2019年11月03日

「鶏」山上龍彦

CIMG3541.JPG

川名孝男は『郷土特産品育成委員』です。
全国郷土食品の調査と分析、地域をテーマにした物産展や展示会の企画、郷土食品が全国的な規模で受け入れられるかどうかなどを調査しテストするのが仕事です。
そんな川名がやってきたのは後翅町という地方の町。
後翅地鶏というのが名物で、生産者に会い実際に食べ、それが商品化できるかどうか調査するのが目的です。
しかしそこで出会ったのは突然変異ともいえる鎖につながれた牛ほどもある巨大な鶏で。
しかもその鶏は飼い主から逃げ出し、どんどん巨大化し、人間を襲い、川名を執拗に追いかけ始めます・・・・。
う~ん、田舎の風景や郷土食という作者が書きたかったテーマと、化け物のような巨大な鶏という設定が噛み合っているのかどうか。
私はうまく乳化していないように思いましたが。
たしかにこのテーマだけではあまりにも地味で、なにかしらエンターテイメントな要素を入れる必要はあるでしょうけど、無理やり味付けしたような強引さを感じました。
鶏との格闘は迫力ありましたけどね。
変に理屈っぽくテーマを主張せず、巨大鶏に絞って物語を作ったほうがよかったのでは。
テーマなんて微かに匂わせる程度でいいんです。
ちょっと作者の意気込みが空回りしてしまったように感じました。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『や』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

「清貧の食卓 文人グルメが明かす美味の原点」山本容朗 編

CIMG3540.JPG

サブタイトルに“文人グルメ”とありますように、食については一言お持ちの文人たちが書いた食についてのエッセイを集めた一冊です。
古いのになると北大路魯山人のように昭和一桁に書かれたものだったりしますが。
メインのタイトルは「清貧の食卓」ですが、これは必ずしも内容に当てはまりません。
別に貧しい食生活を紹介しているわけではありませんので。
ただ現在のようなきらびやかな料理は出てきませんので、そういう意味では清貧かもしれませんが。
しかし皆さん現在のようなグルメごっこではなくこだわりを書いておられますので、今からすればかえって贅沢な話かもしれませんね。
素材も今と昔では質が違うでしょうし。
登場するのは21名。
対談がひとつ。
東海林さだお氏以外はすべて亡くなられていますか。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 03:44| Comment(0) | 『や』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

「ヘンだと思ってたけどやっぱりヘンだったあのヒトたち ワイドショーお騒がせオンナ列伝」山田美保子

CIMG3526.JPG

94年~98年にかけて「アサヒ芸能」や「女性セブン」に連載されたコラムの文庫化です。
サブタイトルにもありますように、登場する人たちはすべてお騒がせな女性ばかり。
今から20年以上前になりますが、さて当時はどのような女性たちが世間を騒がせていたのか・・・・。
目次を勘定しますとおよそ80人ほどですか。
複数回取り上げられている人もいます。
最初に登場するのは花田家の嫁2人。
いまやどちらも離婚しましたが。
そしてもちろん女子アナは欠かせません。
中村江里子とかイタかったですね。
歌手やらタレントやらも多数。
江角マキコ、林葉直子、葉月里緒奈、小柳ルミ子、梅宮アンナ、松田聖子、川島なお美、などなど。
もちろん野村沙知代VS浅香光代のバトルも取り上げられています。
男性にもヘンな人はたくさんいますけども、やはり勘違いっぷりは女性のほうが一枚上手か。(笑)
ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『や』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

「梅咲きぬ」山本一力

CIMG3522.JPG

深川一の料亭『江戸屋』の一人娘、玉枝。
母親は三代目秀弥。
『江戸屋』を差配するその器量は町内の鳶のかしら衆や木場の旦那衆も一目置くほど。
玉枝はそんな三代目から将来は女将になるべく厳しく育てられ、成長していきます・・・・。
直木賞受賞作の「あかね空」「損料屋喜八郎」シリーズなど、他の作品にも登場する四代目秀弥の少女時代からの物語です。
玉枝の成長を描きつつ、三代目秀弥の凛とした生きざまも描いています。
踊りの師匠である春雅や三代目の言葉や躾が読んでいるこちらの身にも染みてきます。
このような過去があって今の四代目秀弥があるのですね。
またどこかの作品でお目にかかりたいものです。
ラベル:時代小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『や』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

「ラスト・ワルツ」柳広司

CIMG3477.JPG

シリーズ第4弾。
4編収録されています。
表題作はないのですが、「舞踏会の夜」が該当しますかね。
五條顕子は華族に生まれ、日常の息苦しさに退屈し、10代の頃から何度も家出を繰り返してきた奔放な娘です。
父親が勝手に決めてきた婚約相手は蜥蜴のような顔をした加賀美正臣陸軍大佐。
もちろん両家にとって思惑のある政略結婚であり、愛などありません。
加賀美は顕子になど興味はなく、「お互い、好きにするさ」と顕子がどこで何をしようが一切文句を言うことはありませんでした。
そんな顕子が舞踏会である人物を探していたのですが、その前に現れたのは・・・・。
いつもながらスパイたちのストイックな世界が描かれています。
どこの誰とも素性の知れない男たちの暗躍というか活躍といいますか。
当然のことながら全編にさりげなく漂うのが陸軍のスパイ養成機関である『D機関』の総帥である結城中佐の存在感。
直接これといって登場せず、ここまで存在感を漂わせるキャラというのもたいしたものです。
この「舞踏会の夜」でも顕子に接点のある男として結城中佐らしき人物が登場しますが、敢えて誰とも記されていません。
その他のスパイたちも名前はあるもののもちろん偽名であり、実はどこの誰であるなどという野暮な説明などあるわけもなく、物語の中だけではなく読者に対してもその“秘密主義”が貫かれているのがクールなんですよね。
ところでこれが最終作になるのでしょうか。
この作品が単行本として出たのが2015年。
それから4年。
もうこれで終了ですかね。
まだ読みたい気もしますが、だらだら続けて緊張感がなくなってしまうのもね。(笑)
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『や』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする