2018年09月22日

「女ざかり」丸谷才一

CIMG3341.JPG

南芳子45歳は大新聞社『新日報』の論説委員。
元首相が発言した妊娠中絶と産児制限についての暴言を論説で取り上げます。
どうやらこれがどこかの大物(?)の逆鱗に触れたようで、会社に圧力がかかり、事業局へ配置転換させられそうになります。
しかし芳子はこれを拒否。
断固戦う決意をし、何者の手によるものか探りつつ、友人、愛人、家族を使って反撃を開始します・・・・。
丸谷才一といえば旧仮名遣いで文章を書くことで知られていますが、この作品ももちろんそう。
しかしまったく気になりませんでした。
意外と馴染めるものですね。(笑)
なにより内容が面白かったのも大きいと思います。
ユーモラスな文章で飄々と書かれており、あちこちに笑える表現があるのですが、これ書かれている内容はかなりスケールが大きいですよ。
サラリーマン一個人の移動だの左遷だののレベルではありません。
首相や幹事長なんて人物まで巻き込み、しかも新聞記者とはいえ芳子は首相官邸の奥の奥まで乗り込んでいきます。
官邸内の描写が実にいい。
さて結末は・・・・。
いやあ、王道を行くエンタメ小説であり、しかしきっちりと文学してます。
堪能しました。
満腹、満足。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

「なぜ宇宙人は地球に来ない? 笑う超常現象入門」松尾貴史 著 しりあがり寿 画

CIMG3335.JPG

世の中怪しげというか胡散臭いものがいろいろありまして。
そんな中のひとつが宇宙人でしょう。
はたして宇宙人というのは存在するのか。
存在しているとしてなぜ地球に来ないのか。
ということを検証した本です。
といいましても丸々一冊宇宙人についてではなく、いろんな超常現象について書かれています。
第一章、宇宙・UFO・古代文明
第二章、超能力・疑似科学・思い込み
第三章、伝説・迷信・デマ
第四章、占い・呪い・お祓い
第五章、神様・仏様・トリックスター
第六章、印鑑・水・ヒランヤ
第七章、火の玉・幽霊・動物霊
第八章、動物・植物・U.M.A
宇宙人については科学者たちも否定してはいません。
ただそのような知的文明があるとすれば地球から何百光年から何万光年も離れており、光と同じ速さで飛んできてもそれくらいかかるということで、誰が好き好んでそんな時間をかけてまで地球に来るかと。
しかもやって来てなにするのかと言えば、麦畑を踏みつぶしてミステリーサークルなるものを作ってみたり、牛を切って血を抜いてみたり。(笑)
もったいぶってUFOでチラッと姿を見せるだけだったり。
まあそうですよねぇ。
苦労して何千年も何万年もかけてやって来て(来れませんけど)、子供のイタズラみたいなことしてなんになる。
占いなんてのも好きな人いますね。
特に女性。
なぜあんなのを信用する気になれるのか。
風水だのパワーストーンだのもそうですよね。
そういった類を笑い飛ばしてくれる楽しい一冊です。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

「風俗ゼミナール お客様編」松沢呉一

CIMG3303.JPG

意外とありそうでない風俗のガイドブック。
訊きたいことがあってもなかなかそういう人が周りにいなかったり。
まあ今はネットでいろいろ調べられますけど。
ただデータは調べられても心構えまで教えてくれるものはないと。
というわけで風俗ライターでもある著者が一肌脱いだわけです。
サブタイトルに「お客様編」とあるように、客にとって気になること知りたいことがいろいろと書かれています。
人気嬢と遊ぶには。
ボッタクられない方法。
性感染症になる前に。
いい客になる条件。
などなど。
巻末には歌舞伎町や上野の人気店店長との座談会も収録。
店の裏事情もわかって楽しい一冊となっています。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

「パンク侍、斬られて候」町田康

CIMG3282.JPG

街道沿いの茶店に腰をかけていた牢人。
その茶店に面した広場の石に腰かけて休憩している巡礼の父娘の姿を認め歩み寄ると、六十歳ほどの父親をいきなり斬り捨てました。
それを見た藩士がなぜそのようなことをしたのかと問いかけます。
牢人は言います。
この者たちはこの土地に恐るべき厄災をもたらす『腹ふり党』であるから、事前にそれを防止するべく斬ったのだと。
それがこの藩にこれから起こるとんでもない騒動の始まりでした・・・・。
時代小説ではありますが、現代言葉や言い回しもバンバン出てきて、真面目なんだかふさけてんだか。
真面目にふざけてるんでしょうね。(笑)
『腹ふり党』なんて馬鹿馬鹿しすぎます。
時代小説の体で現代社会を痛烈に皮肉っているように読めますし、小説そのものをおちょっくっているようにも読めます。
クライマックスの盛り上がりはまさに町田節全開です。
ラストも伏線の効いたちょっとしたどんでん返しですね。
やっぱりすごいわ、町田康。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

「味をつくる人たちの歌」牧羊子

CIMG3269.JPG

著者は詩人であの開高健の奥さんです。
だからかどうかは知りませんが、やはり料理については一家言お持ちのようです。
まず第1章ではは国内各地の味についていろいろと。
米沢の牛であったり東京の鰻屋であったり、京都の茶懐石、下関のフグ・・・・。
第2章は中国料理について。
横浜の中華街はもちろん、本場上海、広州、北京など。
第3章ではフランス料理やワインについて書いておられます。
ただ文章が私にとってはどうも鬱陶しく感じられました。
特に第1章。
箇条書きのようなブツ切りの文章にいまいち馴染めませんでしたね。
しかし内容についてはさすがに幅広い知識と経験を披露しておられ、しっかりと読み応えを感じさせるものでした。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする