2018年06月30日

6月の一冊

今月は14冊読みました。

・「トンデモ本の逆襲」と学会[編]
・「なにを食べたらいいの?」安部司
・「パンク侍、斬られて候」町田康
・「何をいまさら」ナンシー関
・「やさしいため息」青山七恵
・「うなぎでワインが飲めますか? そば、てんぷら、チョコレートまでのワイン相性術」田崎真也
・「白樫の樹の下で」青山文平
・「昭和、あの日あの味」月刊『望星』編集部編
・「花散里」円地文子
・「迷える空港 あぽやん3」新野剛志
・「ジゴロ」中山可穂
・「脱・限界集落株式会社」黒野伸一
・「ボランティア・スピリット」永井するみ
・「河口へ」佐藤洋二郎

「トンデモ本の逆襲」、トンデモ本ってなかなか自分で買ってまでは読みたくない。
でもこの本を読めばじゅうぶん楽しめます。
「なにを食べたらいいの?」、添加物まみれの現代の食事情。
でも外食や出来合いの物を避けてストイックにいけば、そう難しいことではなかったりもします。
「パンク侍、斬られて候」、町田康が時代小説を書けばこう来るのかと。
やはり一筋縄ではいかない作家さんですね。
「何をいまさら」、いつもながらの素晴らしい消しゴム版画とするどいエッセイ。
といってもかなり昔のエッセイ集ですが。
「やさしいため息」、平凡な日々にふと現れた些細な非日常。
でもやっぱりそれも平凡な日常に埋もれます。
「うなぎでワインが飲めますか? そば、てんぷら、チョコレートまでのワイン相性術」、私はワイン好きでなんにでも合わせますよ。
うなぎや天ぷらなんて当たり前、たこ焼き、キムチ、冷奴、鍋、ニラサラダ、ゴーヤチャンプルー、漬物、えっと他にもいろいろ、どうですか田崎さん。(笑)
「白樫の樹の下で」、ちょっとミステリーな要素が入った時代小説でしょうか。
閉塞した時代に生きる矜持を持った若者たちの青春小説でもあります。
「昭和、あの日あの味」、今さら昭和なんて言っても鬱陶しがられるだけかもしれませんが。
でもノスタルジーですよね。
「花散里」、老齢といってもいい女性たちの恋愛遍歴。
いいじゃないですか、もっともっと女性も奔放に恋愛を。
「迷える空港 あぽやん3」、主人公が鬱になってしまって。
現代の社会問題を取り入れてるのでしょうが、そもそもの設定と無理があるように思いました。
「ジゴロ」、もちろん内容はすべてレズビアンの恋愛です。
いつも同じ感想を書いている気がしますが、中山可穂は熱く激しい。
「脱・限界集落株式会社」、シリーズ第2弾。
さすがにこれ以上はちょっと厳しいでしょう。(笑)
「ボランティア・スピリット」、アジアからの留学生や外国人労働者を扱った短編集。
それらの人に対しての日本人の偏見をシニカルに突いています。
「河口へ」、いわゆる肉体労働者を主人公とした短編集。
毎日汗を流して危険を伴った作業をしつつ、それでも日々の暮らしがあるわけです。

さてさて。
この中から一冊を選ぶわけですが。
そうですねぇ、図抜けてこれだというのはなかったです。
しかし心に熱く染みるものがあったということで、「ジゴロ」でしょうか。
今月の一冊はこれで。

CIMG3293.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

大阪の地震にて

CIMG3290.JPG

本日大阪で地震がありました。
震度6なんて前代未聞です。
地震時は外出していたんですけどね。
帰宅してみますとやっぱりまあ。
普段の整理が悪いと言えばそうなのですが。
もう片付ける気力を失いました・・・・。
posted by たろちゃん at 14:53| Comment(1) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

5月の一冊

今月読んだのは以下の15冊です。

・「がんがん焼肉もりもりホルモン」今柊二
・「給食のおにいさん 進級」遠藤彩見
・「涼宮ハルヒの動揺」谷川流
・「阿川佐和子のアハハのハ この人に会いたい2」阿川佐和子
・「舟を編む」三浦しをん
・「味をつくる人たちの歌」牧羊子
・「おそめ 伝説の銀座マダム」石井妙子
・「ロリータ」ナボコフ
・「きらめくジャンクフード」野中柊
・「初恋ノスタルジア」小日向江麻
・「飛田の子 遊郭の街に働く女たちの人生」杉坂圭介
・「廃疾かかえて」西村賢太
・「「噂の眞相」イズム 反権力スキャンダリズムの思想と行動」岡留安則
・「私が食べた 朝食365日」西川治
・「トッカン the 3rd おばけなんてないさ」高殿円

「がんがん焼肉もりもりホルモン」、焼肉やホルモンを庶民の料理として扱っているのがいいですね。
高級店なんて出てきません。
「給食のおにいさん 進級」、シリーズ第2弾です。
じわりじわりと話が進んでいます。
「涼宮ハルヒの動揺」、寄せ集め的な短編集ということもあり、ちょっと粗雑な印象。
そろそろダレてきたか。
「阿川佐和子のアハハのハ この人に会いたい2」、対談集ですが、もう20年以上前の内容です。
なのでもちろん古いのですが、そぶん貴重な内容ともいえます。
「舟を編む」、辞書の編集というレアなモチーフの小説です。
キャラの魅力もあり面白かった。
「味をつくる人たちの歌」、食エッセイです。
文体が好きになれず、内容も特筆すべきことはありません。
「おそめ 伝説の銀座マダム」、伝説の銀座マダムの半生を描いたノンフィクション。
渾身の一冊ですね。
「ロリータ」、ロリコンの語源にもなった古典(?)小説です。
非常に退屈でしたが。
「きらめくジャンクフード」、作家による食エッセイ。
子供時代を思い起こさせるようなノスタルジックな雰囲気があります。
「初恋ノスタルジア」、女性向けのちょっとエッチな恋愛小説。
でも無難に読めました。
「飛田の子 遊郭の街に働く女たちの人生」、規模としても最後の遊郭といってもいい大阪飛田新地。
そこに生きる経営者、働く女性の生々しいノンフィクションです。
「廃疾かかえて」、いつもながらの北町貫多。
西村節が冴えます。
「「噂の眞相」イズム 反権力スキャンダリズムの思想と行動」、噂の眞相の元発行編集人による著書。
さすがに波乱万丈です。
「私が食べた 朝食365日」、毎日の朝食記録をメインとした日記。
なので食エッセイとしてはちょっと面白さに欠けますが、このような食エッセイも貴重でしょう。
「トッカン the 3rd おばけなんてないさ」、今回はちょっと鏡特官の顔が知れた内容でしたかね。
いいシリーズだと思います。

てなわけで今月の一冊なんですが。
んー、いいのが何冊かありました。
絞って「舟を編む」と「おそめ 伝説の銀座マダム」ですかね。
「舟を編む」は映画化もされたようですしメジャーです。
多数の人たちが知っておられるでしょう。
なので「おそめ 伝説の銀座マダム」を今月は推したい。
多くの人に知ってもらいたいから。
ということで今月の一冊は「おそめ 伝説の銀座マダム」に決定。

CIMG3270.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

4月の一冊

今月読みましたのは以下の15冊です。

・「買えない味2 はっとする味」平松洋子
・「ヘタウマな愛」蛭子能収
・「三世相 並木拍子郎種取帳」松井今朝子
・「君の膵臓をたべたい」住野よる
・「世界中で食べてみた危険な食事」谷本真由美@May_Roma
・「穴」小山田浩子
・「「面白半分」の作家たち 70年代元祖サブカル雑誌の日々」佐藤嘉尚
・「手塚治虫の冒険 戦後マンガの神々」夏目房之介
・「海に沈む太陽(上・下)」梁石日
・「寿司屋のかみさん とびっきりの朝ごはん 今日は何を食べよう・・・?」佐川芳枝
・「クジラの彼」有川浩
・「火花」又吉直樹
・「羽生善治 闘う頭脳」羽生善治
・「人生で大切なことはラーメン二郎に学んだ」村上純

「買えない味2 はっとする味」、高級店の食べ歩きや珍味の食自慢ではなく。
あの時あの味といったような、心の原点のような食べ物の紹介です。
「ヘタウマな愛」、亡き前妻との思い出を綴った素朴で正直なエッセイ。
蛭子さんらしいなと思います。
「三世相 並木拍子郎種取帳」、シリーズ第3弾です。
目新しい展開はないのですが、安定していますね。
「君の膵臓をたべたい」、ベストセラーになり、映画化もされアニメ化も予定されています。
私は素直に感動しました。
「世界中で食べてみた危険な食事」、世界の食文化を紹介しておられるのかなと思ったらそういうわけでもなく。
色物的な旅の食日記ですかね。
「穴」、何が現実でどこからが妄想(虚構)なのか。
現実と虚構のあいだを彷徨うような内容です。
「「面白半分」の作家たち 70年代元祖サブカル雑誌の日々」、いかにも70年代だったのだなという気がしました。
今こんな雑誌ありませんから。
「手塚治虫の冒険 戦後マンガの神々」、手塚作品を絵や表現方法から論じたマンガ論。
他のマンガ家との比較もあります。
「海に沈む太陽(上・下)」、イラストレーター黒田征太郎の半生を描いた小説。
う~ん、もうちょっと上手くまとめられなかったものか・・・・。
「寿司屋のかみさん とびっきりの朝ごはん 今日は何を食べよう・・・?」、寿司屋のおかみさんの食エッセイです。
ずっと楽しみに読み続けています。
「クジラの彼」、自衛隊関連のラブコメ短編集。
ここまで書けるってすごいなぁと思います。
「火花」、お笑い芸人が書いて話題になった芥川賞受賞作品。
本格的ではありますが、作者の経歴を加味してちょっと過大評価ではというのが私の印象。
「羽生善治 闘う頭脳」、対談・インタビュー集。
こういう偉人の話を読むのは好きですね。
「人生で大切なことはラーメン二郎に学んだ」、ラーメン二郎に愛を捧げる著者の渾身の一冊。
いや、ほんとラーメン二郎を崇拝しておられる気持ちがよく伝わるいい本でした。

さて今月の一冊ですが。
「クジラの彼」なんかは上手いなぁと思いましたね。
「人生で大切なことはラーメン二郎に学んだ」、これはお笑い芸人が書かれたということを除外して評価できる好書です。
でもやっぱり感動したのは「君の膵臓をたべたい」です。
ライトノベルな扱いになるのかな。
でもそんなことはどうでもよく、いい小説を読んだなという満足の読後感がありました。
ということで今月の一冊はこれ。

CIMG3244.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

3月の一冊

今月は14冊読みました。

・「染彩」芝木好子
・「美人論」井上章一
・「おいしい店とのつきあい方」サカキシンイチロウ
・「空の剣 男谷精一郎の孤独」高橋三千綱
・「爪と目」藤野可織
・「知識的大衆諸君、これもマンガだ」関川夏央
・「R62号の発明・鉛の卵」安部公房
・「スイートデビル・キス」七福さゆり
・「春夏秋冬 料理王国」北大路魯山人
・「ガリバー・パニック」楡周平
・「日本の居酒屋文化 赤提灯の魅力を探る」マイク・モラスキー
・「アニバーサリー」窪美澄
・「被差別部落の青春」角岡伸彦
・「デッドボール」木内一裕

「染彩」、タイトルの通り染彩を扱った作品。
こういう内容はさすがに芝木好子ですね。
「美人論」、真正面から美人を取り上げた一冊。
なかなか女性の美醜については大きな声で語れませんからねぇ。
「おいしい店とのつきあい方」、レストランで楽しむコツが書かれています。
まあもっともではあるなという内容。
「空の剣 男谷精一郎の孤独」、実在した剣豪男谷精一郎の少年時代が描かれています。
青春時代小説ですね。
「爪と目」、ちょっと怖いサスペンス風小説。
でも主人公が子供というところに無理がある気が。
「知識的大衆諸君、これもマンガだ」、マンガを毛嫌いする人たちに向けて書かれた書評といいますか。
いまやマンガは日本の大きな文化ですからね。
「R62号の発明・鉛の卵」、SF短編集ですかね。
私は最後の「鉛の卵」がよかったです。
「スイートデビル・キス」、血のつながらない姉弟の恋愛小説。
ちょっとエッチなラブコメです。
「春夏秋冬 料理王国」、美食家で芸術家、北大路魯山人の食随筆。
意外と自ら食について書いた著作はこれだけのようで。
「ガリバー・パニック」、100メートルもの巨人が突如現れたらどうなるか。
なかなかシニカルなエンターテイメントでした。
「日本の居酒屋文化 赤提灯の魅力を探る」、アメリカ人の著者による日本の文化「赤提灯」の考察。
日本人以上によく理解しておられます。
「アニバーサリー」、東日本大震災をきっかけに3世代の女性たちの生き方や考え方が描かれています。
彼女たちにとってアニバーサリーとは。
「被差別部落の青春」、部落に生まれ育った人たちはどのように考え、日々生活しているのか。
部落出身の著者だからこそ書けた内容かもしれません。
「デッドボール」、背に腹は代えられず1000万円のために誘拐の手伝いをすることになった主人公。
しかし思わぬ展開に・・・・。

今月はけっこう粒ぞろいな印象でした。
どれもけっこう楽しめた。
最初に読んだ「染彩」か最後に読んだ「デッドボール」か。
最近に読んで印象が残っているせいか、やはり「デッドボール」でしょうか。
今月の一冊はこれで。

CIMG3240.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする