2020年11月29日

11月の一冊

今月の読書は10冊。
かなり少ないひと月となりました。
なんでかなぁ。
分厚い本があったせいですかね。

・「活字たんけん隊 めざせ、面白本の大海」椎名誠
・「黄色い皇帝」芝木好子
・「お家賃ですけど」能町みね子
・「時計台の文字盤」源氏鶏太
・「カモイクッキング くらしと料理を10倍楽しむ」鴨居羊子
・「誰もいない夜に咲く」桜木紫乃
・「日本の食材 おいしい旅」向笠千恵子
・「だいこん」山本一力
・「K氏の大阪弁ブンガク論」江弘毅
・「あの日のあなた」遠田潤子

「活字たんけん隊 めざせ、面白本の大海」、いろんな本の紹介です。
私とはまったく嗜好が違うので、それがかえって新しい世界に目を向けさせてくれます。
「黄色い皇帝」、蝶の収集という私にとっても未知なジャンルですし、小説としてもなかなかないんじゃないですかね。
その世界に賭ける一途さの描写はやはり芝木好子です。
「お家賃ですけど」、このようなアパートや生活がいまだあるんだと。
著者にとってはいい経験であり思い出でしょうね。
「時計台の文字盤」、結婚相手が処女ではなかったということで巻き起こる騒動。
今では考えれませんね。
「カモイクッキング くらしと料理を10倍楽しむ」、タイトルと内容がいまいち一致していない気もしますが。
でも食についてはたしかに小難しい理屈ではなく好きに楽しみたいですよね。
「誰もいない夜に咲く」、どの短編も地味で暗い話ではあります。
が、誰にでも人生はあるんだという当たり前のことを認識させられます。
「日本の食材 おいしい旅」、食の安全はどこにあるのか。
著者のような人がいろんな生産者を紹介してくださるのはありがたい。
「だいこん」、一膳飯屋を商う娘の物語。
歯切れのいい文章で人情を描くのはさすがの山本一力。
「K氏の大阪弁ブンガク論」、キャラ的にイタイ部分もある著者ですが、しかし大阪に対しての愛情はひしひしと感じられます。
ただもうちょっとテンション下げてほしいなと。
「あの日のあなた」、父と息子の物語であり、父もひとりの男なんだなと。
息子がちょっといい子過ぎかな。

では今月の一冊ですが、やはり芝木好子、山本一力は常連で候補に挙がってきますね。
ほんとに味わえる作家さんです。
ですが今回、どちらもやや難ありな読後感でした。
そんな中、桜木紫乃「誰もいない夜に咲く」が地味ではありますが、じんわりときましたね。
今月はこれを選びましょう。

CIMG3729.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

10月の一冊

今月は14冊の読書でした。

・「愛を振り込む」蛭田亜紗子
・「沖縄うまいもん図鑑」仲村清司
・「築地で食べる 場内・場外・“裏”築地」小関敦之
・「死者の奢り・飼育」大江健三郎
・「恋の舞台はお屋敷で」伊東悠香
・「火事場の仕事力」ゆでたまご・嶋田隆司
・「雪国」川端康成
・「左目に映る星」奥田亜希子
・「江戸前で笑いたい 志ん生からビートたけしへ」高田文夫 編
・「たべたいの」壇蜜
・「あるキング」伊坂幸太郎
・「皿の上の人生」野地秩嘉
・「感覚の倫理学」田中康夫
・「イギリスはおいしい」林望

「愛を振り込む」、幸薄い女性たちを描いた短編集。
それでもちょっと心が温まるところがあったりします。
「沖縄うまいもん図鑑」、独特の食文化がある沖縄。
本格的な沖縄料理というのは食べたことがないので、この本を見て食べたくなりました。
「築地で食べる 場内・場外・“裏”築地」、築地通が紹介するグルメ本。
現在は豊洲に移転してしまいましたが。
「死者の奢り・飼育」、閉鎖的な状況の中、生と死という対照的な話が描かれています。
戦争やアメリカといった時代を感じさせるテーマも。
「恋の舞台はお屋敷で」、イケメンモデルとのお屋敷でメイドをすることになった主人公のラブストーリー。
所々強引な設定がありますが、まあ楽しめました。
「火事場の仕事力」、人気漫画原作者の仕事術を公開。
サラリーマンなどにも応用できる内容です。
「雪国」、誰もが知る名作。
ですが話の内容は特にどうといいこともなく。
「左目に映る星」、左目の視力がどうこうという設定は必要なんですかね。
だからこその話でありタイトルなんですが。
「江戸前で笑いたい 志ん生からビートたけしへ」、関西の笑いに押され気味(?)の東京のお笑い。
ですがもちろん東京なりの面白さがあります。
「たべたいの」、タレントのグルメ本ですが、独特のセンスで読ませます。
タイトルがいいですね。
「あるキング」、いままでの伊坂作品とはちょっと違った雰囲気の作品。
天才野球選手の半生を淡々と描いています。
「皿の上の人生」、さまざまな料理人を取り上げた一冊。
人選が著者らしくシブイ。
「感覚の倫理学」、もう35年ほど前の本ですが。
軽いノリでシニカルな内容は田中康夫らしい。
「イギリスはおいしい」、なんだんかだ批判はあるけどもイギリスはおいしいんだと。
イギリスへの愛が籠っています。

え~、では今月の一冊をば。
そうですね、表題作がわりとよかった「愛を振り込む」。
これでいきましょう。

CIMG3707.JPG
posted by たろちゃん at 02:29| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月29日

9月の一冊

今月の読書は11冊。
いつもより少なめでした。

・「うまい! 酒の肴になる! おつまみ缶詰酒場」黒川勇人
・「大阪船場 おかみの才覚 「ごりょんさん」の日記を読む」荒木康代
・「オタクの迷い道」岡田斗司夫
・「男の銘柄」円地文子
・「町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう」町中華探検隊(北尾トロ・下関マグロ・竜超)
・「麻婆豆腐の女房 「赤坂 四川飯店」物語」吉永みち子
・「磁極反転の日」伊与原新
・「製鉄天使」桜庭一樹
・「名画は嘘をつく」木村泰司
・「喧嘩猿」木内一裕
・「ゴーマニズム戦歴」小林よしのり

「うまい! 酒の肴になる! おつまみ缶詰酒場」、かなり豊富な種類が出回っている缶詰。
それらの紹介と、ちょっとひと手間加えたレシピの本。
「大阪船場 おかみの才覚 「ごりょんさん」の日記を読む」、ごりょんさんなんて今は死語ですねぇ。
これを読んだ影響かどうか、懐かしく「あっちこっち丁稚」の動画なんて見てしまいました。(笑)
「オタクの迷い道」、オタキングの書いたまさにオタクな内容の本。
でもいまやオタクも立派なスペシャリストですよ。(?)
「男の銘柄」、男たちを株の銘柄になぞらえて評価する女。
円地作品としてはややエロチックな内容。
「町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう」、いわゆるごく普通の昔ながらの中華屋さんを食べ歩き評価しようと。
いまや大衆食堂と同じく絶滅に向かっています。
「麻婆豆腐の女房 「赤坂 四川飯店」物語」、料理人・陳建民の奥様、洋子夫人にスポットを当てたノンフィクション。
あの名料理人の活躍は洋子夫人のサポートあってこそだったんだなぁと。
「磁極反転の日」、久々にSF小説を読みましたかね。
作者のきっちりとした知識に裏付けされたリアリティのある小説でした。
「製鉄天使」、主人公のキャラがやはりいいですね。
ただそれに合わせた文体にちょっとイタさも感じましたけど。
「名画は嘘をつく」、数々の名画にまつわるエピソードの紹介。
この絵、こういうふうに思われてるけど実はこうなんですよと。
「喧嘩猿」、この作者が時代小説に手を出すとは。
相当下調べして書かれたんだろうなとひしひし思いました。
「ゴーマニズム戦歴」、「ゴーマニズム宣言」の作者によるタイトル通り戦歴ですね。
自著の解説でもあり裏話でもあり思想の主張でもあり。

えー、今月の一冊を選ぶということで。
そうですね、「ゴーマニズム戦歴」で。
作者の思想についてどうこうはともかくとしまして、張ってるなぁという姿勢には共感しましたし。
オウム真理教に暗殺されかけたなんてとんでもない経験も、言論家としては凄味といえましょう。(笑)
いや、命のかかった話に「(笑)」なんて書いちゃいけないんですけども。
それだけあの団体をビビらせ焦らせたんですから。
今月の一冊はこれでいきます。

CIMG3706.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月31日

8月の一冊

今月は以下の14冊を読みました。

・「週刊誌風雲録」高橋呉郎
・「ズボラ人間の料理術」奥薗壽子
・「山を走る女」津島佑子
・「鴨川食堂 おかわり」柏井壽
・「女たちよ!」伊丹十三
・「最終便に間に合えば」林真理子
・「うたかたの日々」ボリス・ヴィアン
・「そばと私」季刊「新そば」編
・「旬の魚を食べ歩く」斎藤潤
・「乙女のままじゃいられない!」石田累
・「宝塚読本」中本千晶
・「いのちの食卓」辰巳芳子
・「星やどりの声」朝井リョウ
・「完全保存版 まんが道大解剖」サンエイムック

「週刊誌風雲録」、いまや政治でも芸能界でも週刊誌というのは新聞よりインパクトありますね。
そんな週刊誌の変遷が書かれています。
「ズボラ人間の料理術」、今まで難しいと思っていた料理が簡単にできるのならありがたいですよね。
従来の常識に縛られることなく簡単に早く美味しく料理を作る実践的なコツを紹介しておられます。
「山を走る女」、現在と違いシングルマザーなんてイメージのいい呼び方のなかった時代。
未婚の母の葛藤が描かれています。
「鴨川食堂 おかわり」、シリーズ第2弾。
前作よりは収まりがよくなったように思えました。
「女たちよ!」、エッセイというジャンルを日本に根付かせた著者。
リアルタイムで読めばさぞかし新鮮だっただろうなぁと思います。
「最終便に間に合えば」、女性が本音を晒した男との心理的やりとり。
これなんですよねぇ、林真理子の凄みは。
「うたかたの日々」、シュールすぎて私には無理でした。
これはSFなのか恋愛小説なのか。
「そばと私」、そばという一家言ある人が多い食べ物についてのエッセイ集。
うどんと私、ラーメンと私、ではどうも締まりません。(笑)
「旬の魚を食べ歩く」、あちこちに出向き、漁師を取材し、民宿で地元ならではの魚料理を堪能する。
やっぱ魚はこれですよねぇ。
「乙女のままじゃいられない!」、エタニティシリーズなので、もちろん少女漫画的な展開ではあります。
でもけっこうワクワクと読ませられましたね。
「宝塚読本」、タカラヅカという独特な歌劇団に魅了された著者が魅力を語ります。
いや、決してヅカファンは特殊じゃないですよ。(笑)
「いのちの食卓」、グルメ情報氾濫の飽食であり崩食である昨今。
バブルの時代に誰もバブルだと気づかなかったように、ほんと皆が意識して今のこの状態に危機感を持たなければ大変なことになるという警告が含まれています。
「星やどりの声」、家族の絆を描いた家族小説であり青春小説。
無難によかった。
「完全保存版 まんが道大解剖」、マンガ家マンガの名作「まんが道」のガイドブックです。
それだけでなく、日本マンガ史の資料としても貴重な一冊だと思います。

ということで今月の一冊なわけですが。
「乙女のままじゃいられない!」がけっこうよかったんですよねぇ。
何日かかけて読んだのですが、翌日に続きを読むのが楽しみで。
「旬の魚を食べ歩く」、これも紹介されている地元の人たち、料理、どちらも味わい深かったなぁ。
「完全保存版 まんが道大解剖」、う~ん、私とは時代が違うのですが、トキワ荘でマンガに青春を懸けた人たちの物語。
マンガに関わった端くれとしまして、やはりこれは・・・・。
自身の青いながらもがむしゃらだった頃を懐かしく、でも新鮮に思い出します。
なので、今月の一冊はこれで。

CIMG3694.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月31日

7月の一冊

今月の読書は14冊でした。
その中で小説を8冊読めたのは嬉しい。

・「紙婚式」山本文緒
・「「あまカラ」抄1」高田宏 編
・「爆心」青来有一
・「ビターシュガー 虹色天気雨2」大島真寿美
・「剣客商売番外編 ないしょ ないしょ」池波正太郎
・「セラピスト」最相葉月
・「圏外同士」冨士本由紀
・「〈美少女〉の現代史 「萌え」とキャラクター」ササキバラ・ゴウ
・「世界のインスタント食品」森枝卓士
・「輝ける闇」開高健
・「アイビー・ハウス」原田ひ香
・「フレンチの王道 シェ・イノの流儀」井上旭 聞き手神山典士
・「厭世フレーバー」三羽省吾
・「力道山がいた」村松友視

「紙婚式」、短編集なのですが、どれにも怖さが潜んでいます。
ホラーという意味じゃなくて、この作家が書く日常は怖いです。
「「あまカラ」抄1」、大阪発の伝説の食雑誌から抜粋した食エッセイ集。
執筆者の豪華さといったらまた。
「爆心」、世界唯一の被爆国としてそれをどのように小説にするのか。
直接被爆を知らない世代はこのような小説にしました。
「ビターシュガー 虹色天気雨2」、テレビドラマにしたらいいんでしょうね。
そっち向けの小説だなと思いました。
「剣客商売番外編 ないしょ ないしょ」、剣客商売の番外編であり、最終編です。
剣客商売としては秋山小兵衛の影が薄いですが、物語としてはそこそこ楽しめました。
「セラピスト」、精神医学、心理学、私はあまり信用していないのですが。(笑)
しかしこの著者の取材は徹底していますねぇ。
「圏外同士」、シビアな内容なんですけどコミカル。
社会からドロップアウト(?)しそうになりつつも、しがみつく若い女と初老の男。
「〈美少女〉の現代史 「萌え」とキャラクター」、リアルで恋愛できない男性が増えています。
マンガやアニメからそれを分析できそうですね。
「世界のインスタント食品」、日本を始めとして世界各国にあるインスタント料理。
さて、海外にはどのようなインスタント食品があるのか?
「輝ける闇」、ベトナム戦争を自分の眼と身体で体験した開高健。
彼は何を見、どのように小説に昇華したのか。
「アイビー・ハウス」、2組の夫婦が2世帯住宅で同居生活。
その結果どのようになったのか、というお話。
「フレンチの王道 シェ・イノの流儀」、ベテランシェフのフランス修行時代の話はまあよくあること。
しかしトロワグロに影響を受け、ひたすらソースにこだわるクラシックを追及する姿勢には感銘を受けました。
「厭世フレーバー」、家族小説であり、日本の歴史も透かして見えるような構成です。
ただちょっと印象が弱かったか。
「力道山がいた」、昭和のヒーロー力道山を取り上げた一冊。
ただ著者の思い入れが強すぎて、青臭い匂いがプンプン。

いやあ、この中から今月の一冊ですか。
厳しいなぁ。(笑)
では「輝ける闇」開高健で。
やはりこの現実(?)、描写には圧倒されます。

CIMG3675.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする