2018年11月09日

「居酒屋おくのほそ道」太田和彦 画=村松誠

CIMG3363.JPG

松尾芭蕉「おくのほそ道」に倣って著者こと七星、イラストレーターの村松誠こと亀次の二人が旅に出ます。
目的はもちろん俳句? それとも居酒屋?・・・・。
以前に「東海道 居酒屋五十三次」という本で東海道を飲み歩いたお二人ですが、今回はおくのほそ道。
行く先々でいい風景、いい居酒屋に出会っておられます。
最初は真面目に俳句に取り組んでおられたお二人ですが、なんだか旅が進むにつれ俳句そっちのけで飲むほうに精を出しておられるような。(笑)
でも漠然とあちこち飲み歩くよりも、このようなテーマに沿って巡る旅というのは味わい深くていいですね。
俳句と居酒屋、なんだかしっくりくるじゃありませんか。
そういえば私も一時期俳句の専門誌に投稿していました。
最近はご無沙汰で、やはりこういうのは日頃から心掛けていないと咄嗟には出てきませんね。
飲むほうはせっせと皆勤賞なんですが。(笑)
さて、この本はいい紀行であり、いい居酒屋のガイドであり、そしてちょっと自分も俳句をやってみようかなと思わせる手引書でもあります。
東日本を巡ったこの旅の連載が終わったのは2010年3月。
東日本大震災が2011年3月。
心を痛めた著者はかつての地を訪ねられ、各店の店主と再会しておられます。
その様子は最後の「希望の光 あとがきにかえて」に書いておられます。
居酒屋という立場から復興を担い、それを支持するのはもちろんありです。
こういう日常からじわじわと立ち上がっていく。
ほんと、がんばれ東日本! ですね。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『お』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

「「噂の眞相」イズム 反権力スキャンダリズムの思想と行動」岡留安則

CIMG3276.JPG

25年にわたって「噂の眞相」の発行編集人を務めてきた著者。
2004年3月に惜しまれながら黒字休刊しました。
その後「『噂の真相』25年戦記」を出版し、本作が休刊後2作目の著書となるんですかね。
内容としましては、斎藤貴男氏との対談、休刊に至る5年間の編集長日誌、東スポに連載していたコラム、鈴木邦男氏との対談が収められています。
ボリューム的には編集長日誌がメインで、内容もやはりこれがいちばん面白い。
左ページにはあの名物“一行情報”も掲載されており、なんとも懐かしい。
毎月あの情報が楽しみで。(笑)
もうこのような雑誌は今後出てきませんかねぇ。
再刊してください、岡留さん。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『お』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

「穴」小山田浩子

CIMG3246.JPG

夫の転勤で田舎の夫の実家が経営する借家に引っ越してきた私。
ある夏の暑い日に見たことのない黒い獣に遭遇し、後をつけて土手の穴に落ちてしまいます。
穴から引き揚げてくれたのは近所に住む世羅さん。
ひたすら携帯をいじる夫、キャリアウーマンの姑、毎日いつ見ても黙々と庭に水播きしている舅、家の裏に住んでいるという義兄を名乗る男。
これは現実か夏の白昼夢なのか・・・・。
シュールな作品です。
専業主婦の日常を描いているわけですが、周りの人物たちはどこか非現実的で実は全く日常的ではなかったりします。
表題作の他2編収録。
「いたちなく」と「ゆきの宿」は連作です。
農村に越して新婚生活を始めた友達夫婦と主人公夫婦の交友が描かれています。
何がどうという話でもないのですが、これもまたどこか奇妙な雰囲気のある作品です。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『お』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

「本にだって雄と雌があります」小田雅久仁

CIMG3208.JPG

深井與次郎曰く、「あんまり知られてはおらんが、書物にも雄と雌がある。であるからには理の当然、人目を忍んで逢瀬を重ね、ときには書物の身空でページをからめて房事にも励もうし、果ては跡継ぎをもこしらえる・・・・」
與次郎の孫、博は小学校4年生の夏、初めて深井家の屋敷に1人で泊まります。
そのとき、まさにその事実を目の当たりにするのです。
そして大人になり、祖父與次郎の日記から與次郎とその妻ミキがどのように出会い、どのような人生を送り、どのように本と関わってきたのか、深井家にはどのような歴史があったのか、またどのような事実が隠されていたのか。
博はそれを解き明かしつつ、息子の恵太郎に語って聞かせます・・・・。
こりゃまたなんとも壮大な法螺話ですね。
実在する人物の名前も散りばめたりして、なんだか威厳のある本当のような噓の話になっています。
私的には與次郎とミキの出会いあたりが面白かった。
ちょっと森見登美彦的な雰囲気も感じたりして。
本がまるで生き物のように扱われているのですが、これが人間みたいに喋ってしまってはマンガです。
さすがにそのあたりはきっちりと線引きしておられますね。
ファンタジーといいますか、伝奇ロマンといいますか。
どういえばいいのでしょう、本を愛する物語であり、與次郎とミキの夫婦愛の物語であり、深井家の歴史の話であり・・・・。
なんともいえない雰囲気に浸れる作品です。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『お』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

「東海道 居酒屋五十三次」太田和彦 画=村松誠

CIMG3171.JPG

弥次喜多になぞらえて著者とイラストレーターの村松誠氏が東海道の居酒屋を飲み歩くエッセイです。
こういうテーマで飲み歩くのもいいですねぇ。
漠然と飲み屋をはしごするよりも風情があるじゃないですか。
東海道五十三次といえば思い浮かべるのがやはり歌川広重。
昔は安藤広重とも呼ばれていましたが、今は歌川広重が定着しているようですね。
広重の浮世絵に想いをを重ねつつ、それぞれの宿で酒を楽しむ。
紹介されている店はほぼ飛び込みのよう(?)です。
このようなぶらり旅的な飲み歩き、ぜひやってみたいものです。
でもお二人の移動は当然電車だったんでしょうね。(笑)
各章に村松氏のイラストが添えられているのですが、村松誠といえば『ビッグコミックオリジナル』の表紙のイメージが私にはあります。
ほんわりと柔らかく暖かな絵です。
なのでこのような絵を見るのはとても新鮮でした。
文中に『どこの店も、もう暖簾が入っていた』という記述があるのですが、『暖簾が入る』という表現は初めて見ましたね。
普通は『暖簾が出ていた』ですけどね。
このような表現があるのか著者の造語なのか。
『提灯に火が入る』というのはありますけども。
ところで太田和彦氏と村松誠氏って顔が似ているように思うのですが、どうでしょうか。(笑)
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『お』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする