2020年07月10日

「剣客商売番外編 ないしょ ないしょ」池波正太郎

CIMG3670.JPG

越後は新発田の城下町で道場を営む一刀流の剣客、神谷弥十郎。
そこでお福は下女として働いていたのですが、弥十郎が何者かに暗殺されます。
主を失ったお福は下男の五平と共に江戸へ。
そこで三浦平四郎という七十に近い隠居の下で働くのですが、その平四郎もやはり殺され、一緒に江戸に出てきた五平までもが殺されてしまいます。
犯人はすべて同一人物、松永市九郎です。
お福は平四郎から手ほどきを受けていた手裏剣を使って、なんとか松永に一矢報いてやろうとするのですが・・・・。
剣客商売の番外編です。
しかし主役はあくまでお福であり、秋山小兵衛はほんの脇役です。
別に剣客商売の番外編としなくともこれだけで成り立つ話ですが、やはりそこは秋山小兵衛や町医者の小川宗哲、手下の弥七などのお馴染みの人物が登場することにより、剣客商売の世界にしてしまったほうが読者も物語に浸れるでしょう。
お福は最初の主である神谷弥十郎に何度も凌辱されるのですが、このエピソードがいまいちよくわかりません。
こんな話を書く必要があったのかなと。
特にそれが後の話に効いているわけでもないし。
むしろお福がその時のことを思い出して体を熱くしているなんて、そんなアホな。
オヤジの妄想ですよ、これ。(笑)
最後に仕えた倉田屋半七のキャラもよくわかりませんね。
初めてお福と出会った時のあの印象はなんだったのでしょうか。
倉田屋が裏のある人物だという演出なんでしょうけど。
そのあといきなり印象変わられてもね。
ま、物語としては波乱万丈な女の生涯を描いており、秋山小兵衛もいい感じで脇を固め、どうにかこうにか剣客商売シリーズにこじつけたかな、と。

ラベル:時代小説
posted by たろちゃん at 02:40| Comment(0) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

「赤瀬川原平の名画読本 鑑賞のポイントはどこか」赤瀬川原平

CIMG3661.JPG

絵画鑑賞って難しいのか簡単なのかよくわかりませんね。
作者の意図や技術的な分析となりますと当然それなりの知識や経験、目利きが必要となります。
しかしそんなことを知る必要なんかない、自分がいいと思った絵が名画だという理屈になりますとなんの前知識もいらないわけで。
で、鑑賞の入門書的な本なんか読みますとたいがい後者的なことが書かれていたりして私のような者など安心したりするわけですが、しかし知識はあったほうがいい的なことも書かれていたりして、結局はそっちかい、と思ったりもします。
まあ名画についての解説なんか読んだりしますと自分がまったく気付かなかったようなことが書かれていて、やはり専門家は違うわいと感心するのですが。
その絵が描かれた背景についても触れられたりしていますしね。
この本もそういう類の解説書です。
15人の画家、15作品を取り上げて著者が解説といいますか独自の分析をしておられます。
絵を見、文章を読み、また絵を見直し、なるほどなぁと感心。
なんの解説もなしにその絵を見てもたぶんそんなことには気づかなかっただろうし、やはり専門家の解説というのは必要だなと思います。
この著者が絶賛するのはゴッホ。
取り上げられている作品は『アルルの跳ね橋』です。
意外に思ったのがルノワール『ピアノによる少女たち』やアングル『泉』に対しての評価。
けっこうボロクソ。(笑)
私はルノワールの柔らかなタッチや色彩が好きなのですが、著者は「汚い」とまで言ってのけます。
アングルの作品に対してもまるでプラスチックのようで、「風俗営業の入口にぴったりの絵」だと。
言われてみればおっしゃる通りとも思えてきます。
まあこれはこれで著者の感性であり価値観なのでしょう。
しかしルノワールの絵を「汚い」と評価するというのもなかなか勇気のいることでしょうね。
目利きに自信がありませんと。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

「柳生薔薇剣」荒山徹

CIMG3625.JPG

秀吉の朝鮮出兵時に朝鮮から日本に渡ってきた人がたくさんいました。
うねもそのひとりです。
肥後・熊本藩で藩士の貴月主馬の妻として日本人になりきって平和な生活を営んでいたのですが、朝鮮からそのような人たちを連れ戻そうと使者がやってきます。
幕府は強制はしないという方針だったのですが、隈本藩は過剰反応し強制的に朝鮮人たちを帰国させる決定を下します。
もちろんうねもその対象です。
しかしうねには夫と3人の息子を残して今さらひどい仕打ちをしてきた朝鮮に戻る気などありません。
夫である主馬は脱藩してでもうねを守るため、鎌倉の駆け込み寺である東慶寺までうめを護送します。
ここに駆け込んでしまえば誰も手が出せません。
しかし主馬と3人の息子は追手に切られ、それでもうめは這う這うの体で東慶寺に駆け込むことができました。
それを偶然手助けしたのが柳生宗矩の娘で柳生十兵衛の姉である柳生矩香(のりか)。
ですがここからうねをめぐって凄まじい争いが始まります・・・・。
矩香って名前がもうね、これ藤原紀香が人気あったころですかね。(笑)
で、うねをめぐって将軍徳川家光とその父であり大御所である徳川秀忠の争奪戦が始まるわけです。
東慶寺の住持天秀尼は豊臣秀吉の孫娘である涼姫。
家光は以前から涼姫に想いを寄せており、東慶寺を守る、つまりうねを守る側になります。
矩香や父の柳生宗矩が付くのは家光側です。
秀忠側も魔剣使いや妖術使い、矩香が昔ほのかに想いを寄せていた剣客などを引っ張り出してきて、もう大騒ぎ。(笑)
山田風太郎どころじゃないですね、こりゃ。
しかしたかが朝鮮人女性ひとりをめぐってここまでやりますか。
死者数十人ですよ。
まあ朝鮮使節団のプライドなんかもあったりするんですけど。
でもただ荒唐無稽なだけではなく、説得力もあります。
強引ですが。
そうそう、この作者なんでこんなに朝鮮にこだわるんでしょう。
あと柳生とか。
いや、独特の世界観が実に面白いんですけどね。
ラベル:時代小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

3月の一冊

今月は14冊読みました。

・「グルメの食法」玉村豊男
・「若冲」澤田瞳子
・「化学探偵Mr.キュリー3」喜多喜久
・「“食の安全”はどこまで信用できるのか 現場から見た品質管理の真実」河岸宏和
・「本棚探偵 最後の挨拶」喜国雅彦
・「サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ」大崎梢
・「大衆食堂」野沢一馬
・「過剰な二人」林真理子 見城徹
・「好き好き大好き超愛してる。」舞城王太郎
・「切羽へ」井上荒野
・「知っておきたい 日本の名字 名字の歴史は日本の歴史」監修:森岡浩
・「巷の美食家」開高健
・「牛乳アンタッチャブル」戸梶圭太
・「銀座バイブル ナンバーワンホステスはどこに目をつけるのか」向谷匡史

「グルメの食法」、各国料理についての解説、著者の見解が書かれています。
なるほどと思うことも多数。
「若冲」、江戸時代の絵師、伊藤若冲の半生。
作者なりの大胆な脚色で描かれています。
「化学探偵Mr.キュリー3」、化学を題材にしたミステリー短編集です。
内容的には可もなく不可もなくといったところ。
「“食の安全”はどこまで信用できるのか 現場から見た品質管理の真実」、現場をよく知る著者が業界の実態を明かして読者を啓蒙しておられます。
こういう類の本は頻繁に刊行されていますが、だからといって業界も消費者も大きく変わる気配はなく・・・・。
「本棚探偵 最後の挨拶」、シリーズ最終(?)となりました。
しかし著者のキクニさん、本業のマンガも面白いがエッセイもなかなか。
「サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ」、書店を舞台としたミステリー。
ミステリーとしてはちょっとどうかなという部分があるのですが、書店小説としては「書店ガール」よりもこちらのほうが先なんですよね。
「大衆食堂」、ファーストフードやファミリーレストラン、牛丼チェーンなどに押され、どんどん姿を消していく大衆食堂。
その魅力を伝える貴重な一冊です。
「過剰な二人」、個性も我もキツイ(笑)お二人の往復書簡的エッセイ。
作家の考え編集者の考えが共鳴します。
「好き好き大好き超愛してる。」、純愛の恋愛短編集(?)なんですかね。
読み終えてトータルでどう受け止めればいいのかよくわかりませんでした。
「切羽へ」、都会ではなく出来事がすぐに全体に伝わるような小さな島での話。
そんなシチュエーションでのちょっと危なく静かな男と女の機微。
「知っておきたい 日本の名字 名字の歴史は日本の歴史」、日本にはたくさんの名字がありますが、その由来はなんなのか。
誰もが考えたことのあるそんな疑問を解説した一冊です。
「巷の美食家」、美食家で大食家でもあった行動する作家の食エッセイ。
グルメを気取ったチャラい若造とは造詣が違います。
「牛乳アンタッチャブル」、雪印食中毒事件の対応を茶化した小説として途中までは面白く読んだんですけど。
でもそこから逸脱できなかったですね。
「銀座バイブル ナンバーワンホステスはどこに目をつけるのか」、内容が本当かどうか私にはわかりませんが。
でも自分の知らない世界の裏事情を知る楽しさがありました。

それでは今月の一冊の決定を。
「若冲」は読んでいて結構手応えありました。
でもあとになって印象が薄れてきたのは若冲のキャラの弱さか、物語のピントの弱さか。
「切羽へ」は染み入るものがありましたが、強く推すに至らず。
ということで、単純に読み物として楽しめた「銀座バイブル ナンバーワンホステスはどこに目をつけるのか」を今月の一冊に選びたいと思います。

CIMG3617.JPG

ラベル:今月の一冊
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

「夢を食った男たち 「スター誕生」と歌謡曲黄金時代の70年代」阿久悠

CIMG3601.JPG

歌謡曲の全盛期といえば70年代。
そのブームを築いたひとつのきっかけとして『スター誕生』という番組がありました。
ここからデビューした歌手は実に多い。
森昌子、桜田淳子、山口百恵、岩崎宏美、ピンク・レディー、柏原芳恵、小泉今日子、中森明菜・・・・。
ビッグネームがずらりです。
もちろん消えていった人もいるわけですが。
そもそもはナベプロこと渡辺プロダクションがこの業界で半分以上のシェアを占め、その影響力は絶大でした。
そんなナベプロと日本テレビがある事情から絶縁戦争状態となり、ナベプロのタレントは使えなくなりました。
こうなると自前でタレントを育てなくてはなりません。
ナベプロとの戦争に勝つ。
そんな目標もあり生まれたのが『スター誕生』でした・・・・。
著者の阿久悠氏は審査員として番組にも登場していましたが、企画の段階からこの番組に関わっています。
まさかこのような化け物番組になるとは思いもよらなかったようで。
ピンク・レディーのエピソードなんてのもそれを象徴しているように思えます。
あまり期待もされず、まさかあんなに売れるとは誰も思わなかったようです。
普通期待の新人は、だいたい5月までにはデビューさせるとのこと。
新人賞を狙うには知名度やレコードの売り上げも考え、これくらいにはデビューさせないと間に合わない。
ところがピンク・レディーのデビューは8月だったそうです。
「大して期待されていなかったことが、この発売日の設定でもわかる」と著者は書いています。
実は同じ決勝大会でスカウトされた清水由貴子が大いに期待されていたのですね。
彼女は決勝大会前から一人勝ちが予想されていました。
本命があって対抗も大穴もいないとさえいわれていたようです。
そんな清水由貴子のデビューは翌年の3月。
期待の新人定番通りのデビュー予定です。
さて8月デビューのピンク・レディー、デビュー曲は『ペッパー警部』。
作詞・阿久悠、作曲・都倉俊一。
これが売れた。
発売1か月後には街のあちこちで子供たちが振り付けをまねて歌うほどのブームとなり、一気にスターへと駆け上がります。
こうなると翌年3月にデビューした本命であるはずの清水由貴子などぶっ飛んでしまいました。
「ピンク・レディーの猛威に吹き飛ばされる前に世に出ていたら、『お元気ですか』という曲は、もっと売れたはず」と著者。
他の世界でも蓋を開けてみなければわからないというのはありますよね。
プロ野球でもドラフト1位の選手が必ずしも活躍するわけではありません。
ハンカチなんたらという人のように。
逆にイチローなんかはドラフト4位でしたが、その後は世界のイチローです。
いやしかし、『スター誕生』という番組、芸能界に大きな影響をもたらしました。
そして作詞家である著者の阿久悠氏もまた一時代を築いた人です。
時代や人が上手く噛み合い、歴史は変わり、作られていくのですね。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする