2019年04月01日

「銀河鉄道の父」門井慶喜

CIMG3433.JPG

詩人で童話作家の宮沢賢治。
彼はいかにして詩人・作家になったのか。
賢治は岩手県で質屋を営む政次郎の長男として生まれました。
その政次郎は賢治にとっては祖父である喜助に「質屋に学問は必要ない」と言われ、きっぱりと進学をあきらめた過去があります。
喜助はやはり孫の賢治にもそれを求めるのですが、政次郎は賢治に好きな道を歩ませます。
しかし賢治の言動は奇異です。
そんなちょっと変わり者の息子を見守る父政次郎の視点から描かれた、親子と家族の小説です・・・・。
まず思ったのは、なんとぬるい父親か、ということですね。
明治の男とはもっと子供に厳しくガツンと威厳のあるものだと思っていましたが、政次郎の賢治に対する言動はまるで過保護です。
親バカです。
せっせと資金援助もしてやります。
また賢治もそれに甘えてスネをかじっています。
どうしようもない息子といってもいいでしょう。
しかし賢治を見る政次郎はあくまで優しい。
賢治が晩年床に臥せた際には、眠れないという賢治にまるで幼児にするようにトントンと胸をたたいて歌まで歌ってあげています。
40歳前の男に、です。
個人的には非常によくわかります。
いくつになっても親からすれば子供は子供ですから。
30歳になろうが40歳になろうが。
しかしそれにしても、との思いがありますね。
しかも明治の男が。
ですが毅然としたところもあり、妹のトシの臨終に際してもそうなのですが、もうだめだとなると巻紙と小筆を用意し、遺言を書きとるから言い置くことがあるなら言いなさい、と言ってのけたりします。
子供に対してこれは言えませんよ、普通。
まあ過保護と書きましたものの、しかしそれは息子に対する父親の深い愛であるのは確かです。
どこまでが事実かはわかりませんが、このような父親、家族だったからこそ詩人・童話作家の宮沢賢治が誕生したのでしょう。
なんやかんや書きましたが、政次郎の賢治に対する愛、そして賢治の政次郎に対する愛、そして家族の愛、これらに感動したのは間違いありません。
しかしどうも素直に評価できない・・・・。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『か』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

「成功する人は生姜焼き定食が好きだ」笠井奈津子

CIMG3405.JPG

う~ん、この本はいったいなんと言ったらいいんでしょうか。(笑)
著者は栄養士であり、食事カウンセラーやフードアナリストなどをしておられるとのこと。
ビジネスマンを対象として企業研修などもしておられるそうです。
栄養学の本として読めば書いておられることはなるほどなと思う内容です。
アドバイスにしても、例えば『ラーメンはやめなくていい。「悪をなくすのではなく善を増やす」』というふうに、「ラーメンはあまり体に良くないのでお勧めできません」的なことはおっしゃらないんですよね。
夜中のインスタントラーメン、食べるのならせめて野菜を入れましょう、お酢をひと回しかけましょうとアドバイスされます。
マイナス思考ではなくプラス思考といいますか、ふむふむと思わされます。
これはこれでひとつの見識でしょう。
しかしどうも素直にふむふむと読めないのは、タイトルからわかるように食事のアドバイスにビジネスや恋愛を絡めておられるからなのかなと思ったりします。
するのですが、やはりこれまた間違ったことは書いておられないんですよね。
ざっくり言いますと、食事に気を使っている人は健康である → 健康であればバリバリ仕事ができる → 仕事ができる男は出世する、女性にモテる。
なるほど、と。
私からしてみればですが、ベクトルは正しい。
しかし微妙にズレてるんじゃないか、という気がするんですよね。
今まで周りにいませんでしたか?
「この人普通なんだけど、でもなんだかちょっと違う」という人が。
そんな読後感の本です。(笑)
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『か』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

「天才 勝新太郎」春日太一

CIMG3396.JPG

勝新太郎といえば私にとっては座頭市ですね。
逆に言えばそれしか知らないのですが。(笑)
しかし本人もこの役には相当入り込んでいて、自分でも勝新太郎なのか座頭市なのかわからなくなるほどだったようです。
そして制作の現場は脚本なんてあってないようなもの。
すべてその場その場の勝のひらめきで話を作っていったとのこと。
スタッフはたまったものではありません。
かなり壮絶な現場だったようですね。
自分で納得できない演技は絶対にやらない。
黒澤明監督と喧嘩して「影武者」を降りたのは有名な話。
そんな勝の役者として、そして制作者としての生き様が描かれています。
豪快で奔放なイメージの勝ですが、それを演じていた部分もあったようですね。
実際は人懐っこく繊細な人柄だったようです。
posted by たろちゃん at 03:18| Comment(0) | 『か』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

「天才たちの値段 美術探偵・神永美有」門井慶喜

CIMG3366.JPG

本物の絵を見ると甘味を感じ、偽物だと苦みを感じるという天才美術コンサルタント神永美有。
短大の美術講師である佐々木昭友との名コンビ(?)で美術に関する様々な難問を解いていきます・・・・。
表題作「天才たちの値段」は画商に声をかけられた佐々木が故・子爵の館を館を訪れます。
そこで出会ったのが神永です。
子爵が秘蔵していたボッティチェッリの絵を見せられるのですが、それは本物なのか偽物なのか。
本物なら世紀の大発見です。
しかし佐々木が見たところ、筆致は酷似しているものの微妙にボッティチェッリらしくない。
ですが神永は口の中に強烈な甘みを感じ、呟きます。
「これは本物です」。
さて真偽は・・・・。
美術に関わる謎を解き明かしていく美術ミステリーとでもいいますか。
専門的な知識が駆使され、上辺だけの美術ものではありません。
といっても私は美術について詳しいわけではないですけども。
しかしこれらの知識や情報ががっちりと本格感をもたらしているように思えます。
作者もさぞかし大変だったのではないかと。(笑)
続編も出ているようですね。
ぜひ読ませていただきましょう。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『か』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

「鴨川食堂」柏井壽

CIMG3358.JPG

京都は東本願寺の近くで食堂を営む鴨川流と娘のこいし。
料理雑誌に掲載された『〈食〉捜します』の1行広告を頼りに、看板もないこの店を客が訪れます。
もう一度食べてみたい料理を再現してもらうために・・・・。
思い出の料理を食べさせるという趣旨は食べ物を扱う小説やマンガとしてはけっこう安直でしょう。
目新しさはありません。
これをどのように読ませるか、ですが。
鴨川食堂は食堂であり食の探偵事務所でもあるわけですが、所長は娘のこいし。
でも彼女はただ客の話を聞くだけでなんの役にも立ってません。(笑)
実際に行動しているのはすべて父親の流です。
父娘で経営というのはありがちでパターンな設定ですが、それならもっと娘を動かしませんと。
客から聞いたヒントを頼りに料理を再現することについては、まあこんなものかなぁと。
セオリー通りの推理という気がします。
作品世界の設定については敢えて余計な説明を省いておられますね。
流の経歴についても具体的には語られていません。
間接的な言い回しで読者が察するように書かれています。
雑誌の広告についても同じく。
具体的にああだこうだという説明はありません。
第三話の客の正体についてもそうです。
これはこれで不親切なようですがいいと思います。
読者も自分で判断しませんとね。
でも流になぜそんなに料理の腕があるのか。
ちょっと苦しい気もします。
小説としては可もなく不可もなくといった印象でした。
ラベル:小説 グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『か』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする