2020年01月20日

「太陽がイッパイいっぱい」三羽省吾

CIMG3581.JPG

3流私立大学4回生のイズミは解体現場で働いています。
もともとのきっかけは当時付き合っていたフェラチオ上手な彼女がどうしても海外旅行に行くと言い出し、しょうがなくピザ屋のバイトを辞めて稼げる日雇いに出たのでした。
結局彼女とは別れたのですが、現場で汗を流し、仕事帰りに飲むビールの旨さが病みつきになり、フェラテクだけで付き合っていた彼女などどうでもよくなり、大学もほったらかしにして「マルショウ解体」の一員となります・・・・。
ナニワのガテン系小説ですね。
作者は実際に大学卒業後就職した会社を3年で辞め、肉体労働のバイトをしておられたそうです。
なので解体現場の描写が実にリアル。
作業はもちろん、体の節々の痛みまでも伝わってくるようです。
仕事の後ガード下の立ち飲み屋で仲間とウダウダしゃべりながら飲むなんてのも実感ありますね。
その仲間というのが巨漢でマッチョなカン、肉体労働者には見えないイケメンのクドウ、会社をリストラされたワケありのハカセなど、「マルショウ解体」のメンバー。
これらキャラクターたちが実にいい配分です。
特にカンは準主役。
この男が起こす騒動がこの物語のメインだったりします。
夜のミナミで暴れて走り回るシーンなど、毎日のようにこの界隈を徘徊している私にとっては光景が目に浮かびましたね。
喧嘩のシーンも迫力ありました。
女の子も登場しますし、「マルショウ解体」の経営状態の問題など、いろいろとエピソードも盛り込まれています。
いいエンターテイメント小説でした。
いつも書店で目にしていた本なのですが、なんだかタイトルが軽くて手を出さなかったんですよね。
なぜか手を伸ばし購入したのですが。
解説が北上次郎だったというのも多少影響あるかもしれません。
氏の好みはけっこう私と合いますもので。
読んでみて大正解でした。
ただひとつ難癖をつけるならば、男性器を“ちくわぶ”と例えた章。
大阪でそれはあり得ません。
ちくわぶに馴染みのない大阪人が例えに“ちくわぶ”を持ち出すことなど絶対にない。
食べたことも見たこともないという人がほとんどですから。
ここが目立ってリアリティを損ねていました。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『み』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

「不肖・宮嶋 死んでもカメラを離しません」宮嶋茂樹

CIMG3546.JPG

「死んでもカメラを離さない覚悟だが、死んだら写真が撮れないから、生きていたい」というカメラマン、不肖・宮嶋のスクープの数々。
しかしその裏にはバカバカしい涙ぐましい努力と執念があるのでした・・・・。
まず最初に出てくるのが東京拘置所内にいる麻原彰晃のスクープ。
10日間のハリコミで拘置所内を移動する麻原の姿をバッチリと捉えます。
他には、ハマコーの背中にはびっしり刺青があるという情報。
フライデー編集次長の「写真を撮ったやつに1000万円出そう」との言葉を信じ、なんとかハマコーの上半身裸を狙いに行くのですが、さて結果は。
成田闘争にも突撃しておられます。
現場はほとんど戦場です。
乗っていった車は廃車状態。
這々の体で帰ってきて写真を現像したものの、ろくな写真がありませんでした。
人肉を食べた佐川一政を追跡したりもしておられます。
とんでもない修羅場をくぐっておられるのですが、それを大いに笑わせて読ませるのがこの著者のバカな凄いところです。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『み』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

「雨の塔」宮木あや子

CIMG3520.JPG

この世の果てのような岬にある女子だけの全寮制の学校。
好きなものはなんでも手に入りますが、外からの情報はいっさい入ってきません。
そんな閉鎖された世界で暮らす、それぞれ複雑な事情を持った4人の少女たち。
友情や恋愛的な感情を交差させ、複雑な関係で日々を過ごしていくのですが・・・・。
シチュエーションがいいですね。
完全に外の世界とは隔離された設定で、登場人物も4人の他ほとんど出てきません。
なんとも静寂な世界です。
そんな中で女性同士の友情、恋愛、嫉妬といった感情が描かれ、耽美的な雰囲気があります。
キラキラした笑いのある日々とは無縁。
つねにどんよりと曇ったような毎日です。
痛さや切なさがひりひりと伝わってきます。
これはもう舞台設定の勝利でしょうか。
しっとりとした映像で観てみたい気がしました。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『み』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

「牛への道」宮沢章夫

CIMG3504.JPG

エッセイ集です。
ほんの些細なところに目をつけて掘り下げる。
笑いを狙ったエッセイの、これはひとつのパターンですね。
ただどういうところに目をつけるか、それをどのように掘り下げるかが文才と言いますかセンスなわけで。
言語感覚といいますか。
そういうことで言えばこの著者は非常に優れたセンスをお持ちです。
爆笑というほどの炸裂感はないのですが、そこそこ笑えます。
ただご本人が意識しているのかしておられないのかわかりませんが、ひとつのツボといいますかパターンを使いまわししている感があり、ややあざといかなという気がします。
まあそれが著者のセンスであり文体だと言ってしまえばそうなんでしょうけど。
誰しも自分なりの型がありますからね。
後半の章は書評です。
といってもやはりただの書評ではなく、その本をきっかけに展開する笑える話が読ませどころです。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『み』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

「スイートトラップ」水城夕

CIMG3475.JPG

会社の休憩室で付き合って1年になる彼から別れを告げられた真梨乃。
その様子を見て冷笑したのは新入社員の相馬陸です。
その夜同僚の早希子とヤケ酒を飲み帰宅した真梨乃はまだ飲み足りず、自宅でも飲み続けて酔っぱらって部屋を出ると隣の部屋の健二とばったり。
健二は真梨乃の中学時代の後輩です。
健二の部屋になだれ込んだ真梨乃は一夜を過ごしてセックスしてしまうのですが、翌朝起きてみるとそれは健二ではなくなぜか相馬陸で・・・・。
もうなんといいますか、ムチャクチャな小説です。(笑)
弟と暮らしている部屋の隣には中学時代の後輩、反対側の隣には同じ会社の相馬陸。
今まで隣に陸が住んでいたことに気づかなかったというのは100歩譲っても、いくら酔っぱらっていたとはいえ健二と間違えてセックスするか。
健二だとわかっていても普通しないでしょ。
そのあとは陸に誘われるままに会社でもしてるし。
ただのヤリマン女です。
設定もなぁ。
皆のいる会社の休憩室で別れを告げる彼氏というのもどうかと思いますし、同じ会社でありながらその彼氏は二度と出てきません。
まあいいですけど。
住んでいるマンションの部屋の両隣に中学の後輩と同じ会社の新入社員というシチュエーションもなんともいやはやですし、真梨乃が勤める大手商社に徒歩で通えるというくらいですからかなり都会にあるマンションですね。
相当いい暮らしです。
健二は真梨乃の中学時代の後輩のはずなのですが、なぜか真梨乃の高校時代、同級生の中に健二に思いを寄せる女の子がいたとか。
わけわからん。
文章もなぁ。
「嘆息」という言葉が何十回出てくることか。
なにかあれば主人公は嘆息します。(笑)
ストーリーに至ってはラストの展開に椅子からずり落ちそうになりました。
恋愛小説がいきなりミステリーに変貌し、しかもとんでもない衝撃の真実。
なんですかこのバカミスっぷりは。
唖然としました。
書くほうも書くほうですが、これを通した編集者も相当なものです。
以前に読んだ作品もたいがいでしたが、これはさらに磨きがかかっています。(笑)
恐れ入りました。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『み』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする