2015年07月25日

「離情」円地文子

Cimg2633

茉莉子は日本の短大を出てアメリカに留学しています。

両親からの仕送りも受けず、ベビーシッターなどのアルバイトをしながら遊ぶこともなく真面目に勉強をしている女性です。

将来日本とアメリカの架け橋になるような仕事ができればいいという夢を持っています。

そんな茉莉子に惹かれている2人のアメリカ人。

日本の文化に興味を持つ白人のスカーレンと黒人のベスです。

2人に求愛されますが結局は日本人の曾根の愛を受け入れ、結婚することになり日本に帰ることになります・・・・。

う~ん、なんといいますか、円地文子にしてはけっこうストレートな小説ですね。

主人公の茉莉子がとても清く、女のどろどろした部分が描かれていないせいでしょう。

スパイスとしては白人、黒人、日本人という人種を扱い差別問題も取り込まれていますが、けっこうベタ。

そして茉莉子が甲状腺の病気を患っているという設定も出てきますが。

私がむしろ注目したのは守屋義介という人物です。

守屋は美術評論家であり妻は画家。

日本からアメリカ各地を視察するためやって来る守屋夫妻の通訳を茉莉子が務めることになります。

実は守屋は茉莉子の母である節子と昔愛し合った仲でした。

そんな節子に似た娘である茉莉子に、妻帯者でありながら守屋は恋愛感情を持ってしまうのです。

茉莉子をはじめとしてスカーレンやベス、曾根、みんな純粋で一途な青年たちです。

ですが守屋だけは老年で妻帯者であるにもかかわらず昔の恋人の娘に対してひとりの女として意識し、不倫な感情を抱いている。

このあたりに作者はちょっとした引っ掛かりを作ったのかなと。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 『え』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

「総特集 江口寿史」

Cimg2468

漫画家・江口寿史。

「すすめ!!パイレーツ」や「ストップ!!ひばりくん!」なんていっても今の若い人たちは知らないかもしれませんが。

代表作といえば30年以上前のそれらの作品になるわけですが、かといって決して過去の人ではなくじゅうぶん現役なギャグ漫画家です。

最近はむしろイラストレーター的な仕事のほうが多いように思えますが。

ちゃんとした漫画は最近ほとんど描いておられないのでは。

というか、昔からとにかく描かない。(笑)

原稿は落とす、連載は続かない。

普通ならそんな漫画家はプロ失格としてとっとと干されるものですが、いまだに動向が注目されています。

それだけ稀有な魅力と才能をお持ちなんですね。

特に絵のセンスは抜群です。

ギャグもデビュー当初よりは「寿五郎ショウ」とか「なんとかなるでショ!」などの投げやり的というかヤケクソ的なのが私は好きです。

本書では山上たつひこ氏ややまだないと氏との対談、単行本未収録作品、いろんな漫画家のコメントやエッセイが収録されています。

江口ファン必読の一冊。

といっても10年以上前の本ですが。

ラベル:漫画本
posted by たろちゃん at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 『え』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月12日

「主食を抜けば糖尿病は良くなる! 糖質制限食のすすめ」江部康二

Cimg2397

糖尿病。

10人に1人ともいわれている現代の生活習慣病ですね。

この厄介な病気は完治することなく、一生付き合っていかなければならないといわれています。

この病気をコントロールするにはまず食事ですが、とにかく重要視されているのがカロリー制限。

しかし著者が主張する食事療法はカロリーを気にすることなくできるというのです。

それが糖質制限食なんですね。

人の血糖値を上げるのはたんぱく質でもなく脂質でもなく糖質のみであるということ。

特に精製された炭水化物が血糖値を急激に上昇させると。

なので普段主食として食べているごはんやパン、麺、そして炭水化物を多く含む野菜などを避けます。

肉や魚、炒め物や揚げ物はOK。

アルコールもビールや日本酒、ワインは不可ですが、焼酎やウイスキーなどの蒸留酒はOK。

酒飲みにとってはなんとも嬉しい食事療法じゃないですか。(笑)

ただし極端な食べすぎ飲みすぎがだめなのは健常者でも当然のこと。

ではそのような食事をして本当に効果があるのか、弊害がないのかが気になるところですが、著者は実際に自分が勤務している病院で劇的な効果をあげているとデータを示されます。

またご自身も糖尿病であり、ご自分の身体を使ってその効果を試してもおられます。

医学のことはよくわかりませんけども、欧米でもカロリー制限と低脂肪の食事療法ではなく、糖質制限食に変わってきているとか。

ふむふむと大変興味深く読みました。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 04:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 『え』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

「秋のめざめ」円地文子

Cimg2356

新劇女優の藤子の家庭は複雑です。

夫とのあいだに愛はありません。

中学生の息子は精神的に難があります。

そんな藤子の前に現れた教育研究所の木原。

息子の問題を通じて二人は急速に接近します・・・・。

ちょっとこれは散漫な気がして馴染めませんでした。

というのは、トータルで見ると藤子が主人公であるのですが、最初は藤子の姪である麻枝で始まるんですね。

なるほど麻枝がこの物語の主人公なのだなと思っていると藤子が登場して、あれ、どちらの人物を書きたいんだろと。

と思っていたら木原に話は移ります。

この3人のあいだを視点がいったりきたりしてどうも落ち着きません。

そして藤子が木原に惹かれることに私は説得力を感じませんでした。

男女の愛やら結婚やら親子やらといったようなことを描いておられるのですが、どうも入り込めませんでした。

藤子に視点を固定していればじっくりと堪能できたのに、と思えます。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 『え』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

「汁かけめし快食學」遠藤哲夫

Cimg2191_2

汁かけめし。

まず思いつくのはごはんに味噌汁をぶっかけたやつですよね。

これを「ネコまんま」というのかどうかという検証がありまして、私にとってはネコまんまとはごはんに鰹節と醤油をぶっかけたものなのですが、どうやら味噌汁派のほうが多いようで。

それ以外にもさまざまなバリエーションがあります。

各種の丼ものも汁かけめしといえるでしょう。

そしてカレーライスも。

このカレーライスについては著者もかなりページを割いて検証しておられます。

たしかに面白い本ではあるのですが、とにかく著者の文章に落ち着きがありません。

支離滅裂とまではいきませんけども。

いろんな文献から検証しておられるのはご立派ですが、汁かけめし擁護にかなりヒステリックなのも苦笑してしまいます。

なにをそこまでムキになるのかと。

汁かけめしが下品扱いされているというくどいほどの主張、そして懐石(会石)料理などに対しての過激な敵対心。

ここまでくると被害妄想です。

読んでいて「もうちょっと肩の力を抜いてゆるくいきましょうよ」と思ってしまいます。

そもそも汁かけめしなんてそういうものでしょ、と。

やたら権威に噛み付く癖がおありのようで。(笑)

食についてこのようなジャンルの本は貴重だと思いますが、ちょっと著者の主張にはついていけませんでした。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 『え』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする