2012年06月02日

「帝国ホテル 厨房物語 私の履歴書」村上信夫

Cimg1944

帝国ホテルの総料理長だった著者の自伝です。

ホテルオークラの小野正吉氏と並んでフランス料理界の重鎮でしたね。

料理人の自伝は今まで何冊も読んできましたが、どれもパターンは同じです。

どんな少年時代だったか、料理と出会ったきっかけは、なぜ料理の世界に進んだのか。

そしてどこそこのどのような店で修行してきたのか。

この本もそのパターンではあります。

しかし今まで読んできたスターシェフらの本とはひと味違います。

それはやはり時代もあるでしょうし、それに伴った経験の違いもあるでしょう。

戦場での話なんて他の料理人の本ではなかなか読めません。

東京オリンピック選手村食堂の料理長就任や、エリザベス女王をもてなした経歴などはさすがです。

そしてなにより氏のお人柄がとてもよく伝わってくるんですね。

多趣味であり、生涯現役の料理人として過ごされた著者の功績と魅力を知ることのできる一冊です。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 『む』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

「うまうまノート」室井滋

Cimg0084

女優の室井滋氏の食エッセイです。

食べることが好きで、あちこちのお気に入りの店で写真を撮り、それを日記のように「うまうまノート」としてまとめてきたのだとか。

その一部を読み物として公開したのがこの本です。

決して高級店や有名店の食べ歩きではありません。

デパ地下だったりロケ弁だったり、地元富山のラーメン屋だったり。

有名店の食べ歩きなんかよりも、ロケ弁の紹介のほうが新鮮で楽しめます。

そして富山の食堂のラーメンの旨そうなこと。

著者はほんとに食べることが好きなんだなぁとしみじみ思います。

オールカラーで写真やイラストがふんだんに掲載されており、賑やかに楽しめる1冊でした。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 『む』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

「花寿司の幸」村上茂雄

いろんな話が収められているのですが、表題作は「なんとも濃厚! ブドウエビがうまいっ!!」です。

内容は、寿司屋の道場破りをしてインターネットで公表しているという素人の”シロイタ”という人物が主人公の店に乗り込んできて、この店の職人と勝負するという内容。

シロイタが用意した素材は築地から仕入れたクルマエビ。

これを踊りで握ります。

対する主人公の店の職人が用意したのは、天然のブドウエビ。

とても貴重な素材とのこと。

これで勝利を手にします。

市場の仲間がそんな貴重な素材を用意してくれたのはその職人の人柄だと。

技術だけではなく、人柄も大事な要素なのだと。

シロウトとクロウトの違いはそこだと。

しかしそれだけでは読んでいるほうは納得いきません。

ただ単に素材の旨さだけで勝敗が決まっているからです。

ラストに親方の「天然ブドウエビなんて出せば勝つに決まってんだろっ!! シロウトに技術で勝てねーでどうすんだッ」というフォローはありますが。

まあこの作品は基本的に対決マンガではないですからね。

表題作以外では主人公のアメリカ体験、そして今後に繋がるような恋愛対象の男性の出現などがありました。

ラベル:グルメ漫画
posted by たろちゃん at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 『む』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

「星々の舟」村山由佳

短編連作小説集です。

最初の短編の主人公は四人兄妹の次男。

父親の再婚した相手の連れ子だった妹と恋愛関係に陥ってしまいます。

しかし実はその妹の父親は自分の父親だった・・・・。

血の繋がっていない妹を愛したつもりが近親相姦だったということにショックを受け、主人公は家を飛び出してしまいます。

物語はその主人公の義母が倒れ、知らせを受けた主人公が病院に着いたときにはすでに亡くなっていたというところから始まります。

久しぶりの父や妹、他の兄弟との再会。

そしてその家族一人ひとりにスポットを当て、順番にそれぞれの短編の主人公として独立させ、複数の視点により物語が進んでいきます。

短編ごとに視点が変わるのでやや突っ込み足りないもどかしさはありましたが、それぞれの人物に他人からは見えない生活や苦悩があるというのがよく強調されていると思います。

この作者の作品は「天使の卵」しか読んでおらず、ああいうベタ系のラブストーリー作家かなと思っていたのですが、これを読みまして印象を大きく改められました。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 『む』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

「花寿司の幸」村上茂雄

協力「あさひ鮨」

漫画です。
女性が主人公です。
そりゃ寿司職人として女性ではハンデがあるでしょう。
そんなハンデを乗り越えて努力される姿を描いておられます。
作者の実家は実際にある気仙沼の「あさひ鮨」とのこと。
ふかひれ寿司の店としても有名なようですね。
ですので今回のメインはふかひれ寿し。
話の内容としましては、どっちゅこともありません。
これ以外にも本が出ているのなら読んでみたいと思います。

ラベル:グルメ漫画
posted by たろちゃん at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 『む』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする