅力がたっぷりと詰まっていますね。
ただ私はラストの収束感に不満が残りました。
「ミーツ・ガール」、表題作(ではないのですが)の第1話から連作を拡げようとしたものの、無理があったなというのが私の印象です。
第一話の呪縛に囚われ過ぎましたね。
「窓際OL 親と上司は選べない」、窓際OLのお気楽なお仕事エッセイという体ですが、さすがに100%真に受けられませんよ。
でもどうやら本当のようで?

さて、今回は少ない中からの選定です。
「陽はまた昇る 映像メディアの世紀」、これでいきましょうか。
とてもスリリングであり、すべてのことを度外視してVHSの普及に懸けた男の生きざま。
これはすごい。
ということで今月の一冊は「陽はまた昇る 映像メディアの世紀」です。

CIMG3749.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月31日

12月の一冊

今月の読書は12冊。
やはりいつもより少ないめですね。

・「東電OL症候群」佐野眞一
・「アンパンの丸かじり」東海林さだお
・「涼宮ハルヒの憤慨」谷川流
・「東スポ黄金伝説。」赤神信
・「パスタぎらい」ヤマザキマリ
・「あのころ、私たちはおとなだった」アン・タイラー
・「仕事道楽 スタジオジブリの現場」鈴木敏夫
・「酒を愛する男の酒」矢口純
・「ラグジュアリーな恋人」日向唯稀
・「祐介・字慰」尾崎世界観
・「からまる」千早茜
・「料理は女の義務ですか」阿古真理

「東電OL症候群」、もう20年以上前の事件のドキュメンタリーですが。
結局真犯人はわからないまま、被害者の心の闇もわからないまま。
「アンパンの丸かじり」、ご存じ抱腹絶倒の食エッセイ。
もうね、金字塔ですよこれは。
「涼宮ハルヒの憤慨」、シリーズ第8弾、ぼちぼちと読んでます。
でもこのペースでいくとシリーズを読み終えるのにあと何年かかるのか。(笑)
「東スポ黄金伝説。」、“あの”東京スポーツ新聞の歴史と裏話。
いや、さすがにやることがすごいわ。
「パスタぎらい」、イタリア在住歴40年近い著者による食エッセイ。
イタリアの日常的な食文化が面白く語られています。
「あのころ、私たちはおとなだった」、中年になり、ふと自分の人生はこれでよかったのかと振り返り、ちょっと焦ってもがいてみる。
これは40代以上の人たちに染み入る小説でしょうね。
「仕事道楽 スタジオジブリの現場」、宮崎駿、高畑勲に惹かれて出版社の編集者からアニメの世界へ。
著者が間近で見てきたお二人のいろんなエピソードを知ることができる一冊。
「酒を愛する男の酒」、著者は元編集者で、いろんな作家との酒の付き合いがありました。
こういう昔の作家の酒のエピソードを読めるのは嬉しい。
「ラグジュアリーな恋人」、若い女性向きのちょっとエッチなエタニティ文庫ルージュ。
ですがこの作品はけっこうお仕事小説としても読めるしっかり感がありました。
「祐介・字慰」、作者は第164回芥川賞の候補になりましたね。
なので作家として実力のある人なんでしょうが、私はこの作品はどうも理解できませんでした。
「からまる」、それぞれの登場人物がバトンリレー的に繋がっている連作短編集。
無難に仕上がってるとは思いますが、これといって突出しているわけでもなく。
「料理は女の義務ですか」、テーマはいいのですが全然違うことを書いてしまって迷子になってます。(笑)
最後にようやく連れ戻されてきたという感じですね。

ではでは今月の一冊を選びましょう。
正直、読んでいて今月はこれだなと思ったのはなかったです。
どれもそこそこという感じ。
そんな中でちょっと感心したのが「ラグジュアリーな恋人」。
小説のレベル云々は別として私自身楽しんで読めたのと、あくまでエタニティ文庫としての括りの中では恋愛やエッチだけではなく、お仕事小説としても読めたこと。
なのでこれがいちばん印象に残りましたかね。
ということで今月の一冊は「ラグジュアリーな恋人」で。

CIMG3743.JPG

posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月29日

11月の一冊

今月の読書は10冊。
かなり少ないひと月となりました。
なんでかなぁ。
分厚い本があったせいですかね。

・「活字たんけん隊 めざせ、面白本の大海」椎名誠
・「黄色い皇帝」芝木好子
・「お家賃ですけど」能町みね子
・「時計台の文字盤」源氏鶏太
・「カモイクッキング くらしと料理を10倍楽しむ」鴨居羊子
・「誰もいない夜に咲く」桜木紫乃
・「日本の食材 おいしい旅」向笠千恵子
・「だいこん」山本一力
・「K氏の大阪弁ブンガク論」江弘毅
・「あの日のあなた」遠田潤子

「活字たんけん隊 めざせ、面白本の大海」、いろんな本の紹介です。
私とはまったく嗜好が違うので、それがかえって新しい世界に目を向けさせてくれます。
「黄色い皇帝」、蝶の収集という私にとっても未知なジャンルですし、小説としてもなかなかないんじゃないですかね。
その世界に賭ける一途さの描写はやはり芝木好子です。
「お家賃ですけど」、このようなアパートや生活がいまだあるんだと。
著者にとってはいい経験であり思い出でしょうね。
「時計台の文字盤」、結婚相手が処女ではなかったということで巻き起こる騒動。
今では考えれませんね。
「カモイクッキング くらしと料理を10倍楽しむ」、タイトルと内容がいまいち一致していない気もしますが。
でも食についてはたしかに小難しい理屈ではなく好きに楽しみたいですよね。
「誰もいない夜に咲く」、どの短編も地味で暗い話ではあります。
が、誰にでも人生はあるんだという当たり前のことを認識させられます。
「日本の食材 おいしい旅」、食の安全はどこにあるのか。
著者のような人がいろんな生産者を紹介してくださるのはありがたい。
「だいこん」、一膳飯屋を商う娘の物語。
歯切れのいい文章で人情を描くのはさすがの山本一力。
「K氏の大阪弁ブンガク論」、キャラ的にイタイ部分もある著者ですが、しかし大阪に対しての愛情はひしひしと感じられます。
ただもうちょっとテンション下げてほしいなと。
「あの日のあなた」、父と息子の物語であり、父もひとりの男なんだなと。
息子がちょっといい子過ぎかな。

では今月の一冊ですが、やはり芝木好子、山本一力は常連で候補に挙がってきますね。
ほんとに味わえる作家さんです。
ですが今回、どちらもやや難ありな読後感でした。
そんな中、桜木紫乃「誰もいない夜に咲く」が地味ではありますが、じんわりときましたね。
今月はこれを選びましょう。

CIMG3729.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

10月の一冊

今月は14冊の読書でした。

・「愛を振り込む」蛭田亜紗子
・「沖縄うまいもん図鑑」仲村清司
・「築地で食べる 場内・場外・“裏”築地」小関敦之
・「死者の奢り・飼育」大江健三郎
・「恋の舞台はお屋敷で」伊東悠香
・「火事場の仕事力」ゆでたまご・嶋田隆司
・「雪国」川端康成
・「左目に映る星」奥田亜希子
・「江戸前で笑いたい 志ん生からビートたけしへ」高田文夫 編
・「たべたいの」壇蜜
・「あるキング」伊坂幸太郎
・「皿の上の人生」野地秩嘉
・「感覚の倫理学」田中康夫
・「イギリスはおいしい」林望

「愛を振り込む」、幸薄い女性たちを描いた短編集。
それでもちょっと心が温まるところがあったりします。
「沖縄うまいもん図鑑」、独特の食文化がある沖縄。
本格的な沖縄料理というのは食べたことがないので、この本を見て食べたくなりました。
「築地で食べる 場内・場外・“裏”築地」、築地通が紹介するグルメ本。
現在は豊洲に移転してしまいましたが。
「死者の奢り・飼育」、閉鎖的な状況の中、生と死という対照的な話が描かれています。
戦争やアメリカといった時代を感じさせるテーマも。
「恋の舞台はお屋敷で」、イケメンモデルとのお屋敷でメイドをすることになった主人公のラブストーリー。
所々強引な設定がありますが、まあ楽しめました。
「火事場の仕事力」、人気漫画原作者の仕事術を公開。
サラリーマンなどにも応用できる内容です。
「雪国」、誰もが知る名作。
ですが話の内容は特にどうといいこともなく。
「左目に映る星」、左目の視力がどうこうという設定は必要なんですかね。
だからこその話でありタイトルなんですが。
「江戸前で笑いたい 志ん生からビートたけしへ」、関西の笑いに押され気味(?)の東京のお笑い。
ですがもちろん東京なりの面白さがあります。
「たべたいの」、タレントのグルメ本ですが、独特のセンスで読ませます。
タイトルがいいですね。
「あるキング」、いままでの伊坂作品とはちょっと違った雰囲気の作品。
天才野球選手の半生を淡々と描いています。
「皿の上の人生」、さまざまな料理人を取り上げた一冊。
人選が著者らしくシブイ。
「感覚の倫理学」、もう35年ほど前の本ですが。
軽いノリでシニカルな内容は田中康夫らしい。
「イギリスはおいしい」、なんだんかだ批判はあるけどもイギリスはおいしいんだと。
イギリスへの愛が籠っています。

え~、では今月の一冊をば。
そうですね、表題作がわりとよかった「愛を振り込む」。
これでいきましょう。

CIMG3707.JPG
posted by たろちゃん at 02:29| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月29日

9月の一冊

今月の読書は11冊。
いつもより少なめでした。

・「うまい! 酒の肴になる! おつまみ缶詰酒場」黒川勇人
・「大阪船場 おかみの才覚 「ごりょんさん」の日記を読む」荒木康代
・「オタクの迷い道」岡田斗司夫
・「男の銘柄」円地文子
・「町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう」町中華探検隊(北尾トロ・下関マグロ・竜超)
・「麻婆豆腐の女房 「赤坂 四川飯店」物語」吉永みち子
・「磁極反転の日」伊与原新
・「製鉄天使」桜庭一樹
・「名画は嘘をつく」木村泰司
・「喧嘩猿」木内一裕
・「ゴーマニズム戦歴」小林よしのり

「うまい! 酒の肴になる! おつまみ缶詰酒場」、かなり豊富な種類が出回っている缶詰。
それらの紹介と、ちょっとひと手間加えたレシピの本。
「大阪船場 おかみの才覚 「ごりょんさん」の日記を読む」、ごりょんさんなんて今は死語ですねぇ。
これを読んだ影響かどうか、懐かしく「あっちこっち丁稚」の動画なんて見てしまいました。(笑)
「オタクの迷い道」、オタキングの書いたまさにオタクな内容の本。
でもいまやオタクも立派なスペシャリストですよ。(?)
「男の銘柄」、男たちを株の銘柄になぞらえて評価する女。
円地作品としてはややエロチックな内容。
「町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう」、いわゆるごく普通の昔ながらの中華屋さんを食べ歩き評価しようと。
いまや大衆食堂と同じく絶滅に向かっています。
「麻婆豆腐の女房 「赤坂 四川飯店」物語」、料理人・陳建民の奥様、洋子夫人にスポットを当てたノンフィクション。
あの名料理人の活躍は洋子夫人のサポートあってこそだったんだなぁと。
「磁極反転の日」、久々にSF小説を読みましたかね。
作者のきっちりとした知識に裏付けされたリアリティのある小説でした。
「製鉄天使」、主人公のキャラがやはりいいですね。
ただそれに合わせた文体にちょっとイタさも感じましたけど。
「名画は嘘をつく」、数々の名画にまつわるエピソードの紹介。
この絵、こういうふうに思われてるけど実はこうなんですよと。
「喧嘩猿」、この作者が時代小説に手を出すとは。
相当下調べして書かれたんだろうなとひしひし思いました。
「ゴーマニズム戦歴」、「ゴーマニズム宣言」の作者によるタイトル通り戦歴ですね。
自著の解説でもあり裏話でもあり思想の主張でもあり。

えー、今月の一冊を選ぶということで。
そうですね、「ゴーマニズム戦歴」で。
作者の思想についてどうこうはともかくとしまして、張ってるなぁという姿勢には共感しましたし。
オウム真理教に暗殺されかけたなんてとんでもない経験も、言論家としては凄味といえましょう。(笑)
いや、命のかかった話に「(笑)」なんて書いちゃいけないんですけども。
それだけあの団体をビビらせ焦らせたんですから。
今月の一冊はこれでいきます。

CIMG3706.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする