2019年12月11日

「素晴らしい一日」平安寿子

CIMG3560.JPG

デビュー作である表題作を含む6編を収録。
エリートの彼氏は使い込みがばれて会社をクビになり雲隠れ、自分が勤めていた会社も倒産して失業者になった幸恵。
30歳でこれといった特技もない女性を採用する会社もなく、貯金は減る一方です。
そこで思い出したのが元カレだった友朗に2年前に貸した20万円。
経営している小さな会社が行き詰まり、幸恵に借金を申し込んできたのです。
ちゃんと借用書も書いて実印に拇印まで押したにもかかわらず、1週間後にドロン。
当時はまあしょうがないやと思っていた幸恵ですがさすがに現在の状況でそんなことを言ってられず、友朗の現在の居場所を突き止め借金を返してと迫ります。
今でも2000万円近い借金がある友朗にそんなの返せるわけがありません。
それじゃあこれからお金を貸してくれそうな心当たりを一緒に回ろうと、何人もの女性のもとを訪れる2人ですが・・・・。
2人してお金を借りて回るという1日を描いています。
調子のいい楽天的な友朗、それに振り回される幸恵。
なぜ貸したお金を返してもらうために自分も一緒になって知らない女たちに頭を下げなければならないのか。
しかし友朗の天性のキャラのせいでしょうか、ようやく1日を終えた時にはなぜかハッピーな気分に。
チャラいけど憎めない男、それを許容してしまう心が広く逞しい女。
なんというか女のほうが一枚上手的な微笑ましい(?)設定は他の収録作にも見られます。
表題作は1日の出来事を濃密に描いているわけですが、作者が敬愛しておられるアン・タイラーの「ブリージング・レッスン」もそういえば何気ない1日を長編に仕立てた作品でしたね。


ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『た』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

「33年後のなんとなく、クリスタル」田中康夫

CIMG3551.JPG

1980年に発表された小説、「なんとなく、クリスタル」
当時はずいぶんと話題になりました。
それから33年。
大学生だった登場人物たちも今は50代。
ヤスオは主人公だった由利と再会し、当時の記憶と現在が入り交じります・・・・。
この小説の主人公ヤスオというのはもちろん作者の田中康夫氏です。
どこまでが実話かはわかりませんが、長野県知事時代のことなどもきっちりと記述しておられます。
知事以外にも参議院議員、衆議院議員、などを経歴してこられたわけですが、しかしこの小説の肩の力の抜け感はどうよ、と思いますね。
ことさらそれを誇示するわけでなく、あくまでもさらり淡々と書いておられます。
もちろんそれがテーマの小説ではありませんので当然ですけども。
あくまでただの経歴です。
今、目の前の快楽を享受する若者たちを描いた前作と、そのスタンスはなんら変わりないように思えます。
と言いましてもこの国の未来を憂う気持ちはひしひしと伝わってきますが。
前作は中身がないだなんだの評価も飛び交いましたが(私もそう思ってました)、今から思えばさりげないけどとんでもなくしっかりきっちりと日本の現在と未来を書いておられたんですよね。
最後に日本の出生率のデータが記されているのですが、私など当時はその唐突な提示に「なんじゃこりゃ」と思ったものです。
とんでもない。
今後の日本の未来をビシッと突き付けておられたわけです。
本作のラストはヤスオが黄昏時の光に向かい歩み出すシーンで終わります。
「微力だけど無力じゃない」という言葉が作中に何度か出てきます。
それぞれが自分の生き方で歩んでいく。
その結果・・・・まだ希望はありますよね。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『た』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

「迷惑メール、返事をしたらこうなった。 詐欺&悪徳商法「実体験」ルポ」多田文明

CIMG3542.JPG

迷惑メールっておそらく誰もが経験しているんじゃないかと思います。
アダルト、出会い、金儲け、たいがいそんなところでしょう。
どこでアドレスを調べたんだか、と思うことも多々ありますよね。
ほとんどの人は無視して削除していると思うのですが、さて、この迷惑メールに返事をするとどうなるのか。
著者が実験してみました・・・・。
この著者はルポライターであり、このようなことを実体験してルポすることを生業としておられる人です。
以前にキャッチセールについての著書を読みました。
今回は迷惑メール。
ただちょっとツッコミが甘いんですよね。
いい加減な業者であることが判明したので調査はここで打ち切った、みたいな。
いや、いい加減な業者なのはわかってやっているわけですから、そこで止めずにもっとツッコんでくださいよ、と。
で、各章の最後に『撃退3カ条』なんてのを書いておられる。
いやいや、これはそういう被害を受けないための指南書じゃなく、あなたがどこまで深く潜入するかが読ませどころでしょ、と。
イマイ記者とまでは言いませんが、やはりもっとシビアにツッコんで結果を提示していただきたかった。
なんて書くと、じゃあおまえはできるのかと反論されそうですが、もちろん著者ほどには関われません。
しかし私も実はこの手の類は好きでして、昔はよく返信したものです。
なぜ今でなく昔かといいますと、今は面白いメールがこなくなったから。
昔は出会い系もアルバイトのサクラ嬢がせっせと対応していまして、私もそれに対してのらりくらりと返信していたのですね。
そしたらサクラ嬢、私のそんな煮え切らない態度に「その気がないのなら返信しないでください!」と最後はブチ切れました。(笑)
知らない間に会員登録されていたサイトもありました。
そこから送られてくるメールに内容は書かずひたすら返信ボタンをクリックしてそのままブーメラン返信。
何度も繰り返していましたら『退会の手続きが完了しました』とのメール。
爆笑しましたね。
メールに書かれたアドレスをクリックしたらパソコンからピーピー音が鳴ったこともありました。
画面はど派手な色とフォントで何十万だかをすぐに払えと。
払わないと法的措置を講じると。
なんとも下品なセンスでした。
そしてこの画面が消えない。
ここですよね。
これでビビッてしまい、お金を振り込んでしまう人が多い。
もし会社のパソコンでこんなことになったらそりゃパニくるでしょう。
で、そんなのをどうにかこうにか削除し無視しておりましたら、またメール。
開いてみますと半額にするので払ってくれと。
もうアホかと。(笑)
もちろんこんなの無視でOKです。
というか、とにかく無視、削除、これでなんら問題ありません。
これはもうまったく著者のおっしゃる通りです。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『た』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月20日

「ヨーロッパ横丁たべあるき」田辺聖子

CIMG3521.JPG

作家・田辺聖子がヨーロッパの都市5か所をめぐった食べ歩き紀行です。
単行本として出たのが昭和54年。
今から40年も前になりますか。
訪問した先はローマ、ヴェニス、マドリッド、バルセロナ、パリ。
当時の海外旅行事情はどうだったのでしょう。
記憶にありませんが、今ほど気楽に行ける環境ではなかったでしょう。
あちこちの国を巡っての食べ歩きですが、しかしタイトルにもありますように目的は横町にある屋台のような店。
決して名だたるレストランを食べ歩く美食訪問ではありません。
高級なもちらりと入っていますけども。
やはり海外に行って食べ歩きとなりますとガイドブックに紹介されているような有名店ではなく、地元の人たちで賑わうような店に行きたいですよね。
実はこういう店のほうが高級店より敷居が高いんですけども。
マドリッドの小エビの鉄板焼きの店なんてたまりませんね。
新鮮なエビを激安でワイングビグビ。
こちらでいえば大阪は西成の立ち飲みホルモン屋みたいな感覚でしょうか。
やはり海外に行くからには地元の人たちが普段使いしている店に行きたいものです。
それを実行しておられるあたり、さすがのお聖どんですね。(笑)
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『た』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

「犬と鴉」田中慎弥

CIMG3519.JPG

時代はいつでしょうか。
近未来な気もします。
戦争が起こり、各家の傍には避難壕が掘られ、人々は壕に閉じこもっています。
主人公の父は戦争へ行き、それを追っていった母は戻ってきません。
野犬が闊歩する町中。
父は丘の上の図書館に籠城していると聞きます。
主人公は父に会うため図書館に通うのですが・・・・。
う~ん、シュールといいますか、難解な小説ですね。
私にはよくわからなかったのですが、しかし解説の平野啓一郎、さすがですね。
なるほど、ここまで読み解かなくてはいけないのかと。
さすがに純文学は奥が深いなぁ。(笑)
表題作他2編収録ですが、最後の「聖書の煙草」が私には面白く読めました。
意味はあまりよくわかりませんでしたけども。(笑)
ま、なんにせよ、親子の対立というのはありますよね。
特に父と子。
この家系の繋がりといいますか葛藤といいますか、こういうのは作者の追求するテーマなんでしょう。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『た』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする