2018年02月28日

2月の一冊

今月は13冊の読書でした。

・「遮光」中村文則
・「藤子・F・不二雄のまんが技法」藤子・F・不二雄
・「人肌ショコラリキュール」蛭田亜紗子
・「日本全国 ソウルフードを食べにいく」飯窪敏彦
・「贋世捨人」車谷長吉
・「オール・アバウト・セックス」鹿島茂
・「ぽろぽろドール」豊島ミホ
・「熊の敷石」堀江敏幸
・「姫百合たちの放課後」森奈津子
・「まちがい食品学」河野友美
・「サブカル・スーパースター鬱伝」吉田豪
・「本にだって雄と雌があります」小田雅久仁
・「素人包丁記・海賊の宴会」嵐山光三郎

「遮光」、亡くなった恋人の体の一部を持ち歩く男。
愛情と狂気は紙一重なんでしょうか。
「藤子・F・不二雄のまんが技法」、ドラえもんをテキストに使いマンガの書き方をやさしく説明。
ハード面よりもソフト面の入門書ですかね。
「人肌ショコラリキュール」、エッチでライトな短編集。
そのぶん読み応えには欠けますか。
「日本全国 ソウルフードを食べにいく」、地方で親しまれている郷土グルメ。
所変われば食べ物も変わります。
「贋世捨人」、タイトルはまさに作者を言い表しているのかなと。
私小説作家といってもやはりフィクションなんですよね。
「オール・アバウト・セックス」、エロについて書かれた本の書評。
といってもコテコテなエロ本ではありませんが。
「ぽろぽろドール」、人形にまつわる話の短編集。
人は人形にいろんな思いを込めるのですね。
「熊の敷石」、紀行文のような小説です。
そのぶんちょっとさらりとし過ぎな感もありました。
「姫百合たちの放課後」、バカバカしいレズビアンコメディの短編集。
こういうのは堅苦しくなく楽しめますね。
「まちがい食品学」、時代により食品もまた変わっていきます。
もちろんそれについての常識も。
「サブカル・スーパースター鬱伝」、サブカルな人たちは40を過ぎると鬱になる?
体験者たちへのインタビュー集。
「本にだって雄と雌があります」、主人公の家系を巡る壮大な法螺話。
リアルをほどよく取り入れてうまく乳化させたフィクションです。
「素人包丁記・海賊の宴会」、この著者のグルメ本はゲテに近いB級グルメなんですよね。
まあ楽しいですけど。(笑)

今月はこれといって響く本はありませんでした。
そんな中から選ぶとすれば、「本にだって雄と雌があります」ですかね。
ここまで細部を固めて話を掘り下げて作られたことに感心。
今月はこれで。

CIMG3208.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

1月の一冊

今月読んだのは以下の15冊です。

・「ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~」三上延
・「東京新大橋雨中図」杉本章子
・「梅干しを極める」都築佐美子
・「打ちのめされるようなすごい本」米原万理
・「侠飯2 ホット&スパイシー篇」福澤徹三
・「気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている」村瀬秀信
・「セレモニー黒真珠」宮木あや子
・「くすぶれ! モテない系」能町みね子
・「泥の河 蛍川 道頓堀川」宮本輝
・「喰らう読書術 一番おもしろい本の読み方」荒俣宏
・「日本焼肉物語」宮塚利雄
・「素数たちの孤独」パオロ・ジョルダーノ
・「ユニクロ帝国の光と影」横田増生
・「Love me more!」麻生ミカリ
・「軽井沢うまいもの暮らし」玉村豊男

「ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~」、だんだんと話も佳境に入ってきました。
それと共に本の紹介もしっかりしておられるのはさすが。
「東京新大橋雨中図」、主人公の魅力がいいですね。
じんわりと味わいのある小説でした。
「梅干しを極める」、漬物以上に手作りと無縁になってしまった梅干し。
日本の素晴らしい食文化を絶やさないようにしなければと思いました。
「打ちのめされるようなすごい本」、著者の遺作ともいえる書評集。
保存版な一冊です。
「侠飯2 ホット&スパイシー篇」、食と職の小説といえますか。
楽しく読めましたし、紹介されている料理を作ってみたりもしました。
「気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている」、チェーン店というと業務用冷凍食品だとか手作り感がないとかのマイナスイメージもありますけど。
でも気軽に使える勝手のよさがありますよね。
「セレモニー黒真珠」、葬儀屋を舞台にした小説。
しかし暗くはならずコメディーっぽいけどおちゃらけもせず、いいバランスでした。
「くすぶれ! モテない系」、狙ったんだけどちょっとハズしているという印象。
空回りしてます。
「泥の河 蛍川 道頓堀川」、ああ小説を読んでいるなぁという読み応えがありました。
殺人事件とかなんとかよりこういう小説がいい。
「喰らう読書術 一番おもしろい本の読み方」、なるほどとは思いました。
でも自分向きではなかったかな。
「日本焼肉物語」日本においての焼肉の歴史やその周辺を網羅した一冊。
焼肉にウンチクを語る人ならぜひ。
「素数たちの孤独」、傷を抱えて周りに馴染めない男子と女子。
・・・・のお話でした。
「ユニクロ帝国の光と影」、この著書の続編といいますか、実際に著者がユニクロにバイトとして潜入取材した本が去年出版されています。
そちらもぜひ読みたいと思っています。
「Love me more!」、会社の御曹司との恋愛、結婚。
女性の憧れなんですかね。
「軽井沢うまいもの暮らし」、軽井沢での自給自足的な生活。
憧れますが私には無理だなと。

さて、今月の一冊。
小説では「東京新大橋雨中図」、「セレモニー黒真珠」ですかね。
「東京新大橋雨中図」は直木賞に納得の出来でした。
「セレモニー黒真珠」は思いのほかよかったです。
続編を読みたいと思いました。
ノンフィクションでは「ユニクロ帝国の光と影」。
力作ですね。
興味深く読みました。
そんな中から迷いましたが、「東京新大橋雨中図」で。
今月の一冊はこれでいきましょう。

CIMG3168.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(1) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

12月の一冊

今月は以下の15冊でした。

・「安井かずみがいた時代」島崎今日子
・「抱擁」日野啓三
・「無敵のラーメン論」大崎裕史
・「味 天皇の料理番が語る昭和」秋山徳蔵
・「飛田で生きる 遊郭経営10年、現在、スカウトマンの告白」杉坂圭介
・「マンガ家のひみつ とり・みき&人気作家9人の本音トーク」とり・みき
・「手のひらの音符」藤岡陽子
・「「食の職」新宿ベルク 安くて本格的な味の秘密」迫川尚子
・「窓際OL トホホな朝ウフフの夜」斎藤由香
・「剣客商売 浮沈」池波正太郎
・「昼のセント酒」久住昌之 画・和泉晴紀
・「東海道 居酒屋五十三次」太田和彦
・「オンエア(上・下)」柳美里
・「藤田嗣治 手しごとの家」林洋子

「安井かずみがいた時代」、ひとつの時代を築いた作詞家のドキュメンタリー。
まさに時代を駆け抜けたという印象です。
「抱擁」、幻想的耽美的な雰囲気のある作品です。
こういう世界は個人的に好きですね。
「無敵のラーメン論」、全国を食べ歩いた著者のラーメン論。
客観的に分析、解説しておられます。
「味 天皇の料理番が語る昭和」、伝説の料理人ですね。
その生涯は小説化、ドラマ化もされています。
「飛田で生きる 遊郭経営10年、現在、スカウトマンの告白」、なかなか外からは窺い知ることのできない遊郭の世界。
興味深く読めました。
「マンガ家のひみつ とり・みき&人気作家9人の本音トーク」、マンガ家の著者によるマンガ家との対談集。
最近ほとんどマンガを読むことがなくなりましたが、こういう本には興味があります。
「手のひらの音符」、じんわりと心にしみる小説です。
なんとか殺人事件などとは対極にある内容ですね。
「「食の職」新宿ベルク 安くて本格的な味の秘密」、15坪という小さいながらも、いや、だからこそこだわりを持って経営しておられる飲食店です。
こういう店にはぜひとも頑張っていただきたいですね。
「窓際OL トホホな朝ウフフの夜」、せっせと精力剤をPRする著者の奮闘記。
いや、奮闘してるんだか会社をかき回してるんだか。(笑)
「剣客商売 浮沈」、いよいよシリーズを読み終えてしまいました。
まだ番外編が残っていますが、ちょっと寂しいですね。
「昼のセント酒」、著者は「孤独のグルメ」の原作者。
昼から銭湯に入って湯上りに酒という極楽エッセイです。
「東海道 居酒屋五十三次」、タイトル通り五十三次のはしご酒です。
飲み歩き珍道中。
「オンエア(上・下)」、女子アナたちを主人公とした業界小説。
さすがに柳美里だけあって生々しいといいますかエグイといいますか。
「藤田嗣治 手しごとの家」、日本を代表する芸術家のプライベートや仕事を公開。
実に個性的な人だったんですね。

「安井かずみがいた時代」や「飛田で生きる 遊郭経営10年、現在、スカウトマンの告白」、「藤田嗣治 手しごとの家」がノンフィクションでは面白かったです。
小説では「手のひらの音符」、「オンエア(上・下)」ですね。
「オンエア(上・下)」はエンターテイメントとしては面白くインパクトがありましたが、ちょっと俗でしたか。
「手のひらの音符」は地味ですが味わいがありました。
ですが今月はノンフィクションから選びたいと思います。
「安井かずみがいた時代」が印象に残りました。
自由に生き、そして時代の先端を走っていた安井かずみという女性の存在感。
今月はこれを選びたいと思います。

CIMG3159.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

11月の一冊

今月は14冊読みました。

・「リケイ文芸同盟」向井湘吾
・「夜を乗り越える」又吉直樹
・「寂花の雫」花房観音
・「小説家の作り方」野崎まど
・「東大オタク学講座」岡田斗司夫
・「ばかもの」絲山秋子
・「江戸川乱歩傑作選」江戸川乱歩
・「くさいはうまい」小泉武夫
・「ハンドモデルの恋人」綾瀬麻結
・「おでんの汁にウツを沈めて 44歳恐る恐るコンビニ店員デビュー」和田靜香
・「なんとなく、クリスタル」田中康夫
・「ナポリタン」上野玲
・「顰蹙文学カフェ」高橋源一郎 山田詠美
・「紙の月」角田光代

「リケイ文芸同盟」、理系の人間が文系である小説の編集者になるという設定。
でもそれが生かしきれなかったように思います。
「夜を乗り越える」、芥川賞を受賞して話題になった又吉直樹氏のエッセイ&文学論。
はあそうですか、という以上の感想はなく。
「寂花の雫」、京都を舞台にした男と女の出会いと別れ。
たいした内容ではありませんが個人的には楽しめました。
「小説家の作り方」、読んでなるほどと思いました。
ライトノベルというジャンルだからこその佳作でしょうか。
「東大オタク学講座」、いまや無視できない『オタク』という存在。
第一人者が各ジャンルについて解説しておられます。
「ばかもの」、堕ちていく男、そして女。
小説の終わりは再会であり始まりです。
「江戸川乱歩傑作選」、うーん、やっぱり乱歩。
時代を超えて読ませてくれますね。
「くさいはうまい」、『匂い』が敬遠される昨今。
なんの、匂いの強い食品ほどはまればくせになるのです。
「ハンドモデルの恋人」、素人以上プロ未満なエタニティ文庫です。
まあそれなりに楽しむべきでしょう。
「おでんの汁にウツを沈めて 44歳恐る恐るコンビニ店員デビュー」、コンビニでのお仕事エッセイです。
裏話苦労話がいろいろと面白い。
「なんとなく、クリスタル」、30年前のベストセラー。
今読んで面白かったです。
「ナポリタン」、スパゲッティナポリタンについての考察です。
思い入れはわかります。
「顰蹙文学カフェ」、文学や作家はもっと顰蹙を買うべきだと。
そのような作品も作家もあまり見当たらなくなりましたねぇ。
「紙の月」、金に翻弄される人間の話。
いや、金は二次的なもので、戒むべきはきりのない欲望ですよね。

では今月の一冊をば。
う~ん、これといってなぁ。
読み応えということでは「紙の月」でしたね。
さすがの角田光代。
そして野崎まど「小説家の作り方」も思いのほかよかったです。
しかし今回は「なんとなく、クリスタル」田中康夫でいきましょうか。
今からすれば古くさく小っ恥ずかしい当時のトレンドのはずが、30年も経つとめぐりめぐって新鮮で面白かった。
うん、今月はこれでいきましょう。

CIMG3163.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

10月の一冊

今週は15冊の読書でした。
いつもに比べると小説を多く読むことができました。

・「ロスジェネの逆襲」池井戸潤
・「手芸女」野坂律子
・「現代日本の小説」尾崎真理子
・「わたしたちに許された特別な時間の終わり」岡田利規
・「本棚探偵の生還」喜国雅彦
・「思い出のとき修理します4 永久時計を胸に」谷瑞恵
・「ほっこりおうちごはん 「どうぞ飯あがれ」」柴門ふみ
・「草笛の音次郎」山本一力
・「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」ジェーン・スー
・「ミュージック・ブレス・ユー!!」津村記久子
・「食ショック」読売新聞食ショック取材班 著
・「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」田中径一
・「草の上の朝食」保坂和志
・「アメリカの食卓」本間千枝子
・「愛情の系譜」円地文子

「ロスジェネの逆襲」、いまさらの感はありますが半沢直樹シリーズです。
でもやっぱり面白くて引き込まれました。
「手芸女」、手芸を扱っているということでどんなものかと読んでみました。
ラノベ的ではありますが意外とよかったです。
「現代日本の小説」、村上春樹あたりからの作家を取り上げておられます。
後何十年かするとそれらの作家はどういう位置付けになるのかなと、ふと思いました。
「わたしたちに許された特別な時間の終わり」、外国で戦争というとてつもなく大変なことが行われている中、日本には平和な時間が流れています。
どちらも現実なんですよね。
「本棚探偵の生還」、シリーズ第3弾。
いつもながら古本に対しての執念とこだわりが面白い。
「思い出のとき修理します4 永久時計を胸に」、シリーズ最終巻です。
ま、いままででいちばんマシでしたか。
「ほっこりおうちごはん 「どうぞ飯あがれ」」、人気マンガ家の食エッセイ。
いまいち好きになれませんが。
「草笛の音次郎」、渡世人の股旅ものです。
山本一力らしく歯切れのいい文章で楽しめました。
「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」、ほんとエエ歳して女子などというのはやめてもらいたい。
って大きなお世話でしょうけど。
「ミュージック・ブレス・ユー!!」、音楽が欠かせない女子高生が主人公。
音楽の祝福がありますように、といったところですか。
「食ショック」、日本の食事情の情けない実態が書かれています。
戦中戦後の食べ物のない時代はなんだったんでしょうね。
「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」、『大日本帝国食菜全席』というメニューのレシピを巡ったミステリー。
何重にも謎が仕掛けられ、実に面白く読めました。
「草の上の朝食」、毎日をのらりくらりと過ごす若者(でもありませんが)たちの話。
ほんとただの日常な小説です。
「アメリカの食卓」、アメリカで暮らした著者の食エッセイ。
古き良きアメリカという雰囲気があります。
「愛情の系譜」、恋愛で男に対して思い詰めてしまう女の性。
そんな母親の血を受け継いでしまった娘の物語。

今月の一冊ですが、やはり「ロスジェネの逆襲」と「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」が他より頭一つ抜きん出てましたかね。
「ロスジェネの逆襲」は予想通りというか期待通りというか。
「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」が思っていたよりよかった。
さてどちらにするかですが、池井戸潤氏の作品はずっと今月の一冊に選んできましたので、今回は「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」でいきましょうか。
ということでこれに決定。

CIMG3139.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする