2017年01月22日

「六人いた!写楽 歌麿と蔦屋がプロデュースした浮世絵軍団」橋本直樹

CIMG3000.JPG
寛政6年(1794年)5月に突如現れ、寛政7年2月までのあいだに140枚ほどの作品を残し消え去った浮世絵師、東洲斎写楽。
その正体はいまだ謎に包まれています。
いろんな人が研究をしておられますが、現在ではその正体は能役者の斎藤十郎兵衛であったというのが有力視されているようです。
ですがこの本ではなんと写楽は六人いたと主張しておられます。
興味あるではないですか。
ということでワクワクしながら読んでみたのですが・・・・。
う~ん、これ、もしかしてトンデモ本では。(笑)
最初はまあよかったんですけど。
でも読み進めるにつれ、かなり無理のあるこじつけ的な解釈をしておられるように思えました。
そして主張が二転三転するのも落ち着きないですし、それって著者の中で確信がなく迷いがあるということなのか、もったいぶった演出なのか。
で、結局はタイトルの主張に落ち着くわけですが、巻末に補遺を添え、おまけにまだ補足説明まで添えておられます。
なんといいますか、著者は相当くどい人のようです。
内容も支離滅裂とまではいいませんけども、ちょっとイタイですね。
まあこれはこれでひとつの説ではあるでしょうけど。
真実は藪の中ですが、もしかしたらこの本の主張がズバリ的中しているかもしれません。
かなり苦しいですが。(笑)
ちなみにNHKのドキュメンタリーで写楽の特集をやっていましたが、女性の研究家が写楽を検証しておられました。
その人は能に目を付けておられまして、写楽の描く役者の顔が能面に分類できるというんですね。
これはなるほどと思いました。
かなり説得力がありましたね。
そうなると能役者であった斎藤十郎兵衛がやはり有力に思えてきます。
しかし短い期間でまるで別人のように変わる作風や落款の違いなどを見ますと、複数説もありのような・・・・。
興味が尽きませんね。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 『は』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

「こたつ」原宏一

CIMG3006.JPG
美津子にプロポーズした“おれ”。
しかし美津子は黙り込んでしまいます。
ようやく口を開いて出てきた言葉は「むずかしい家なのよ、うちって」。
実は美津子は全国的にも名の知れた由緒正しい家元のお嬢様だというのです。
詳しく訊いてみると、なんと実家は『こたつ道』の総本家とのこと。
大事な跡取り娘であるからして、結婚相手は家元が認めた師範級の人物でなければならないのです。
『こたつ道』がどのようなものかわからないおれですが、勢いでおまえと一緒になるためなら師範になってやると宣言します。
そしてこたつ修行が始まるのですが・・・・。
作者の原宏一氏といえば、購入したマイホームの床下に仙人のような風貌をした男が住居を作って住み着いていたという「床下仙人」や、ファミレスなどに押され寂れていく一方の大衆食堂業界が起死回生策としてかつ丼推進キャンペーンを企画する「かつどん協議会」など、ユニークな設定が持ち味の作家さんです。
今回は『こたつ道』。
これがまたしっかりと作法のディティールが作り込まれているんですね。(笑)
『片手三寸足払い』、『序寒』、『火くべ』、『掛け』、『入り』、『呆』、『悦』、『抜き』・・・・。
華道や茶道のように、本当にこのような伝統芸道があるのかと思わせられます。
話もドタバタに展開するわけではないので、妙なリアリティがあるんですよね。
そのぶん小じんまりとした印象で突き抜け感はありませんが、もちろんベクトルはそちら方面ではありませんのでこれで結構。
他、関東のはずれにある港町の町長が町のハリウッド化をぶち上げる「町営ハリウッドムービー」が収録されています。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『は』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

「まだある。 今でも買える“懐かしの昭和”カタログ ~食品編~」初見健一

CIMG2963.JPG
昔懐かしく今も“まだある”食品をオールカラーで紹介したカタログ的な一冊。
表紙にもその一部の商品の写真があります。
チェリオやメロンシャーベットなんて子供の頃よく買いました。
この本の発行は2005年。
今から10年以上前になりますので、この頃は“まだある”商品も現在は製造中止になってしまったものもあるでしょう。
表紙にもあるカルミンなんかそうですね。
2015年で生産終了。
今でいうフリスクみたいなものでした。
あれほど刺激は強くありませんけど。
ちなみにカルミンとはカルシウム+ミントのことだとか。
カルシウム補給のサプリメントでもあったわけです。
その他、サクマ式ドロップス、サイコロキャラメル、パラソルチョコレート、クッピーラムネ、チャオ、シャービック、パレード、純露、などなど・・・・。
商品自体もそうですが、コマーシャルもまた懐かしく思い出します。
特に歌ですね。
マーブルチョコレートの「マーブルマーブルマーブルマーブルマーブルチョコレート♪」だとか、パラソルチョコレートの「トーレコチョ♪トーレコチョ♪」だとか。
この本でも触れられていますけども、東ハトのCMソングが秀逸。
オールレーズンのノスタルジックなメロディーなんかいいじゃないですか。
新商品がどんどん出てきて、いつのまにやら「あの商品はどこにいった?」というのが珍しくありません。
今のうちにしっかりと楽しんでおくべきか。(笑)
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『は』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

「花祀り」花房観音

Cimg2894

京都の老舗和菓子屋『松吉』で菓子職人の修行をしていた二十二歳の桂木美乃。

ある夜、あこがれの和菓子職人で『松吉』主人である松ヶ崎に大人の世界を見せてやると連れ出されます。

一流の和菓子職人を目指すのなら艶がないといけないと。

美乃にいちばん欠けているものがそれだと。

運転手付きの車で町屋風の一軒家に連れて行かれた美乃。

座敷には旦那衆が集まっています。

有名な僧侶、お茶屋の若旦那、高名な茶道家、呉服屋の主人、大学教授、国会議員など。

「男を知らん女なんぞ、なにをやっても一流になれない」と松ヶ崎に言われ皆の前で裸にされ、あらゆる恥辱まみれの行為をされて処女を奪われる美乃。

その後数年、店で菓子の修行をしつつ定期的に一軒家で調教され、男たちの奴隷となります・・・・。

第一回団鬼六賞大賞受賞作です。

いやぁ、やらしいですねぇ。(笑)

作者が女性ということに驚きました。

読んで実は男性が女性を騙っているのではないかと思ったのですが、れっきとした女性です。

言葉にしろ行為にしろ、それほど男目線なエロさに私には感じられました。

男のエロツボを心得ておられるのか女のツボも同じなのか。

京都を舞台としているということで、女性器の名称も関西の3文字が使われているのが大阪人の私の股間に響きましたし。(笑)

しかしまあ粋だの艶だの修行だのといいつつ、ひたすら変態プレイに没頭する登場人物たちはある意味ギャグです。

スポ根マンガが見ようによっては笑いのネタになるのと同じようなものですね。

楽しめました。

この作家、今後も追いかけていこうと思います。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 『は』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

「楽園のカンヴァス」原田マハ

Cimg2820

2000年、倉敷。

大原美術館で監視員を務める早川織絵は学芸課長小宮山に呼び出され館長室に連れて行かれます。

そこで館長の宝尾と共に待っていたのは暁星新聞社の東京本社から来た文化事業部長高野でした。

暁星新聞社はこのたび東京国立近代美術館と組んでアンリ・ルソーの展覧会を開催する予定だといいます。

その展覧会にニューヨーク近代美術館(MoMA)所蔵の『夢』を借りることができるかもしれないとうのです。

しかしMoMAのチーフキュレーターであるティム・ブラウンが条件を出してきました。

交渉の窓口に早川織絵を起用せよと。

あのMoMAのチーフキュレーターがなぜ日本の地方美術館で一介の監視員をしている織絵を指名してきたのか。

そして話は1983年のニューヨーク、バーゼルへと飛びます・・・・。

いやぁ、読まされましたねぇ。

まず冒頭で一介の美術館監視員である織絵が実は・・・・という軽いジャブがあり、その後は過去に遡ってティム・ブラウンに視点が移り、織絵との関わりが描かれていきます。

ここでルソーについての人物や作品についての謎が提示され、ピカソの存在も絡んで。

ミステリーの要素があり、織絵とブラウンの対決といった展開が話を盛り上げます。

いろんな絵画も登場し、思わず自宅にある画集を引っ張り出してきて見直したりもしました。

特にルソー。(笑)

名画というのは神秘的な魅力がありますね。

画家は絵にどのようなメッセージを込めたのかとか、意外な意図があったりだとか、本当にその画家の手によるものなのか贋作なのかとか。

過去の人であり作品であるだけに謎も多い。

そんな名画の魅力を上手くミステリーに仕立てた秀作だと思います。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 『は』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする