2015年02月10日

「ふらんす料理への招待」日影丈吉

Cimg2550

まず最初の章で読者にフランス料理に高級なイメージを持っていないかと著者は問いかけます。

普通なら決してそんなことはないというところですが、「高級という点は認めてもいいが」ときます。(笑)

ただし「様式的な格式ばった食事は、フランス料理の本質とはなんの関係もない」と。

なんやらようわかりませんが。

この本の内容の初出は1971年と1976年。

今と違い、まだ一般庶民にはフランス料理が馴染みない時代です。

そんな時代にフランス料理を啓蒙しようとしたのは立派。

でもフランス料理といってもピンキリでして、当然ながら一般的なフランス人の食事は決して高級ではありません。

日本でいえば料亭クラスの料理を日本人が毎日食べているわけじゃない。

そんなのは特別です。

この本ではレストランの料理を焦点にして語っておられるので、「高級という点は認めてもいいが」となってしまうのですね。

フランス料理といえばレストランというのがやはり時代を感じさせます。

もちろん今もそうなんですが。

70年代は街中に気さくな店などなく、高級ホテルのレストランで食べる料理という時代でしたし。

なのでこの本はフランス料理への招待というよりも、フランス料理店への招待といったほうがいいかもしれません。

ちなみにこの著者はミステリー作家ですが、フランス料理に対しての造詣は深く、帝国ホテルの村上信夫氏やホテルオークラの小野正吉氏といった伝説のシェフたちを君付けで呼んでおられたような立場です。

すごい。(笑)

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ひ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

「謎解きはディナーのあとで」東川篤哉

Cimg2459

宝生麗子は国立署の刑事です。

しかし実は世界に名を轟かせる『宝生グループ』のお嬢様。

ちょっとマヌケな上司、風祭警部は『風祭モータース』の御曹司。

コンビで難事件に挑みますがいつも壁にぶち当たります。

麗子には影山という執事兼運転手がいます。

難事件を相談すると慇懃無礼な口調で麗子を小馬鹿にしつつ、しかし鋭く事件の謎を解き明かしていきます・・・・。

バカミスとまでは言いませんが、まあそれに近いノリのミステリーですね。(笑)

ユーモアミステリーといいますか、文章は読みやすく笑いもあります。

通なミステリーファンは苦笑するかもしれませんが、一般読者には抵抗なく受け入れられる作品ではないでしょうか。

やや古典的でベタですが正統派の謎解き小説であるのはたしかです。

なのでミステリー入門に適した一冊ですね。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ひ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

「タモリ論」樋口毅宏

Cimg2450

誰もが知る芸人タモリ。

30年以上も「笑っていいとも」で昼の生放送を続けてきました。

これはたいへんなことです。

でもお笑い芸人としての本領といいますか、この人の本来のすごさは発揮されていませんでした。

というかテレビでこの人の真髄に触れるのは無理なのかも。

というわけで、この「タモリ論」ではどれほど深くタモリという芸人に切り込んでくれるのかなと期待して読んでみたのですが。

なんですかこれは。

どこが「タモリ論」なんでしょう。

ただ単に著者がタモリに対する思い入れを語り、「笑っていいとも」の思い出を語る。

そして「お笑いBIG3」としてビートたけしや明石家さんまについて語る。

なんとも浅く生ぬるい内容です。

よくもまあ「タモリ論」なんてタイトルをつけられたものです。

posted by たろちゃん at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ひ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

「パパは牛乳屋」弘兼憲史

Cimg2420

『パプアニューギニア』と『パパは牛乳屋』って似てますよね。

そんな馬鹿馬鹿しいダジャレ感覚の言葉を集めたオヤジギャグ的な一冊です。

これはもうどうこう説明の仕様がない。

紹介されている作品をいくつか挙げておきましょう。

『ハーゲンダッツのアイス』と『禿だっつーうの! アイツ』

『もろ差しで寄り、下手出し投げ』と『モロ出しで寄り、下を出し逃げ』

『フランケンシュタイン』と『腐乱検死体』

『とんとんとんからりと隣組』と『ドンドン戸ガラリと怒鳴り込み』

『細木数子』と『屁こき家族』

『読売ジャイアンツ』と『押し売りじゃん、アイツ』

などなど。

著者のコメントもまた笑えます。

まあとにかくひまつぶしには最適な一冊です。

ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ひ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

「Chef's special」檜原まり子

Cimg2419

雑誌編集者の榊隆生がフランスフードフェアで出会ったのはまるで少年のような星川隼人。

しかし隼人はパリの三つ星レストランでソーシエを務めたほどの一流シェフ。

隆生は料理に一途な隼人に惹かれていきます。

また隼人も隆生を・・・・。

ついにBL小説に手を出してしまいました。(笑)

といいましてもその世界には興味ありません。

あくまでもグルメ小説ということで手にしたわけですが。

ですがまあついでにBLの世界とはどんなものかと。

料理に関しましては思いのほか突っ込んで書いておられると思います。

上辺だけをなぞっているという印象はなく、グルメ小説として耐える土台があると思いました。

ただ店の説明で「小さなビストロ」とあるのに「四人がけのテーブルが二十程」ってどこが小さいんだか。

あるいは隼人のアパートが「十五帖ほどの小さなワンルーム」とありますが、ワンルームで十五帖ならぜんぜん小さくないでしょう。

ちょっと作者の広さの感覚が一般とは違うようで。(笑)

メインはやはり隆生と隼人の恋愛なわけですが、さすがに男性でノンケの私からすれば「それありき」で書かれている話運びにむず痒い気がしました。

女性からみた美しい男性愛ですよね。

でも大雑把に言えば、少女マンガや少女小説の男と女を単純に男同士に置き換えたという構造です。

しかしこういうジャンルの読者はほとんど女性ですが、いったいなにを求めているのでしょう。

エロい描写もありますのでオナニーのネタなんでしょうか。

男女の恋愛話には飽きたということなんでしょうか。

でも本屋でこのジャンルのコーナーで本を物色しておられる女性ってまず現実の恋愛には縁がないような人がほとんどですけどね。(と私は思います)

男性のオタクといわれる人たちが美少女モノに群がるようなものなんですかね。

ま、それはともかくとしまして、男同士の恋愛とセックスという設定が許容できればそれはそれで楽しめる一冊(ジャンル)ではないでしょうか。

ラベル:グルメ本 小説
posted by たろちゃん at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ひ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする