2018年10月20日

「ルポ 電王戦 人間vs.コンピュータの真実」松本博文

CIMG3354.JPG

最近は将棋もいろいろ話題になっています。
藤井七段(2018年10月現在)の活躍もありますし、羽生竜王(2018年10月現在)の永世七冠達成で国民栄誉賞という話題もありました。
これらはあまり将棋に興味のない人たちも目にしたニュースでしょう。
で、将棋ファンにとってはプロ棋士vs.コンピュータというのがあるんですね。
プロ棋士とコンピュータはどちらが強いのか。
というわけで『電王戦』というのが開催されることになったわけですが。
いや、やはりコンピュータは強い。
コンピュータ将棋も最初の頃はまったく話にならないくらい弱かったそうですが、さすがにそこは日進月歩のコンピュータ世界。
初期のプロとの対決ではいきなり米長永世棋聖を負かしてますからね。
将棋界に天才として名を刻む故・升田幸三は「コンピュータが束になっても高段者に勝てるわけがない」というようなことを言っておられたようですが、甘過ぎましたね。
その当時からはまさかコンピュータがここまで進歩するなんて夢にも思わなかったのでしょう。
人間なんてそんなもの。
その当時のレベルでしか判断できないのですから。
ちょんまげ時代の人たちが現在の携帯電話やテレビ、飛行機など想像もつかなかったのと同じようなものでしょう。
しかし大山康晴十五世名人などは「人間が負けるに決まっている」とあっさり認めておられます。
そして時代が進むにつれ、冷静に判断する人も現れます。
羽生善治、森内俊之といった名人たちもそれぞれコンピュータがプロ棋士を上回ることを予想しておられました。
AI(人工知能)なんてことさえ言われている昨今。
ますますコンピュータのレベルが上がっていくことは間違いないでしょう。
この本ではコンピュータ将棋の開発者にスポットを当て、その苦労、変遷、そしてプロ棋士の焦燥をルポしています。
個人的には人間が負けてもいいじゃないかと思いますけどね。
やはり進化したコンピュータには勝てませんよ。
見苦しいのはコンピュータを錯乱させる手をプロ棋士が打つことですね。
普通の対局で指さないような奇抜な手を使ってまで勝ちにいく。
私的にはそれってどうなのと思います。
勝てば官軍なのかもしれませんが。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

「英国一家、ますます日本を食べる」マイケル・ブース

CIMG3350.JPG

「英国一家、日本を食べる」の続編です。
2冊目ということでさほど目新しさもなくインパクトもなく。
ま、相変わらずだなといったところ。
今回は前回に比べてさほどガキ(二人の息子)が出てこなかったようにも思いますが、どんなもんでしょう。
しかし築地市場でターレに急ブレーキをかけさせ、積んであったエビの箱が落ちて中のエビが石畳にぶちまけられたと書いてあります。
ガキをそんなところに連れていくなよ。
それが本当の話だとしたら正直に書いているのには感心しますが、まったく悪びれた様子もない。
外人って奴は。
味の素社も訪問しておられます。
MSGを批判してやろうと乗り込むも、取材した結果は「塩ほどは毒じゃない」。
「アメリカ食品医薬品局はMSGには問題がないと認めているし、国連もEUも同じだ」。
このあたり素直です。(笑)
認めるべきところは認める。
あっけらかんとしています。
築地でガキのせいでエビがぶちまけられたのにしゃあしゃあとしているのと同じようなあっけらかんぶりです。
ぜひこの調子で捕鯨問題についても書いていただきたい。
日本の主張する捕鯨はまったく問題ないと。
鯨を食べるのは日本の伝統的な食文化なのだと。
たのんまっせ、マイケルはん。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

「鹿男あをによし」万城目学

CIMG3348.JPG

大学の研究室でヘマをして居られなくなり、教授の勧めで奈良の女子高に赴任することになった“おれ”。
担任したクラスの生徒達にはなかなか馴染んでもらえず、翌日の教室の黒板には昨日の自分の行動が書かれている始末です。
『パンツ3枚千円也』
『靴下四足千円也』
『鹿せんべい、そんなにうまいか』
いったいなんなんだ、こいつらは。
そんなある日、鹿が人間の言葉で話しかけてきました。
「さあ、神無月だ 出番だよ、先生」
これからいったいなにが起こるのか・・・・。
出だしはまさしく夏目漱石の「坊っちゃん」であり、キャラ設定もまさに。
しかし話はどんどんと奇妙な方向に進んでいきます。
フィクションに上手くリアルを溶け込ませてしっかりと土台を作り、その上で壮大な法螺を吹くのが万城目作品なんですよね。
「鴨川ホルモー」「プリンセス・トヨトミ」もまさにそう。
しっかりとその土地を舞台にして存分にその設定を活かす技は心憎いほど。
ちなみに「鴨川ホルモー」は京都、「プリンセス・トヨトミ」は大阪、この作品は奈良です。
いろんなキーワードが散りばめられ、邪馬台国だの卑弥呼だのといった歴史も絡み、かと思えば剣道の対抗戦のシーンなどはこれはもう立派な青春剣道小説です。
ラストはほのかに恋愛小説の味付けもあったりして。
そしてミステリーでありファンタジー。
「鴨川ホルモー」では上手く京都という土地を活かしているなと思いましたが、今回もまた同じく古都である奈良を舞台にして風情と味わいのある作品に仕上げています。
私が関西の人間であるせいかそのあたりも身近に感じました。
一級のエンターテイメント小説だと思います。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

「女ざかり」丸谷才一

CIMG3341.JPG

南芳子45歳は大新聞社『新日報』の論説委員。
元首相が発言した妊娠中絶と産児制限についての暴言を論説で取り上げます。
どうやらこれがどこかの大物(?)の逆鱗に触れたようで、会社に圧力がかかり、事業局へ配置転換させられそうになります。
しかし芳子はこれを拒否。
断固戦う決意をし、何者の手によるものか探りつつ、友人、愛人、家族を使って反撃を開始します・・・・。
丸谷才一といえば旧仮名遣いで文章を書くことで知られていますが、この作品ももちろんそう。
しかしまったく気になりませんでした。
意外と馴染めるものですね。(笑)
なにより内容が面白かったのも大きいと思います。
ユーモラスな文章で飄々と書かれており、あちこちに笑える表現があるのですが、これ書かれている内容はかなりスケールが大きいですよ。
サラリーマン一個人の移動だの左遷だののレベルではありません。
首相や幹事長なんて人物まで巻き込み、しかも新聞記者とはいえ芳子は首相官邸の奥の奥まで乗り込んでいきます。
官邸内の描写が実にいい。
さて結末は・・・・。
いやあ、王道を行くエンタメ小説であり、しかしきっちりと文学してます。
堪能しました。
満腹、満足。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

「なぜ宇宙人は地球に来ない? 笑う超常現象入門」松尾貴史 著 しりあがり寿 画

CIMG3335.JPG

世の中怪しげというか胡散臭いものがいろいろありまして。
そんな中のひとつが宇宙人でしょう。
はたして宇宙人というのは存在するのか。
存在しているとしてなぜ地球に来ないのか。
ということを検証した本です。
といいましても丸々一冊宇宙人についてではなく、いろんな超常現象について書かれています。
第一章、宇宙・UFO・古代文明
第二章、超能力・疑似科学・思い込み
第三章、伝説・迷信・デマ
第四章、占い・呪い・お祓い
第五章、神様・仏様・トリックスター
第六章、印鑑・水・ヒランヤ
第七章、火の玉・幽霊・動物霊
第八章、動物・植物・U.M.A
宇宙人については科学者たちも否定してはいません。
ただそのような知的文明があるとすれば地球から何百光年から何万光年も離れており、光と同じ速さで飛んできてもそれくらいかかるということで、誰が好き好んでそんな時間をかけてまで地球に来るかと。
しかもやって来てなにするのかと言えば、麦畑を踏みつぶしてミステリーサークルなるものを作ってみたり、牛を切って血を抜いてみたり。(笑)
もったいぶってUFOでチラッと姿を見せるだけだったり。
まあそうですよねぇ。
苦労して何千年も何万年もかけてやって来て(来れませんけど)、子供のイタズラみたいなことしてなんになる。
占いなんてのも好きな人いますね。
特に女性。
なぜあんなのを信用する気になれるのか。
風水だのパワーストーンだのもそうですよね。
そういった類を笑い飛ばしてくれる楽しい一冊です。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする