2018年12月27日

「海の見える街」畑野智美

CIMG3389.JPG

海の見える街にある図書館で働いている司書の本田。
ある日その図書館に春香という一年契約の若い女の子がやってきます。
本も読まず常識もなく、いかにも最近の若者といった感じの彼女に本田や同僚の日野さんも振り回され持て余し気味。
しかし徐々に彼らの心情に変化が訪れます・・・・。
各章ごとに語り手を変えて話が進みます。
視点が変わることによって主観も変わるわけで。
それぞれの登場人物の心情が分かりやすく語られます。
当たり前のことですが人それぞれに生活があり、それまでの過去があり、そして今があるわけで。
それらの糸が編まれてお互いに影響し合い、1本の紐となりストーリーになるんですよね。
人とのつながりが話を生むんだなぁと思わせられます。
ほのぼのと心に染み入るような小説でした。
ちなみに「海の見える街」というタイトルはどうなんでしょう。
以前に読んだ「国道沿いのファミレス」もそうなんですけど、そのまんま過ぎてあっけない。
もうひとひねり欲しい気がするのですが。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『は』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

「キネマの神様」原田マハ

CIMG3318.JPG

国内有数のデベロッパー(再開発企業)に勤める歩は39歳の独身女性。
巨大再開発プロジェクトの計画立ち上げに関わり、シネマコンプレックスを中心とした文化・娯楽施設担当課長に抜擢されます。
しかし業者と通じて職権乱用しているとの身に覚えのない噂が流れて左遷の辞令。
歩は辞職します。
同時期、映画好きでギャンブルが生きがいの父が倒れ、多額の借金も発覚。
医療費、借金の返済。
年収1000万の大手企業課長の娘に両親はそれとなく期待するのですが、いまや無職の身です。
それをなかなか言い出せなくて。
ある日、父が映画雑誌のブログに歩の文章を投稿するのですが、これがきっかけで歩は編集部に採用され、また父の文章が面白いとブログで連載することに。
ここから歩や父親の生活は想像もしなかった展開になります・・・・。
デベロッパーの女性課長という設定は以前に読んだ作品にもありましたね。
この設定がお好きなようですが、マンネリです。(笑)
さて、この小説はタイトルからもわかるように映画をモチーフとした作品です。
そこにブログというツールを取り入れて、これは今どきの設定ですかね。
ただちょっと感覚がズレているのが気になりましたが。
こういうのを取り上げるときは、ほんと最先端の感覚でないとつらい。
腐臭が鼻についてしまいます。
それはそれとして、父親の記事に対してローズ・バットという謎の人物がコメントするというやりとり。
これが話を盛り上げます。
登場人物の、そしておそらく作者の映画への思いが存分に込められています。
映画をモチーフにしつつ、家族、なにより映画好きな男同士の友情が熱く語られています。
ちょっと甘い話ではありますが、わくわく感動しつつ読みました。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『は』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

「サザエさんの東京物語」長谷川洋子

CIMG3314.JPG

著者は「サザエさん」の作者である長谷川町子の妹です。
そのような立場から見た長谷川家はどのような家庭だったのか。
長谷川町子とはどのような人物だったのか・・・・。
いまや国民的アニメである「サザエさん」。
日曜日の夜には欠かせない番組となっていますよね。
それだけに「サザエさん症候群」なんて言葉も生まれたりして。
誰もが知る「サザエさん」ではありますが、原作者が長谷川町子という人物だいうのはアニメのクレジットでけっこう皆さんご存知でしょう。
しかしアニメではなく原作を読んだことがあるということになると、その数はガクンと減るのでは。
ましてや長谷川町子がどのような人物であったのかとなると。
この本にも書かれていますが、晩年に日本漫画家協会・文部大臣賞を受賞した際、あまり人前に出たがらない長谷川町子氏が出席されたのだとか。
誰もまさか長谷川町子が出席するわけはないだろうと思っていた中での出席。
「パーッと花が開いたように脚光を浴びて会場に現れた」とのこと。
「動く長谷川町子を初めてみた」と会場はどよめいたそうです。
こうなるともう伝説の人物ですね。(笑)
で、この本の内容ですが、決して長谷川町子伝ではありません。
あくまで主人公は著者です。
長谷川町子の素顔についても語っておられ、またいくつかの写真も添えられてはいます。
ですがこれはあくまでも著者のエッセイです。
著者から見た長谷川家の記録。
これはこれで興味深く読ませていただきました。
しかし「サザエさん」という言葉を使うのは便乗的だなという気がしましたね。(笑)
ラベル:漫画本 エッセイ
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『は』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

「羽生善治 闘う頭脳」羽生善治

CIMG3257.JPG

羽生善治。
将棋棋士です。
先日永世七冠を達成し、大きな話題になりましたね。
国民栄誉賞まで受賞しておられます。
プロ棋士になって30年以上。
89年に竜王のタイトルを獲得して以降、いまだに7大タイトルのうち何らかのタイトルを保持し続けています。
これってとんでもないことです。
タイトルに全く手が届かず引退していく棋士がほとんどの中、30年ものあいだつねにタイトルを保持しているのです。
そして永世七冠達成。
天才以外の何物でもないですね。
そんな羽生の頭脳とはいったいどうなっているのか。
この本ではいろんな人との対談やインタビューで、思考力、勝負力、発想力、人間力、持続力について語っておられます。
これはなにも将棋に限らず、ビジネスや人生にも通じる蘊蓄といえるでしょう。
羽生の人間としての器の大きさも感じさせるいい一冊だと思います。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『は』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

「素数たちの孤独」パオロ・ジョルダーノ

CIMG3190.JPG

アリーチェは幼少期スキー中に事故に会い、脚に一生癒えない傷を抱えます。
そして拒食症であり、周りのリーダー的な女の子に憧れているものの仲間に入ることができません。
いっぽうマッティアは飛びぬけた数学の才能を持っていますが心にトラウマを抱え、誰とも打ち解けようとしません。
自傷癖があり孤独に生きています。
そんな2人が同じ高校で出会います・・・・。
アリーチェとマッティアの友情であり恋愛を描いているのですが。
う~ん、だからなんなのという印象しかなかったですね。
それぞれ心に傷を抱えた2人の思春期の繊細さや、そこから逃れられない重さのようなものは感じましたけども。
なのでけっこう暗い話ではあります。
ですが読後感はさほどでもなかったですけどね。
イタリア最高の文学賞であるストレーガ賞を受賞し、200万部のベストセラーになった作品だとのこと。
私にはそこまでとは思えませんでした。
ラベル:海外小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『は』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする