2020年07月06日

「爆心」青来有一

CIMG3667.JPG

長崎を舞台にした短編集です。
タイトルからもわかるように長崎を原爆の被害地として捉えています。
といっても生々しく被爆を描いた作品ではありません。
むしろかなり間接的に描かれています。
例えば最初の「釘」という作品は、天主堂の見える“祝福された土地”に住む老夫婦が主人公。
結婚した息子が精神を病んで大きな罪を犯してしまい、老夫婦は先祖が頑なに信仰を守って暮らしてきたこの土地を手放さなくてはならなくなるという話です。
「蜜」という作品はちょっとエロティック。
人妻が近所の自転車屋の青年を誘惑するという話。
カトリックの家系でマリア様を祀った祭壇のある家に夫の両親と同居してる私。
自転車を修理に出し、しゃがみこんでさりげなく青年にスカートの中を見せたりします。
そして平和祈念式典で両親が出かける日。
医者である夫も勤務で家にはいません。
私は青年を家に誘います・・・・。
これもやはり直接被爆について書かれた話ではありません。
なのでどれも被爆小説ではなく、被爆地小説なんですね。
過去に凄惨なことがあったこの土地。
しかし生き延びた人たちはこれからも生きていかなければなりませんし、時間は流れ続けています。
生活していく中ですべての人が四六時中被爆被爆とは言ってられません。
何年も経ち、やがて被爆を知らない世代や他所から来た人たちも住み始めます。
過去に原爆を落とされたというこの土地で、人々はいろんな生活をしているわけです。
そして爆心地であるここは浦上天主堂があり、カトリック信者の多い土地。
そんな中で「釘」のように罪を犯してしまう人がいます。
「蜜」のように大勢の人たちが原爆投下の日時に合わせて祈りを捧げているときに、不義を働こうとする人もいます。
原爆の悲惨さを決して忘れ去られることなく真正面から訴えていくのはまさしく正道。
ただそれと並行して、そんな土地でもいろんな人間がいろんな人生を営んでいるんだと書く小説もまたあり、でしょうか。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『せ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

「知識的大衆諸君、これもマンガだ」関川夏央

CIMG3215.JPG

この本はマンガを憎む人に向けて書かれたとのこと。
電車の中でマンガを読みふける人は珍しくありませんが、それを嘆く人もまた多い。
いまやマンガは日本が誇る文化です。
それを嘆いてもしょうがないではないかと。
このような文化もあるのだということを認識してもらえたらとの趣旨だそうです。
たしかにマンガというと映画や文学に比べると下に位置するというイメージを持つ人は多い。
しかしマンガは決してそれらに劣るものではなく、むしろ最近ではマンガで育ち影響を受けた人たちが映画や文学で活躍していたりします。
海外で高く評価されている作品やマンガ家もいます。
この本では著者が評価するマンガ、時代を敏感に切り取ったマンガなどを紹介しておられます。
32作品。
「マンガ日本経済入門」石ノ森章太郎、「テレクラの秘密」成田アキラ、「美味しんぼ」雁屋哲・花咲アキラ、「ゴルゴ13」さいとう・たかお、「課長・島耕作」弘兼憲史、「沈黙の艦隊」かわぐちかいじ、など。
1988年から1990年にかけて書かれたものなので、時代を感じさせますね。
著者は決してすべてのマンガをいいとはおっしゃっておられません。
どうしようもないマンガについてはバッサリと切り捨てておられます。
そこなんですよね。
映画や文学に比べると裾野が広いだけにどうしようもない作品もまた多い。
もしかしたらそれがマンガが下に見られる一因かもしれません。
この本が書かれた時代は少年ジャンプの黄金期といえる時期です。
マンガに怒涛の勢いがあった時代ですね。
なので著者もメディアとしてのマンガをやや過大評価していた感がないでもない。
ただ一部のマンガ家や作品にはやはり注目に値するものがあります。
さて、今後のマンガはどのようになっていくのでしょうか。
ラベル:漫画本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『せ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

「先崎学の浮いたり沈んだり」先崎学

Cimg2533

著者は現役の棋士です。

現在は九段でB級2組。

失礼ながらトップレベルの棋士というわけではありません。

ですがエッセイはそこそこ面白い。

将棋の世界の裏側や棋士の本音というのはなかなか一般人が知ることのないものですが、それを軽妙に綴っておられます。

まあ将棋に興味のない人にとってはさほど食指の動く内容ではないかもしれませんが。

解説で酒井順子氏が『プロ棋士より将棋の上手いエッセイストは絶対にいないと思いますが、プロエッセイストよりエッセイが上手い棋士はここにいる』と書いておられます。

なるほど。

そして著者は将棋というネタ元を持っておられるわけで。

しかしエッセイストとして棋士の泣き笑いを描くのもけっこうですが、先崎さん、本職のほうでもぜひもうひとふんばりを。(笑)

ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 『せ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

「食べたつもりで」千宗之

Cimg2226

著者は裏千家の若宗匠とのこと。

タイトルからすればまさに食エッセイ。

食についていろいろと書いておられるんですけども、全体で見ればまあ食に限らない随筆集というところで。

しかし、う~ん、どれに関しましてもパッとしない。

といいますか、構成がまずいですね。

食に関してのエッセイがありーの、普通のがありーの。

小説までありーの。

著者があちこちに書いたのを1冊にまとめたわけですが、ちょっと内容にまとまり無さすぎです。

書かれている内容自体は別に悪くないんですけどね。

posted by たろちゃん at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 『せ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

「去年ルノアールで 完全版」せきしろ

Cimg2176

『ルノアール』という喫茶店で毎日のように時間をつぶす「私」。

個性的な客たちを観察し、妄想を膨らませます。

今日もまた『ルノアール』にてどのような出来事があるのか・・・・。

妄想エッセイという新ジャンルを生み出したとありますが。

別に嘘か本当かわからないネタでエッセイを書いているというだけで、新ジャンルでもなんでもないように思いますが。

むしろ小説としてはとても成り立たないのでエッセイということにして誤魔化しているような気もします。

ちょこっと読むぶんにはいいですけど、丸ごと1冊読むのに耐えるほどのレベルではないですね。

退屈でした。

ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 『せ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする