2020年02月29日

2月の一冊

今月は14冊の読書となりました。

・「何がどうして」ナンシー関
・「よるのふくらみ」窪美澄
・「ミート・ザ・ビート」羽田圭介
・「変わる家族 変わる食卓 真実に破壊されるマーケティング常識」岩村暢子
・「縁を結うひと」深沢潮
・「春琴抄」谷崎潤一郎
・「コンプレックスの行き先は」里崎雅
・「最終増補版 餃子の王将社長射殺事件」一橋文哉
・「明るい夜」黒川創
・「私の大好物 PART2」週刊文春 編
・「湘南シェアハウス」広谷鏡子
・「ベスト珍書 このヘンな本がすごい!」ハマザキカク
・「夢を食った男たち 「スター誕生」と歌謡曲黄金時代の70年代」阿久悠
・「カオス」梁石日

「何がどうして」、毎度するどい指摘と消しゴム版画。
でも今回はどちらもいまいちな感がありました。
「よるのふくらみ」、兄弟と幼馴染みの女性の三角関係。
ありそうで実際はこんなのほとんどないと思うんですけどね。
「ミート・ザ・ビート」、いまいちタイトルと内容が合致せずな印象。
なにを書きたかったのか。
「変わる家族 変わる食卓 真実に破壊されるマーケティング常識」、これを読むと今どきの若い主婦はと愚痴をこぼしたくなります。
他人の家庭とはいえ。
「縁を結うひと」、どれも在日朝鮮人・韓国人を主人公とした連作短編集。
日常のリアリティーを感じました。
「春琴抄」、ひたすら盲目の女に尽くし、自分の手で自らも盲目となる男の話。
実験的な文体で書かれています。
「コンプレックスの行き先は」、ぽっちゃり体形がコンプレックスな主人公。
そんな主人公を中学時代からひたすら好きでいてくれた男性と再会するという、ぽっちゃり女性にとっては非常にロマンのある(?)お話です。
「最終増補版 餃子の王将社長射殺事件」、事件から7年。
いまだに解決していない事件のドキュメンタリーです。
「明るい夜」、自分とはなんだろう、なにをしたいのだろう、居場所はどこなのだろう。
そんなことをふと思わせる小説でした。
「私の大好物 PART2」、著名人が自分の好きな飲食店の料理を紹介した一冊。
文章だけでなくオールカラーの写真が嬉しい。
「湘南シェアハウス」、老後の人生、第二の人生をよく書かれるこの作者。
私は好きです。
「ベスト珍書 このヘンな本がすごい!」、タイトル通り珍書を紹介した本です。
出版されるすべての新刊をチェックしているという著者がすごい。
「夢を食った男たち 「スター誕生」と歌謡曲黄金時代の70年代」、歌番組も少なくなった昨今。
まさしく70年代は歌謡曲の黄金時代でした。
「カオス」、新宿歌舞伎町を舞台にしたクライムノベル。
ただこの作者、やはり後半がね・・・・。

ではでは今月の一冊を。
印象が強かったのは「縁を結うひと」です。
今月はこれを選びます。

CIMG3593.JPG
posted by たろちゃん at 11:16| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

1月の一冊

今月の読書は以下の14冊でした。
いつもより小説を多く読めました。

・「宇喜多の捨て嫁」木下昌輝
・「早起きのブレックファースト」堀井和子
・「H(アッシュ)」姫野カオルコ
・「評論家入門 清貧でもいいから物書きになりたい人に」小谷野敦
・「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」七月隆文
・「あのひとは蜘蛛を潰せない」彩瀬まる
・「跳べ、ジョー! B・Bの魂が見てるぞ」川上健一
・「かけら」青山七恵
・「増補版 ディズニーランドの経済学」粟田房穂 高成田享
・「太陽がイッパイいっぱい」三羽省吾
・「花だより みをつくし料理帖 特別巻」高田郁
・「ごはんの力 素人庖丁記4」嵐山光三郎
・「熱中ラジオ 丘の上の綺羅星」嘉門タツオ
・「新野新の味ばなし あの人・この人 トーク50人」新野新

「宇喜多の捨て嫁」、ダークな時代小説でしたね。
でもそれがたまらない魅力で。
「早起きのブレックファースト」、ちょっと朝食にこだわった食エッセイ。
なにより朝食は1日の始まりですからね。
「H(アッシュ)」、まあタイトル通りといいますか、ちょっとエッチな短編集。
出来はイマイチでしたが。
「評論家入門 清貧でもいいから物書きになりたい人に」、評論家の著者がその実態を紹介しアドバイス。
それでもなりたいという人は後を絶たないでしょうねぇ。
「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」、軽いラノベかと思っていて敬遠していまして、まあ実際にそうでもあるのですが。(笑)
でも読んでみると引き込まれるものがありました。
「あのひとは蜘蛛を潰せない」、タイトルや内容に“蜘蛛を潰せない”なんて持ってくるのがこの作者のセンス。
これ以降の作品も読んでいきたいと思います。
「跳べ、ジョー! B・Bの魂が見てるぞ」、作者のデビュー作を含む短編集。
時代のせいもあるのか青いですけど、でも他の作品も読んで、青さがこの作者の魅力なんだなぁと思います。
「かけら」、人の付き合いの距離感といいますか、親子であっても身内であっても元カノであっても。
そんな微妙な距離を描いておられます。
「増補版 ディズニーランドの経済学」、開業から人気し続けているディズニーランド。
そんなディズニーランドの裏話的な内容です。
「太陽がイッパイいっぱい」、大阪を舞台にして解体作業という職業を取り上げておられます。
実にリアルで躍動感が素晴らしかった。
「花だより みをつくし料理帖 特別巻」、待ってましたの続編。
内容の面白さに関しては期待通りです。
「ごはんの力 素人庖丁記4」、シリーズ第4弾。
さすがにこれでもう打ち止めのようで。
「熱中ラジオ 丘の上の綺羅星」、嘉門タツオ(達夫)の自伝的小説です。
懐かしく感動しました。
「新野新の味ばなし あの人・この人 トーク50人」、いろんな著名人へのインタビュー集。
食についてのインタビューがコンセプトだったはずなのですが(?)、まったく主旨が逸れてます。

ではこの中から今月の一冊を。
今月は充実していましたねぇ。
「宇喜多の捨て嫁」、「花だより みをつくし料理帖 特別巻」、「熱中ラジオ 丘の上の綺羅星」がかなり有力だったのですが、今回は「太陽がイッパイいっぱい」を選ばせていただきます。
読みながら今月はこれだなと思えた作品です。
今月はこれで。

CIMG3581.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

12月の一冊

今月の読書は15冊でした。

・「京都の中華」姜尚美
・「最悪」奥田英朗
・「名人 志ん生、そして志ん朝」小林信彦
・「ごくらくちんみ」杉浦日向子
・「潜入ルポ ヤクザの修羅場」鈴木智彦
・「素晴らしい一日」平安寿子
・「銀座八邦亭」森田誠吾
・「香港の食の物語」辻村哲郎
・「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」渡辺一史
・「ニッポンぶらり旅 宇和島の鯛めしは生卵入りだった」太田和彦
・「チャタレイ夫人の恋人」ロレンス
・「手塚番 神様の伴走者」佐藤敏章
・「はじめての恋ではないけれど」伊東悠香
・「わが百味真髄」檀一雄
・「世界ニホン誤博覧会」柳沢有紀夫

「京都の中華」、京都の中華が独特だというのはこの本で初めて知りました。
もちろん京都の中華屋すべてというわけではないでしょうけど。
「最悪」、つながりのなかった3人の人生がとんでもない形で交錯する。
なかなかの読み応えでした。
「名人 志ん生、そして志ん朝」、親子そろって名人という稀有な例ですね。
私は世代的に志ん朝ですが。
「ごくらくちんみ」、小説というよりは珍味を紹介した小話ですね。
内容はどうってことない。
「潜入ルポ ヤクザの修羅場」、ヤクザの実態が非常に近い距離から書かれています。
一般人にとっては近づけませんし近づきたくもないので、この世界を知るにはありがたいルポです。
「素晴らしい一日」、頭を下げてあちこちお金を借りて回る1日を描いています。
でも卑屈さがないところがこの作者の持ち味か。
「銀座八邦亭」、古き良き時代の銀座の物語。
味わいがありました。
「香港の食の物語」、食のガイドブックであり、香港の文化も紹介した一冊。
香港には縁がありませんが、思いのほか楽しめました。
「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」、障害者とそれを介護するボランティアの日々。
これを読むと障害者や介護への認識が変わります。
「ニッポンぶらり旅 宇和島の鯛めしは生卵入りだった」、ぶらりと旅に出て、その先で知らない居酒屋に入って時を過ごす。
酒飲みが憧れるシチュエーションです。
「チャタレイ夫人の恋人」、ひたすら退屈で長い小説でした。
理解できない私が悪いのでしょうが。
「手塚番 神様の伴走者」、マンガの神様手塚治虫という人物を、担当した編集者にインタビューすることにより浮かび上がらせています。
自伝ではなく資料により固めたドキュメントでもなく、生の声で手塚治虫が語られています。
「はじめての恋ではないけれど」、失恋がきっかけで見つけた本当の恋。
まあこういうこともあるでしょう。
「わが百味真髄」、買い出し命、料理命だった檀一雄。(笑)
その執念にはむしろ微笑ましさが漂います。
「世界ニホン誤博覧会」、外国にある変な日本語を集めた一冊。
軽く読めて笑えてひまつぶしには最適かと。

ということで今月の一冊ですが、読み終わって「これで決まりだな」というのはなかったですね。
読んでいる途中で「今月はこれがダントツだな」と思う作品に出会う場合もあるのですが。
でも今月はノンフィクションにいいのが多かったです。
「京都の中華」、「名人 志ん生、そして志ん朝」、「潜入ルポ ヤクザの修羅場」、「香港の食の物語」、「手塚番 神様の伴走者」、「わが百味真髄」。
その中でも「手塚番 神様の伴走者」ですかね。
手塚治虫という偉大な人物を編集者という立場で間近に見てきた人達の証言。
生き証人なんていうと大げさかもしれませんが、もう何年もすれば直接手塚治虫を知る人たちがいなくなってしまいます。
貴重なインタビュー集だと思います。
今月はこれで。

CIMG3566.JPG


posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

11月の一冊

今月は13冊の読書となりました。

・「清貧の食卓 文人グルメが明かす美味の原点」山本容朗 編
・「鶏」山上龍彦
・「迷惑メール、返事をしたらこうなった。 詐欺&悪徳商法「実体験」ルポ」多田文明
・「恋歌」朝井まかて
・「ようこそポルトガル食堂へ」馬田草織
・「すきやばし次郎 鮨を語る」宇佐美伸
・「不肖・宮嶋 死んでもカメラを離しません」宮嶋茂樹
・「テロリストのパラソル」藤原伊織
・「東京・地震・たんぽぽ」豊島ミホ
・「酒に謎あり」小泉武夫
・「33年後のなんとなく、クリスタル」田中康夫
・「性人伝」いその・えいたろう
・「面影」芝木好子

「清貧の食卓 文人グルメが明かす美味の原点」、いろんな文人の食エッセイが楽しめます。
今と違って食そのものに愛着とこだわりがあるんですよね。
「鶏」、ご自身の中で、主張したいこと書きたいことが上手く乳化されていなかったのかな。
そんな印象を受けました。
「迷惑メール、返事をしたらこうなった。 詐欺&悪徳商法「実体験」ルポ」、思いのほか中途半端で物足りない内容でした。
もっとツッコんでほしかった。
「恋歌」、明治時代に活躍した歌人の中島歌子の半生を描いています。
女の悲しさ、強さ、虚しさ、そういったものがひしひしと感じられました。
「ようこそポルトガル食堂へ」、ポルトガルの料理とワインに魅せられた著者。
ポルトガルのそれらを紹介したエッセイなんてあまりない(?)ので、貴重な一冊かと。
「すきやばし次郎 鮨を語る」、日本の鮨屋の最高峰的な「すきやぎし次郎」の店主、小野二郎。
その小野二郎についてじっくりと書かれています。
「不肖・宮嶋 死んでもカメラを離しません」、ご自身をイロモノ的自虐的に書いておられる不肖・宮嶋氏ですが、いやいやいや、日本でも指折りの報道カメラマンでしょう。
よく知りませんが。(笑)
「テロリストのパラソル」、途中まではよかったんですけどねぇ。
最後の辻褄合わせに白けてしまいました。
「東京・地震・たんぽぽ」、地震や台風など各地で被害が相次いでいる我が国日本。
そんな被害者の極限状態を作者はこのように描いてみせました。
「酒に謎あり」、人種を超えて愛されている酒という飲み物。
その歴史や各国の酒文化を緻密に検証しておられます。
「33年後のなんとなく、クリスタル」、昔ベストセラーになった作品の続編。
前作をベースにきっちりと現在を描いておられるあたりはさすがの田中康夫でしょう。
「性人伝」、“性”というやや後ろめたいジャンルに人生を捧げてきた人たちを紹介。
しかしその堂々の極めっぷりよ。
「面影」、人形師の世界を描いた小説。
男女の愛、芸術にかける情熱が静かに激しい。

さて、今月の一冊ですが、「恋歌」、「東京・地震・たんぽぽ」もよかったのですが、やはり芝木好子の「面影」ですね。
こういう世界に私は魅了されます。
今月の一冊はこれで。

CIMG3554.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

10月の一冊

今月は14冊の読書でした。

・「ヘンだと思ってたけどやっぱりヘンだったあのヒトたち ワイドショーお騒がせオンナ列伝」山田美保子
・「侠飯3 怒涛の賄い篇」福澤徹三
・「好きなものを食べて長生きできる 長寿の新栄養学」フレディ松川
・「いつまでも白い羽根」藤岡陽子
・「銀翼のイカロス」池井戸潤
・「フランス料理は進化する」宇田川悟
・「ホセ・ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領」アンドレス・ダンサ/エルネスト・トゥルボブィッツ 
・「わすれなぐさ」吉屋信子
・「ゆで卵の丸かじり」東海林さだお
・「嘘つきLovers」知念みづき
・「ちばてつやが語る「ちばてつや」」ちばてつや
・「きれぎれ」町田康
・「ビートルズを呼んだ男 伝説の呼び屋・永島達司の生涯」野地秩嘉
・「スイッチ」さとうさくら

「ヘンだと思ってたけどやっぱりヘンだったあのヒトたち ワイドショーお騒がせオンナ列伝」、まあミーハーな本です。(笑)
読んでためにはなりませんが、ひまつぶしにはなります。
「侠飯3 怒涛の賄い篇」、シリーズ第3弾の今回はヤクザ事務所の賄い飯でした。
見た目いかつい柳刃の真摯さがいいですね。
「好きなものを食べて長生きできる 長寿の新栄養学」、健康オタクというのがやたら多いですよね。
好きなものを食べずに我慢してまで長生きしたいのか、と考えさせられます。
「いつまでも白い羽根」、看護師ではなく看護学生たちを描いています。
看護学校とか看護実習のリアリティはさすがに現役の看護師でもある作者ならではしょうか。
「銀翼のイカロス」、半沢直樹シリーズ第4弾。
あいかわらず一級のエンターテイメントですね。
「フランス料理は進化する」、ルイ14世の時代から現代までフランス料理はどのように進化してきたのか。
いろんなシェフや食材、地方料理などにも触れ、フランス料理の魅力を伝えています。
「ホセ・ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領」、元ゲリラという異色の経歴を持つ元ウルグアイ大統領のルポタージュ。
金持ちになることが幸せではない、と。
「わすれなぐさ」、昭和ロマンな少女小説。
まあ雰囲気はありますね。
「ゆで卵の丸かじり」、ゆで卵は丸ごと口に入れて食べるのがおいしいと看破。
恐れ入りました。(笑)
「嘘つきLovers」、親友に頼まれ見ず知らずの男を誘惑する主人公。
説得力なさすぎ。
「ちばてつやが語る「ちばてつや」」、ベテラン漫画家が語る半生と作品。
とても興味深く読みました。
「きれぎれ」、かなりシュールで難解ではありますが、これはもう深く考えず身をゆだねて読むべし。
そしたらまあバカバカしくて大いに笑えます。
「ビートルズを呼んだ男 伝説の呼び屋・永島達司の生涯」、ビートルズを呼んだ男とのことですが、もちろん他の大物も多数招聘しています。
あまり表に出ることはありませんでしたが、大きな人物ですねぇ。
「スイッチ」、友達も彼氏もおらず26歳で処女。
でもしっかりと自分の世界を持っていればそれでいいんじゃないかと思いましたけどね。

では今月の一冊をば。
絞りまして「いつまでも白い羽根」と「銀翼のイカロス」ですね。
「銀翼のイカロス」はさすがの半沢直樹シリーズで面白く一気に読んだのですが、「いつまでも白い羽根」のじんわりと染み入る魅力も捨てがたく。
派手さはありませんが、このような小説がもっと読まれることを願い、「いつまでも白い羽根」を今月の一冊に選びます。

CIMG3529.JPG

posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする