2018年09月30日

9月の一冊

今月は14冊読みました。

・「ゆめいらんかね やしきたかじん伝」角岡伸彦
・「時の旅」西村寿行
・「オムライスの秘密 メロンパンの謎 人気メニュー誕生ものがたり」澁川祐子
・「マサヒコを思い出せない」南綾子
・「キッチンが走る! フランス・イタリア料理篇」NHK「キッチンが走る」制作班[編]
・「なぜ宇宙人は地球に来ない? 笑う超常現象入門」松尾貴史 著 しりあがり寿 画
・「きみは誤解している」佐藤正午
・「編集者放浪記」高田宏
・「銀二貫」高田郁
・「味に想う」角田房子
・「女ざかり」丸谷才一
・「小泉放談」小泉今日子
・「旨いメシには理由がある 味覚に関する科学的検証」都甲潔
・「中国怪食紀行 吾輩は「冒険する舌」である」小泉武夫

「ゆめいらんかね やしきたかじん伝」、関西で人気だったやしきたかじんの生涯を描いたノンフィクション。
面白い人物ではありましたが、そんなに大きな扱いをするほどかなとも思います。
「時の旅」、西村寿行らしさのある作品ではありましたが、スケールはもひとつでしたね。
ちょっとおとなしい印象でした。
「オムライスの秘密 メロンパンの謎 人気メニュー誕生ものがたり」、身近な食べ物のルーツを追った一冊。
きっちりと資料を追求する姿勢がいい。
「マサヒコを思い出せない」、もひとつ一線を越えられていないなと。
もどかしい作家さんです。
「キッチンが走る! フランス・イタリア料理篇」、テレビ番組の書籍化。
カラー写真がふんだんに使われており、見やすかったです。
「なぜ宇宙人は地球に来ない? 笑う超常現象入門」、宇宙人、幽霊、超能力、いるのかいないのか、あるのかないのか。
まあ笑ってしまうのがほとんどでしょう、というのを確認できる一冊。
「きみは誤解している」、競輪を取り上げても競輪そのものではなくそのギャンブル性に魅せられた人たちを描くのが佐藤正午。
いつもながら飄々淡々とした文章がいい。
「編集者放浪記」、一昔前の編集者の自伝。
編集者という仕事に対しての真摯な姿勢がうかがえます。
「銀二貫」、ベタな話かもしれません。
ですがきっちりとツボを押さえた話作りの上手さにしっかりと読ませられました。
「味に想う」、外国での生活が長かった著者。
古き良きヨーロッパといった雰囲気を感じさせます。
「女ざかり」、企業小説や政治小説にもなりそうな題材ですが、ユーモア小説といった体に仕上がっています。
作者の余裕というか奥行きを感じさせる作品です。
「小泉放談」、50歳を過ぎて何を思い、目指すのか。
楽しく語られています。
「旨いメシには理由がある 味覚に関する科学的検証」、料理や味覚というのは科学(化学)です。
それをきっちりと教えてくれる一冊。
「中国怪食紀行 吾輩は「冒険する舌」である」、これで何冊目かはわかりませんがいつもながらの小泉センセイ。
楽しく読ませていただいております。

では今月の一冊を選んでみましょう。
ん~、候補としましては2冊です。
「銀二貫」と「女ざかり」。
どちらも世界に浸れました。
が、ストレートに心に響いたということで「銀二貫」でいきましょう。
決定。

CIMG3339.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月31日

8月の一冊

今月の読書は15冊でした。

・「食堂つばめ3 駄菓子屋の味」矢崎存美
・「サザエさんの東京物語」長谷川洋子
・「日本の朝ごはん」向笠千恵子
・「流」東山彰良
・「キネマの神様」原田マハ
・「空に唄う」白岩玄
・「解体新書ネオ」永井明
・「鍵のない夢を見る」辻村深月
・「パイプのけむり選集 食」團伊玖磨
・「杳子・妻隠」古井由吉
・「匂いのエロティシズム」鈴木隆
・「水原勇気1勝3敗12S 「超」完全版」豊福きこう
・「恥辱」J・M・クッツェー
・「いかめしの丸かじり」東海林さだお
・「アンダーマイスキン」山内詠

「食堂つばめ3 駄菓子屋の味」、シリーズ3作目なんですが。
すでにダレダレです。
「サザエさんの東京物語」、サザエさん原作者長谷川町子氏の妹さんが著者。
サザエさん人気に便乗か。
「日本の朝ごはん」、昔ながらの日本の朝ごはんの風景が失われつつある昨今。
ぜひ取り戻したいものです。
「流」、台湾を舞台にした直木賞受賞作。
はて、なぜこれが直木賞なのか。
「キネマの神様」、映画をモチーフにした小説です。
ある意味ファンタジーですね。
「空に唄う」、「野ブタ。をプロデュース」の作者による2作目。
私はとてもいいと思いました。
「解体新書ネオ」、元医師が体の各パーツについて書いたエッセイ。
まさしく新しい解体新書?
「鍵のない夢を見る」、ちょっと勘違いしているような女性たちを主人公にした短編集。
直木賞受賞にしては軽いのでは。
「パイプのけむり選集 食」、作曲家でありエッセイストでもあった著者。
まあそれなりの食エッセイです。
「杳子・妻隠」、ちょっとシュールで不穏な雰囲気の小説2編。
閉鎖されたような雰囲気の世界観がいい。
「匂いのエロティシズム」、匂いってもしかしたら視覚より聴覚よりエロティックかもしれませんね。
記憶も鮮やかに甦ったりします。
「水原勇気1勝3敗12S 「超」完全版」、意外と野球マンガの主人公の成績って知らなかったりしますよね。
現実と違って興味はそこにはないわけですが。
「恥辱」、翻訳物としては非常に読みやすくわかりやすい作品でした。
そのぶん軽い気もしましたが。
「いかめしの丸かじり」、いつもながらのテンションですね。
出来不出来はあるものの感心します。
「アンダーマイスキン」、OLと課長のちょっとエッチなストーリー。
女性向けのシリーズでガーターストッキングというパーツに目をつけたのが面白い。

では今月の一冊を。
けっこうどれも無難に楽しめたように思います。
その中では「空に唄う」が思いのほかよかったです。
売り上げはどうか知りませんけども、作品的には決して一発屋ではなかったんだなと。
今後も追いかけてみたいと思いました。
というわけで今月の一冊は「空に唄う」で。

CIMG3319.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

7月の一冊

今月は14冊の読書でした。

・「もうひとつの青春 同性愛者たち」井田真木子
・「三四郎」夏目漱石
・「食べる屁理屈」村松友視
・「はるいろ恋愛工房」藤谷郁
・「風俗ゼミナール お客様編」松沢呉一
・「小さいおうち」中島京子
・「男子厨房に愉しむ 50歳からの健康手料理」中央文庫編集部 編
・「チア男子!!」朝井リョウ
・「サービスの達人たち 究極のおもてなし」野地秩嘉
・「夜を着る」井上荒野
・「東京たべもの探検」文藝春秋編
・「読まされ図書室」小林聡美
・「アジア ラーメン紀行」森枝卓士
・「欅しぐれ」山本一力

「もうひとつの青春 同性愛者たち」、どうしても偏見を持たれてしまう同性愛者たち。
彼らはどのように考え、どのような行動をおこしているのか。
「三四郎」、漱石の前期三部作の一冊目。
ぼちぼち二作目三作目も読んでいこうと思います。
「食べる屁理屈」、食エッセイです。
タイトルにあるような屁理屈ではありませんでした。
「はるいろ恋愛工房」、陶芸をモチーフにしたちょっとエッチな恋愛小説。
わりと楽しめました。
「風俗ゼミナール お客様編」、風俗ライターでもある著者の風俗指南です。
読み物としても楽しめました。
「小さいおうち」、戦時中を舞台にした話です。
戦争を取り上げた小説というとどうしても悲惨になりがちですが、これはほのぼのとした雰囲気があります。
「男子厨房に愉しむ 50歳からの健康手料理」、エッセイ&レシピといいますか。
別に50歳過ぎなくとも料理は楽しむべきです。
「チア男子!!」、チアリーディングという今までになかったモチーフです。
しかも男子だけのチームというのがミソ。
「サービスの達人たち 究極のおもてなし」、サービスというのはやはり天性のものだと思います。
どんな職業もそうかもしれませんが。
「夜を着る」、旅をテーマにした短編集。
飲み込むのに引っ掛かるあたりがやはり井上荒野。
「東京たべもの探検」、30年以上前の本ですが。
それだけに懐かしく貴重な資料ともなり得ます。
「読まされ図書室」、著者がいろんな著名人から勧められた本を読むという企画。
しかし皆それぞれお気に入りの一冊というのがあるものなんですね。
「アジア ラーメン紀行」、カレーライスと並んで日本の国民食であるラーメン。
アジア各国のラーメンを考察した一冊。
「欅しぐれ」、友情といいますか侠気といいますか。
男同士のやりとりにシビレましたね。

さて、今月もこの中から一冊を選びましょう。
ずっと読んできまして「チア男子!!」かなと思っていたのですが。
最後に読んだ「欅しぐれ」、これにはやられました。
今月の一冊はこれです。

CIMG3312.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

6月の一冊

今月は14冊読みました。

・「トンデモ本の逆襲」と学会[編]
・「なにを食べたらいいの?」安部司
・「パンク侍、斬られて候」町田康
・「何をいまさら」ナンシー関
・「やさしいため息」青山七恵
・「うなぎでワインが飲めますか? そば、てんぷら、チョコレートまでのワイン相性術」田崎真也
・「白樫の樹の下で」青山文平
・「昭和、あの日あの味」月刊『望星』編集部編
・「花散里」円地文子
・「迷える空港 あぽやん3」新野剛志
・「ジゴロ」中山可穂
・「脱・限界集落株式会社」黒野伸一
・「ボランティア・スピリット」永井するみ
・「河口へ」佐藤洋二郎

「トンデモ本の逆襲」、トンデモ本ってなかなか自分で買ってまでは読みたくない。
でもこの本を読めばじゅうぶん楽しめます。
「なにを食べたらいいの?」、添加物まみれの現代の食事情。
でも外食や出来合いの物を避けてストイックにいけば、そう難しいことではなかったりもします。
「パンク侍、斬られて候」、町田康が時代小説を書けばこう来るのかと。
やはり一筋縄ではいかない作家さんですね。
「何をいまさら」、いつもながらの素晴らしい消しゴム版画とするどいエッセイ。
といってもかなり昔のエッセイ集ですが。
「やさしいため息」、平凡な日々にふと現れた些細な非日常。
でもやっぱりそれも平凡な日常に埋もれます。
「うなぎでワインが飲めますか? そば、てんぷら、チョコレートまでのワイン相性術」、私はワイン好きでなんにでも合わせますよ。
うなぎや天ぷらなんて当たり前、たこ焼き、キムチ、冷奴、鍋、ニラサラダ、ゴーヤチャンプルー、漬物、えっと他にもいろいろ、どうですか田崎さん。(笑)
「白樫の樹の下で」、ちょっとミステリーな要素が入った時代小説でしょうか。
閉塞した時代に生きる矜持を持った若者たちの青春小説でもあります。
「昭和、あの日あの味」、今さら昭和なんて言っても鬱陶しがられるだけかもしれませんが。
でもノスタルジーですよね。
「花散里」、老齢といってもいい女性たちの恋愛遍歴。
いいじゃないですか、もっともっと女性も奔放に恋愛を。
「迷える空港 あぽやん3」、主人公が鬱になってしまって。
現代の社会問題を取り入れてるのでしょうが、そもそもの設定と無理があるように思いました。
「ジゴロ」、もちろん内容はすべてレズビアンの恋愛です。
いつも同じ感想を書いている気がしますが、中山可穂は熱く激しい。
「脱・限界集落株式会社」、シリーズ第2弾。
さすがにこれ以上はちょっと厳しいでしょう。(笑)
「ボランティア・スピリット」、アジアからの留学生や外国人労働者を扱った短編集。
それらの人に対しての日本人の偏見をシニカルに突いています。
「河口へ」、いわゆる肉体労働者を主人公とした短編集。
毎日汗を流して危険を伴った作業をしつつ、それでも日々の暮らしがあるわけです。

さてさて。
この中から一冊を選ぶわけですが。
そうですねぇ、図抜けてこれだというのはなかったです。
しかし心に熱く染みるものがあったということで、「ジゴロ」でしょうか。
今月の一冊はこれで。

CIMG3293.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

大阪の地震にて

CIMG3290.JPG

本日大阪で地震がありました。
震度6なんて前代未聞です。
地震時は外出していたんですけどね。
帰宅してみますとやっぱりまあ。
普段の整理が悪いと言えばそうなのですが。
もう片付ける気力を失いました・・・・。
posted by たろちゃん at 14:53| Comment(1) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする