2017年09月01日

「味覚極楽」子母沢寛

CIMG3106.JPG

明治・大正を生きてきた様々な人たちの語る味覚についての話。
その世代の人たちは味覚を通じ、何を語るのか・・・・。
序や後記の日付を見ますと昭和32年。
しかし記事が書かれたのは昭和2年で、東京日日新聞に連載されていたもののようです。
今から90年前ですか。
内容は作家である著者が新聞記者時代に各界の人たちに食について語ってもらい、それを聞き書きし、著者のコメントや後日談を添えたものです。
登場する人たちも子爵だとか伯爵だとか男爵夫人だとか、陸軍中将なんて人もいらっしゃいます。
いまとなっては聞くことのない肩書きの人たちがずらり。
その他の人たちも社会的な立場のある人たちばかりです。
読みましても「はぁ、そうでございますか」としかいいようがありません。(笑)
いや、肩書きがどうこうとかではなくて、この当時でそこまでのこだわりを聞かされ(読まされ)たらひれ伏すしかないでしょう。
現在のように飽食の時代ではありませんが、やはり食にこだわる人はこだわっていらっしゃる。
もちろんそれは今の若い人たちがキャッキャ言いながら話題にしているようなレベルではなく。
食にこだわるにもそれなりに社会的経済的な立場があってこそでしょうし。
今のように猫も杓子も食べ物について語れるという時代ではありません。
そんな中でしっかりと味覚に対してのこだわりを語っておられるんですね。
内容についてちらりと書きますと、面白かったのは銀座千疋屋主人の章で、「東京の料理屋ホテルなどで使う果物はあまりよくないものばかり。あんなものを客にすすめるのは感心しない。そこへ行くと星ヶ岡茶寮の主人は毎日自分で出かけて来て、その日のいい果物を持って行かれるが、これには私も感心している」という発言をしておられます。
この星ヶ岡茶寮の主人というのはいうまでもなく北大路魯山人
評価されています。
ですが医学博士の竹内薫兵氏はこう書いておられます。
「北大路君は偉い人だが、何だかこう見せつけるというようなところがあっていけない。(略)わざとらしい嫌味を私は感ずるのである」
なるほど、芸術に関してはちょっとアクが強かったようで。
「しかし、このうちの果物だけは、何時行っても感心する。まことに立派なものである」
ここで銀座千疋屋主人の発言と見事に一致するのですね。
こういうリンクが読んでいて面白く思います。
あとはまあ手巻き寿司についての記述もあったりしまして、
手巻き寿司の歴史に関しては諸説あると思うのですが、この時代からぼちぼちとそのような店が出てきたということが書かれています。
もっと後の時代になって某寿司屋が手巻き寿司発祥の店と語られていたりもしますが、いま一度検証が必要なのではと思いました。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『し』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

「小説 君の名は。」新海誠

CIMG3114.JPG

東京で暮らす男子高校生、立花瀧。
田舎町で自分が女子高校生となって暮らしている夢を見ます。
また田舎な糸守町で暮らす女子高校生の宮水三葉も東京で男子高校生になっている夢を見ます。
お互い最初はリアルな夢だと思っていたものの、どうやら2人は夢の中で入れ替わっていることに気づきます。
自分が相手の体になっているあいだは本来の自分の体の記憶はありません。
そして夢から覚めると相手の体で過ごしていた記憶が儚く消えてしまうのです。
2人は入れ替わっている間にノートやスマホで相手へのメッセージを残します。
最初は入れ替わっているあいだに勝手なことをするなと腹を立てたりしていたものの、だんだんと相手に想いを寄せるようになります。
ですがある日から急に入れ替わりが途絶えてしまいます。
瀧はうっすらと残る夢の記憶を頼りに糸守町を探し当て訪れるのですが、糸守町は3年前に隕石の落下で壊滅していたのでした。
被害者名簿の中には宮水三葉という覚えのある名前が。
ではあの入れ替わりはなんだったのか。
自分は3年前に死んだ人間と入れ替わっていたというのか・・・・。
大ヒットしたアニメ映画の原作小説です。
先にアニメを観てしまったせいか、ちょっと小説としてどうなのか判断できなくなってしまいました。(笑)
なにしろあらゆる場面でアニメの絵が浮かんでくるもので。
最初は読んでいてちょっと混乱しますね。
またアニメを前もって観ていなかったらちょっとわかりづらいのではないかと思える箇所もありました。
そのせいか話の中でつじつまが合わないのではと感じた所も。
ただ全体的にピュアで美しい小説ですね。
これもアニメの絵の美しさの影響があるかもしれませんが。
思春期の男女の入れ替わりとなるとコメディ路線になりそうなものですが、東京と田舎町で直接の面識はなく、彗星のエピソードなどを取り入れ、時空を超えた運命の出逢いといったような縦軸横軸ともにスケールのある話に仕上げています。
本好きとしましてはアニメを観る前に前知識なく読んでおきたかったと。(笑)
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『し』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

「活字博物誌」椎名誠

CIMG3078.JPG

「活字のサーカス -面白本大追跡-」に続いてのシリーズ(?)第2弾です。
内容としましてはやはり前作と同じくいろいろな本を紹介しているのですが、必ずしもその本を直接批評しているわけではありません。
自分の周りの出来事を語りその流れで本が出てきたり、逆に本があってそこからどんどん話が流れていったり。
なので書評集というよりは本にまつわるエッセイといったほうがいいかもしれません。
でも小難しい言葉で内容についてあーだこーだ書かれるよりも、このような形で紹介されたほうが「なんだか面白そうだな」と興味が持てます。
本書のあとにもまだ2冊刊行されています。
これらもすでに購入済み。
また楽しみに読ませていただきます。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『し』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

「女の橋」芝木好子

CIMG3058.JPG
由利子は築地で芸妓をしています。
当然周りにはいろんな男がいます。
中でも大野木という会社経営者は由利子にご執心で、ぞんざいには扱えません。
ですが成り上がりでやや品のない男です。
由利子には篠原という幼なじみの恋人がいるのですが、ダムの工事現場を渡り歩く電気技師です。
山の暮らしが多く、ほとんど東京に腰を落ち着けていません。
それだけに由利子の篠原に対する思いは深いのですが、大野木はそんな篠原の存在が気に入りません。
また柳井という若い医者もひたむきな気持ちで由利子に近付いてきます・・・・。
いつもそばにいない恋人を思う女、そんな女を自分のものにしようという男たち。
これだけの設定ですとごく普通の男女の小説なのですが、さすがに芝木好子、やはり舞台がいいんですね。
築地界隈という土地、さりげない着物の描写、お茶、笛、踊りといった芸能、陶芸などの美術。
そのような様々な小道具が作品を味わい深く品のあるものにしています。
それらに目利きな由利子のきりっとしつつも楚々でしなやかな雰囲気と、離れた土地にいる篠原を思うひたむきさがなんとも魅力です。
女の橋。
どのような状況を橋と表現するべきかは定義できません。
人によりその橋は様々でしょう。
由利子はその橋をどのように渡ったのか。
じゅうぶんに楽しませていただきました。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『し』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

「どら焼きの丸かじり」東海林さだお

CIMG2994.JPG
グルメエッセイといえば東海林さだおの“丸かじりシリーズ”。
これで30作目とのこと。
いやあ、すごいですね。
数えてみますと35本収録されています。
それが30冊ですからね。
ちなみに2017年2月現在で39作。
週刊朝日に連載されているのが単行本となり文庫本となるわけですが、週刊誌の連載ですから当然週に1本書くことになるわけで。
連載開始が1987年ですから、それを30年続けておられるということです。
これはもう偉業としか言いようがありません。
さて、今回は「どら焼きの丸かじり」ということで、収録作の中の「愛すべきどら焼き」が表題作といえましょうか。
まずはしっとりと茶色いあの見た目。
ビロードのような皮のふくらみ。
ツヤがあってテリがある。
そして手にずっしりと重い重量感に頼もしさを感じつつ、半分に割るときのムリムリ感、断層のタテにスカスカと霜柱がきれいに立ち並んでいる割れ目の描写と続きます。
もちろんカステラや餡の食感甘味についてもじっくりうっとりと語りつつ、幸せに浸るのです。
しかし、ふと現実に目覚め、疑問を持ち、検証に入るわけです。
どら焼きというのは下にカステラを敷き、餡を乗せ、上にもう一度カステラを乗せフタをしている。
だがあれはフタなのか?
フタをしてあるのか、かぶせてあるのか、のっけただけではないのか。
上と下の間にすき間があり、中の餡が見えているではないか。
フタならばすき間が無いようにもっと配慮すべきではないのか。
ちょっと自覚がないんじゃないか・・・・。
とまあ、ショージ君の追及はパラノイア的に続いていくのであります。(笑)
ここがミソなんですね。
他の収録作にしても、ただ何々を食べました、何々屋に行きましたでは済まない。
食べ物にはそれぞれ人格(?)があり、そこには食べ手との格闘がある。
店に行けば駆け引きがあり、ドラマがあります。
焼き肉屋に行って「さあ、焼き肉だ」と心を奮い立たせ、帝国ホテルにわざわざハンバーガーを食べに出かけ、団子屋に行って自分で団子を焼き、立ち食いそば屋で温にするか冷にするかで迷い、そばだけではなくうどんという手もあったのかとうろたえる。
食べることに勇猛果敢に挑みつつも躊躇逡巡し、一喜一憂喜怒哀楽、当たって砕けて泣き笑い、満腹満足不満足、抱腹絶倒丸かじり。
愛すべき小市民の姿がそこにあります。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『し』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする