2017年03月01日

「ぼくはマンガ家」手塚治虫

CIMG3010.JPG
天才といわれ神様といわれたマンガ家、手塚治虫。
亡くなってもう30年近くになりますか。
この本が最初に刊行されたのは昭和44年とのこと。
そして10年後に文庫化にあたって加筆され、この本自体はまた新たに編纂され平成12年の出版です。
自伝ですね。
宝塚歌劇が身近にあった少年期の芝居狂いの話から始まり、天文学、昆虫、落語などにも興味を示します。
もちろんそれらもマンガ家手塚治虫の礎になっているでしょうが、やはり漫画映画との出会いでしょう。
今でいうアニメですね。
戦時中の空襲の中でもマンガを描き、糾弾されたり手塚はもうだめだといわれたりもしましたが、亡くなる間際まで第一線で現役でした。
生涯に書いた原稿枚数は10万枚とも15万枚ともいわれていますが、そんな驚異的な仕事量の中で尚且つアニメも作っておられたのだからなんともいやはや。
というか、アニメを作るためにマンガで稼いでいたなんて話もあるくらいで。
つまり第一線のマンガ家になってもひたすらアニメへの夢を追い続けておられたんですね。
このあたりが手塚治虫の偉大さといいますか純真さといいますか、恐れ多いところです。
そのあたりの苦労話も本書には書かれています。
「鉄腕アトム」の功績は大きい。
しかしアニメーターの待遇面で手塚が悪い慣習を残したと批判する人もいます。
ですが日本で初めての国産テレビアニメの制作です。
現在のようにテレビにアニメが溢れかえっている時代ではありません。
まずはスポンサーに付いてもらわなければなりませんので、いきなり金額的に大きな条件を出すわけにもいきません。
本書でも赤字覚悟だったと書いています。
大失敗だったと。
しかしだからこそ今のアニメの隆盛があるともいえるわけで。
もし高い金額をふっかけて話がぽしゃっていれば、アニメ界は現在と違ったものになっていたかもしれません。
功罪あると思いますが、パイオニアであることは間違いないでしょう。
アニメにおいてもマンガにおいても。
あと10年、15年生きておられたら、どのような功績を残されたでしょうね。
ラベル:漫画本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『て』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

「人気アニメ・マンガのあり得ないミス200」鉄人社

CIMG2979.JPG
タイトルの通りアニメやマンガのミスを発見し指摘した一冊。
当然のことながらアニメもマンガも人の手によるもの。
ミスはあります。
作画上のミスで多いのは指が6本あるとか。
ついやっちゃうんでしょうねぇ。
長編マンガの場合、何年も経つと絵が大きく変化しているというのがありますけども、これをミスといってしまっては作者もつらいところでしょう。
どうしても変わってしまいます。
ただ「キャプテン翼」のように異様な体型に変わっていくのはちょっと不気味ですけど。
「オバケのQ太郎」ではオバQの毛が3本というのがトレードマークですが、最初は10本ほどありました。
作者の藤子不二雄A氏によると「気が付いたら減っていた」とか。
ストーリーが最初の設定はどこへやらというのはどうでしょう。
最初ギャグだったのがシリアスになったり、その逆だったり。
「キン肉マン」なんかそうですね。
もともとギャグマンガでした。
いつの間にか消えてしまったキャラなんてのもあります。
うかつなことを描いてしまって問題になり、連載打ち切りなんてのも。
これは「私立極道高校」が有名です。
アニメでは時間が足りず、まるで紙芝居のような状態で放映されたりする場合があります。
いろいろありますわな。
こういうので楽しむのは邪道かもしれませんが、ま、失敗したものはしょうがない。
『まちがったっていいじゃないか にんげんだもの』みつを(笑)
ラベル:漫画本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『て』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

「AERACOMIC ニッポンのマンガ 手塚治虫文化賞10周年記念」

Cimg2904

手塚治虫文化賞10周年を記念して出版されたムックです。

浦沢直樹をはじめとした受賞者たちの描き下ろし作品、インタビュー、対談など盛りだくさんな内容です。

その他編集者やアシスタントの密着取材なども。

巻末には幻の手塚マンガが掲載されています。

GHQが検閲用に収集した初期の短編が発見されたとか。

新事実なども確認され、新たに手塚治虫の歴史を知る貴重な資料となりました。

しかしこうやって見ると、手塚治虫という人がマンガ界に残した功績はあまりにも大きいということを痛感させられます。

彼がいなければ日本のマンガは有り得なかったといっても決して大げさではないんじゃないでしょうか。

どれだけの人が手塚治虫に影響を受け、マンガを描きはじめたことでしょう。

後継者たちのマンガが世界各国で受け入れられ、手塚自身もそうですが、高い評価を受けています。

その影響はマンガ界だけにとどまるものではありません。

いまやマンガは日本が誇る文化です。

その礎を築いたのが手塚治虫です。

しかしそれほどの手塚治虫が国民栄誉賞を受けてないんですよね。

オリンピックの金メダリストよりもその功績はよほど深く広く大きいのに。

日本の誇りであり栄誉な人物なのに。

愚痴になってしまいました。(笑)

なんやかんや書きましたが、この本、手塚治虫自身を取り上げた内容ではなく、あくまでも10年間の手塚治虫文化賞を記念して編まれた本です。

永久保存版の一冊。

ラベル:漫画本
posted by たろちゃん at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 『て』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

「二流小説家」デイヴィッド・ゴードン

Cimg2693

4人の女性を殺害して死刑判決を受けているダリアンから、小説家ハリーに手紙が届きます。

死刑が執行される前に事件の全貌を話すので執筆してほしいと。

これが本として出版されればベストセラー間違いありません。

ハリーは刑務所へ面会に行きます。

しかしダリアンはハリーに条件を出します。

全国から自分にファンレターを出してきた女性を取材し、その女性とダリアンの情交を小説にしろというのです。

気が乗らないながらもハリーは引き受けるのですが。

取材した女性の次々の死。

そしてハリーにも魔の手が迫ってきます・・・・。

550ページほどのたっぷりとしたボリュームです。

といってもあちらのミステリーってみんなけっこう長いですけどね。

途中に何度もハリーが書いている小説が挿入され、劇中劇のような構成です。

そして文学論なんてのも語られていますね。

これらが作者のちょっとしたお遊びのようでもあり、この小説に厚みを与えています。

主人公のハリーがちょっと頼りない3枚目的なキャラという設定には親しみを感じました。

ハードボイルドの主人公のようなのはちょっとね。

ミステリーとしては当然でしょうが、最後まで事件の真相がわからない展開もよかったと思いました。

ダリアンは刑務所にいるにもかかわらず、同じ手口の殺人が次々と起こるのです。

ハリーさえも付け狙うその犯人とはじゃあいったい誰なのか。

ダリアンとその人物の関係が今まであきらかにされなかったことに疑問を感じましたが。

ですが、まずまず楽しめました。

ラベル:海外小説
posted by たろちゃん at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 『て』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

「父・手塚治虫の素顔」手塚眞

Cimg2503

天才マンガ家、故・手塚治虫

マンガの神様とまでいわれています。

もしこの人がいなければ現在のマンガはまったく違ったものになっていたかもしれません。

そんな偉人の息子が書いた本がこれです。

アシスタントや編集者という立場からではなく、息子から見た手塚治虫。

どういう父親であったのか。

そして子供の立場から見たマンガ家手塚治虫の仕事は。

いやはや、改めて手塚治虫の超人ぶり天才ぶりを思い知らされる内容です。

貴重な写真の数々、そして身内ならではのエピソード。

もし何十年後に手塚治虫という人物を語るならば、この本は資料として重要な一冊となるでしょうね。

ラベル:漫画本
posted by たろちゃん at 03:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 『て』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする