2018年01月11日

「気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている」村瀬秀信

CIMG3180.JPG

著者は1975年生まれ。
1970年に「すかいらーく」が1号店を出店しましたが、これがファミリーレストランのはしりですね。
ほぼ著者とファミレスの歩みはそろっています。
ということで著者は子供の頃からこのようなチェーン店に慣れ親しんできたとのこと。
で、気が付けばいつもチェーン店でメシを食べていると・・・・。
チェーン店というのは食通を気取る人にとっては小馬鹿にする存在ですが、なかなかどうして、そう捨てたものではありません。
突出はしていませんが、そこそこ無難な料理をこれまたそこそこ無難な値段で提供しています。
料理によっては同じレベルの物をこの値段で個人店では出せないだろうというのも多々あります。
そして個人店に比べて入りやすい。
常連が占拠してて一見が気まずい思いをするなんてことはないですしね。
気軽にぶらっと入れます。
たいがい子供連れでも気兼ねなく入れるでしょう。
そこそこ席数もあったりしますので、ランチタイムのサラリーマンにもありがたい。
なので著者に限らず、日頃ほとんどチェーン店で食事を済ませているなんて人も多いんじゃないでしょうか。
この本では35軒のチェーン店が紹介されています。
そのうちの何軒かは私も日頃利用しています。
チェーン店、結構じゃないですか。
上手に利用すればとても便利な存在です。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 03:46| Comment(0) | 『む』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

「リケイ文芸同盟」向井湘吾

CIMG3150.JPG

桐生蒼太はバリバリの理系人間。
出版社に勤務し『かがく文庫編集部』に所属していたものの、このたび『文芸編集部』に移動となりました。
きっちりと答えの出る数学と違ってなにもかもが曖昧な文芸の世界。
部長は“熱意”などというわけのわからん言葉を根拠に仕事をする人物。
理不尽なクレームをつけてくる作家もいます。
そんな中で蒼太は大学からの悪友である営業部の嵐田と協力し、理系らしくデータを分析しながら売れる本を創ろうとします。
はたして蒼太はベストセラーを出すことができるのか・・・・。
理系人間が文系の世界で悪戦苦闘するというお仕事小説です。
キャラの設定がちょっと極端な気もしますけどね。
理系で何事もきっちりと答えを出さないと気が済まない蒼太に対して、なにもかも曖昧な部長。
しかしいくら部長が文系の人間だからといって、売れる本を創るためにデータを無視するなんてあり得ないでしょう。
そして肝心の理系という設定がいまいち蒼太の仕事に上手く稼働していないように思うのですが。
いろいろと専門的な言葉が出てきたりはするのですが、結局その手法って専門家でなくとも誰もがやっていることでしょうし。
どうせならもっと理系に突っ走ってアクロバットな技を見せてもらいたかったですね。
でもそうなるとこの作品のベクトルが違うほうにいってしまいますけど。
同僚に鴨宮凛という女性がおり、蒼太がほのかに想いを寄せたりしてストーリーに色を添えています。
この女性がなにかとクッション的な役目をはたしており、作品をやわらかくしていますね。
全体的にはいまいち物足りない印象でした。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『む』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

「高校生レストラン、行列の理由。」村林新吾

Cimg2908

三重県多気郡多気町にある三重県立相可高等学校。

食物調理科という学科があるのですが、そこでは「まごの店」というレストランを運営しておられます。

料理を勉強している生徒たちが実際に店で料理を作ってお客さんに提供しているんですね。

いやぁ、なんと素晴らしいことでしょう。

料理学校いろいろあれど、調理やサービスを勉強してもあくまで学校の中だけということがほとんどです。

ですがここはちゃんとお客さんにそれらを提供しておられます。

将来いろんな飲食店に就職していくという前提で、すでにこの学校の生徒たちは実戦で学ぶことができているのです。

顧問は著者である村林新吾氏。

辻調理師学校で10年間教鞭をとり、昔懐かしい『料理天国』というテレビ番組でも助手を務めておられたという経歴です。

そんな氏の生徒に対する思いがひしひしと伝わる内容です。

料理を通じた教育論でもありますが、堅苦しく押し付けがましいようなところはまったくありません。

この学科で学んだ生徒たちが皆必ずしも飲食の世界で仕事をしていくわけではないでしょう。

ですがここを卒業した生徒たちは必ず社会人として立派に活躍していけるのではないか、そんな思いを持ちました。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 『む』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

「ドスコイ警備保障」室積光

Cimg2716

相撲を廃業した元力士はただのデブ・・・・。

そこそこの地位まで上り詰め年寄株を手に入れて親方になったりタレントとして活躍できればいいですが、そんなのはごく一部の人。

大半の人たちは一般社会に転進していきます。

しかし大学を卒業していればまだしも、中卒となるとつぶしがききません。

相撲協会理事長の南ノ峰親方はそんな人たちに心を砕き、角界を去る人たちの受け皿として警備会社を設立しようとします。

親方からの依頼で協力するのはサラリーマンで勤め先が相撲部屋の後援会に関わっているという近藤秀明、会社に希望も未来もなく退職した井上親司と山本真治、そして芸能プロダクション社長の木原敦子。

4人は郷里の中学高校の同級生です。

元力士たちの警備会社は『ドスコイ警備保障』と名付けられます。

さて、会社はうまく経営していけるのか・・・・。

発想は面白いですね。

ガードマンが皆元力士なんて最強です。(笑)

会社はなんだかんだと話題になり、世界的大スターのマーク・ジョンソンの日本ツアーや、東京で行われるボクシング世界ヘビー級統一世界タイトルマッチの場内整理とホディガードの依頼を受けたりすることになります。

このあたりのトントン拍子はちょっと調子がよすぎますけども、外人にとってスモウレスラーのボディガードというのはなるほど物珍しく頼りにもなる存在でしょうから、上手く面白い展開かなと思います。

川上健一の「宇宙のウインブルドン」と同じようなノリを感じました。

ただそこに至るまでにもうちょっと普通の地味な警備業務を描いたほうがよかったと思いますが。

そして南ノ峰親方を始め、各登場人物に感動的なドラマもあります。

デビュー作の「都立水商!」もそうですけど、現実離れしていますがイケイケ感のある展開が楽しい。

ややまとまりのない印象もありましたが楽しめました。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 『む』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

「世界のホテルで朝食を」村瀬千文

Cimg2710

ホテル・ジャンキーの著者が紹介する世界のホテルの朝食。

各国の高級ホテルが取り上げられています。

人は朝、昼、夜と食事をするわけですが、ホテルに泊まったときほとんどの人が朝食はそのホテルでとるはず。

なので朝食の魅力がそのホテルの印象を大きく左右するようです。

この本を読みますと、ある意味優雅な朝食というのは豪華なディナーよりも贅沢なのでないかと思えます。

ありきたりの料理でお腹を満たして「さあ観光!」とホテルを飛び出るのではなく、特に何も予定などなくただゆったりと質のいい料理とサービスで朝食の時間を楽しむ。

そのあとはプライベートビーチやプールサイドでカクテルでも飲みながら読書し、うつらうつら・・・・なんて。

たまりませんね。

ただ一泊するだけではそのような楽しみ方はできませんけども。

外国の富豪のように1ヶ月とか長期間滞在しなければ。(笑)

この本ではいろんなホテルの朝食の魅力を紹介しておられるわけですが、なにかの雑誌の連載コラムだったんでしょうか、前半の「世界のホテルで朝食を」ではそれぞれのホテルの紹介が1ページ半ほど。

ちょっとあっさりしています。

といっても長々と書くものではないかもしれませんが。

後半の「天国のホテル」ではもう少しページを割いておられますけども。

贅沢な希望を言いますれば、各ホテルの紹介にそれぞれカラー写真が添えられていればと。

巻頭に数ページ写真がありますけども、やはりこれだけでは物足りません。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 『む』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする