2013年09月14日

「美味方丈記」陳舜臣 錦墩

Cimg2235
直木賞作家とその奥さんによる食エッセイ。

お二人で書いておられまして、どの文章をどちらが書いておられるのかはわかりませんが。

読んだ限りではひとつの章でも二人がかりで書いておられるような感じですね。

まあそれはどちらでもいいのですが。

お二人とも中国人なので取り上げておられる料理はすべて中国料理です。

決して食通ぶった内容ではなく、ご夫婦の掛け合いが微笑ましい内容でした。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ち』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

「さすらいの麻婆豆腐」陳建民

Cimg1777

日本において四川料理の父とも呼ばれる故・陳建民。

料理の鉄人として有名な陳建一氏の父上ですね。

そんな建民氏の料理人人生が書かれています。

タイトルどおりまさに中国のあちこちをさすらい、やがて日本にやってこられます。

やはり料理人としての資質だけではなく、経営者としても、そしてカリスマ性も持ち合わせた人だったのでしょう。

いろんな人たちからかわいがられ支持されます。

テレビの料理番組にも出演し、独特のキャラで人気者に。

それまで誰も知らなかった麻婆豆腐という料理を日本人に合うようにアレンジし、今や知らない人がいないほどに広めたのは建民氏です。

その他エビチリや坦々麺なども。

この本を読んでいますと驕ったところが全然ない人なんですね。

今の自分があるのも神様のおかげ、妻のおかげ、世話になったいろんな人たちのおかげ、みんなのおかげだと、毎日感謝の気持ちを忘れずに鍋を振っていらっしゃたそうです。

そんな氏が日本の料理界に残した功績は非常に大きいと思います。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ち』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする