2017年07月01日

「将棋ボーイズ」小山田桐子

CIMG3088.JPG

歩(あゆむ)と名付けられた少年の名前の由来は将棋の『歩』です。
将棋好きのおじいちゃんが名付け親。
『歩』も大出世して『金』になるんだと。
そんな歩が高校に入学して選んだのが将棋部。
もちろんそこにはいろんな人物がいます。
中でも抜群の才能を持つ倉持。
そのような将棋部の中で、歩はどのように成長していくのか・・・・。
というストーリーだと思って読み始めたのですが、まあたしかにそりゃそうですけども。
どうも構成がまず過ぎるんじゃないでしょうか。
章が歩と倉持の視線で交互に語られます。
初心者の歩と経験者の倉持との対比を描こうとされたのでしょう。
ですが、あまりにも中途半端です。
まずは視点を歩か倉持に統一せいよと。
わざわざプロローグで歩の独白を書いています。
当然そうなると歩の視点で基本を通すべきではないかと思うのですが、章ごとに視点が変わり、むしろ作者の思い入れは倉持でしょうか。
結局エピローグもなく最終章は倉持で終わり。
プロローグがあるのにエピローグは無し?
歩で始めたのなら歩で終わっていただきたかった。
歩のおじいちゃんは結局どうなったんでしょう?
将棋の対局については棋譜も図面もありません。
これは将棋を知らない人にも読める小説としていいと思います。
そういうのを挿入した小説もありますが、読者を限定しますしね。
ですがそのようなハードがないのであれば、対局中の心理描写などのソフトをもっとじっくり読ませてほしかったと思います。
手に汗握るような緊迫感のあるやりとり。
そういうのもない。
とにかく中途半端な印象の小説でした。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『お』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

「晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ(出張編)」大崎梢

CIMG3026.JPG
杏子は駅ビル6階にある「成風堂」で働く書店員。
長野県の書店で働く元同僚の美保から手紙が届きます。
今自分が勤めている老舗書店「まるう堂」に幽霊が出ると。
解決するためにこっちに来てほしいと頼まれ、杏子はアルバイトの多絵を連れて長野へ赴きます。
どうやら幽霊騒ぎは27年前の流行作家が弟子に殺された事件と関係があるようなのですが。
杏子と多絵は幽霊事件を解決することができるのか・・・・。
シリーズ第2弾です。
今回は長編。
杏子と多絵という女性の素人探偵コンビが事件を解決するという話なわけですが、う~ん、幽霊事件ですか。
赤川次郎のユーモアミステリーを思わせますが、出来がねぇ・・・・。
これは前作でも思ったのですが、どうもあちこちが甘いんですよね。
作者の中では渾身の仕込みなのかもしれませんが、読む側にとっては苦笑してしまうといったレベル。
女性の素人探偵コンビと幽霊事件という組み合わせがすでにそれなわけですが、ミステリとしてもゆるゆるです。
本格書店ミステリとありますが、これ本格なんですか?
はて、ミステリファンはこれを読んで納得できるんでしょうか。
ラベル:小説 本・書店
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『お』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

「痛風はビールを飲みながらでも治る! 患者になった専門医が明かす闘病記&克服法」納光弘

CIMG2967.JPG
痛風。
風が吹いても痛いなんていわれますが、風なんか吹かなくても痛いです。(笑)
その痛さは拷問系です。
私も一度発作に見舞われましたが、のたうち回ります。
ナイフでぐさっと刺されたほどの痛みです。(刺されたことないですけど)
んぎゃ~っ! と喚くほどです。
もちろん歩けません。
さて、この本の著者は痛風の専門医。
それがなんと痛風になってしまったんですね。
しかし転んでもただでは起きません。
さすがに医者、自分の体を実験台にしていろいろ研究。
その結果、ビールを飲みながらでも痛風は治せるというという結論にたどり着きました・・・・。
いやぁ、あっぱれです。
きっちりと自分の体でデータを取って証明しておられるので説得力があります。
その結果、極端なプリン体摂取や暴飲はよくありませんが、ごく普通に食事や飲酒をするぶんには問題ないと。
むしろ敵はストレスであるとのことです。
痛風といえばプリン体、プリン体といえばビールということになっていますが、実はビールのプリン体なんてたいしたことありません。
100g中10㎎以下です。
これは同じグラムの白米の半分以下です。
ビールは極めてプリン体が少ない食品の部類に入るのです。
つまりプリン体だけを気にするのなら、ビールよりも白米のほうが体によくないということになります。
ただビールを飲む場合100ccだけというわけにはなかなかいきませんけども。
それでも缶ビール15本ほど飲んであじの干物やレバー300グラムと同じくらいですからね。
問題はプリン体よりもアルコールでしょう。
ま、バランスのいい食事を心掛け、アルコールはほどほどにということです。
それは痛風に限らずでしょうけど。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『お』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

「奥薗壽子の ほのぼのほどほど 「家庭料理の底力」」奥薗壽子

Cimg2913

ナマクラ流ズボラ派家庭料理研究家。

著者の肩書きだそうです。

ラクして楽しく美味しい料理を作りましょうということなんですね。

たしかに毎日料理する主婦にとってはそうそう手間をかけていられませんし。

でもこの著者の料理はインスタントを使ったりしないんですよね。

だしの素とか。

ニンニクやしょうがもチューブを使ったりしません。

そして科学的根拠の無いことはやらなくていいと言います。

特に理由も無いのに昔からこのようにやってきたからというだけのことが料理には結構あると。

そんなプロセスは省いてラクしましょうということです。

手を抜いていいところといけないところの見極め。

それがツボであると。

この本では著者の家庭での食生活を書いたエッセイと、31の簡単レシピが紹介されています。

私もけっこうこの著者のレシピは参考にさせてもらってます。(笑)

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 『お』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

「まだまだ酔ってません 酒呑みおじさんは今日も行く」大竹聡

Cimg2840

前作「ぜんぜん酔ってません 酒呑みおじさんは今日も行く」に続いてのシリーズ第2弾。

著者の酔っぱらっての失敗談がこれでもかと紹介されています。

酔っぱらって重ねるその失敗談の微笑ましく馬鹿馬鹿しく悲しいことよ。

酒呑みというのはなんと愛すべき人種でありましょうか。

なんて、私は酔っぱらいにそれほど寛容ではありません。

酔ってテンション高く周りの迷惑顧みず騒いでいるような人を見ると、正直なところアホかコイツはと思います。

素面ではそんな言動できんくせに酒の力で大きくなりやがってと。

なので酔っぱらいは大嫌いです。

ですが自分のこととなると話は別です。(笑)

私は朝から酒を飲む人間です。

朝の6時台から西成の飲み屋で焼酎飲んでます。

旨いんだなぁ、これが。

そのまま1日中ダラダラと酔っぱらっていたりします。

なので失敗談も多数あります。

駅のホームから線路に落ちたこともありますね。

酔いつぶれて雨の中歩道で寝ていたこともあります。

そこらに転がっていて気が付けば財布がなかったり。

うん、やっぱり酒呑みというのは憎めませんね、はい。

というわけで、酒呑みおじさんは今日も行くのです。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 『お』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする