2012年09月17日

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」リリー・フランキー

Cimg2030

幼少の頃からオトンと別居し、筑豊という田舎町でオカンと暮らしてきたボク。

ボクのそばにはいつもオカンがいました。

自分のことになどまったくお金を使わず、いつもボクのためにお金を使っていてくれたオカン。

いつもボクのことを思い続けていてくれたオカン。

そんなオカンを東京に呼び寄せ、一緒に暮らすことになります。

しかしオカンはガンという病魔に襲われるのでした・・・・。

200万部のベストセラーになったリリー・フランキーの自伝的小説です。

ただ小説として読みますとちょっと中途半端。

エッセイ小説といったところですか。

そしていい歳したオッサンがひたすらオカンオカンと書き連ねるのもいかがなものかと。

理屈としてはそのような感想を持ったんですけどもね。

でも読み物としてはじゅうぶんに面白い。

泣けます。

そして大の男であっても母親は愛しく大切な存在です。

年齢なんて関係ありません。

ましてやこの物語の母子の繋がりにおいてはなおさらでしょう。

オカンを思ってなにが悪い。

そんなことを堂々と主張し、母親に対しての感謝の念を惜しげもなく表明しておられます。

いい話でした。

この作品は本屋大賞を受賞しているのですが、いかにもな傾向ですね。

本屋大賞の主旨は「全国書店員が選んだいちばん! 売りたい本」。

ある意味直木賞や芥川賞に対するアンチテーゼとして設立された賞だと思うのですが、それはそれでやはり傾向が定まってます。

いい言い方をすればわかりやすいエンターテイメント、悪い言い方をすればミーハー。

若い女性(店員)の支持がある作品(作家)や、今が旬の作家が選ばれる傾向にあると思います。

例えば車谷長吉なんて選ばれないでしょうし。(笑)

しかし一般的なマーケットをほぼ反映した結果ではありましょう。

話がちょっと逸れましたが、この作品はそんな層にピタリとはまって支持されたようです。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 『り』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

「増量・誰も知らない名言集イラスト入り」リリー・フランキー

Cimg1232

著者が日常生活の中から採集した珠玉の名言集。(笑)

名言というのは日常生活の中からふと無意識のうちに口に出るものだと著者はいいます。

例えば。

友人が夜にほんの少しコンビニに出かけたあいだに部屋に侵入したおっさん。

靴のままベッドの上に胡坐をかいてこう叫んだといいます。

「感動してるんだァ!!」

他人の家に土足で上がりこみ、なにに感動していたというのか・・・・。

あるいは友人が惚れた女に手を出した男。

ひどいじゃないかと詰め寄られ、「中で出してないから、ヤッてない」

中出ししていなければヤッたことにはならない。

新基準です・・・・。

電車の中で女子高生に痴漢したおっさん。

降りたホームでその女子高生を追いかけてきて、「オレはここでいいからっ!!」

アンタはよくても・・・・。

女にわたしのこと好きなのと詰問され、「・・・・。」

無言は千の言葉より重し・・・・。

付き合っていた女を妊娠させてしまった男。

「あんなことしなきゃよかった・・・・」

今さら何を・・・・。

と、まあこんな調子で名言が紹介されています。

しかしこれって迷言の間違いでは・・・・。(笑)

ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 『り』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

料理王国2007年8月号

Cimg0250

7月号に引き続いて、日本のフランス料理100年史の後編です。

フランス料理に興味を持つ者としてはじゅうぶんに楽しめました。

東京の店がメインに取り上げられているのは仕方のないところでありましょう。

門上武司氏が戦後関西フランス料理事情というのを書いておられます。

しかし素人の私から見て、どうかなと思う部分もあります。

宗右衛門町の「ビストロ・モーベギャルソン」、こんな店の名前を出してどうするのか。

それならばなぜ道頓堀の「アーゴ」(廃業ですが)の名前が出てこないのか。

こちらのほうがよほど語られるべきだと思うのですが。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 『り』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

料理王国2007年7月号

Cimg0249

日本のフランス料理100年史前編ということで。

最近の私はフランス料理からは遠ざかっておりますが、興味は失っておりません。

これは保存版だということで購入しました。

まだ西洋料理と呼ばれていたころからの貴重な歴史が綴られています。

今の若い人たちにとっては、物心ついたときからすでにフランス料理が身近にあったことと思います。

しかしほんのひと昔前までは、フランス料理なんて庶民にとっては高嶺の花。

テレビの「料理天国」なんかを指をくわえて観ていたのです。

料理人にとっても今のように食材には恵まれていません。

それらの苦労が数多くの料理人から証言されています。

しかしそれでもフランス料理を愛する料理人たちの熱意がそれらの苦難を乗り越え、今日の隆盛を築き上げたのだというのが本書を読めばよくわかります。

来月の後編も楽しみです。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 『り』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

料理通信 2006年7月号

Cimg0212

メインのテーマは「ソワニエをめざせ!」。

ソワニエとは店にとって「大切なお客様」のことだとか。

ごく普通に振る舞っていればそれでいいのでは。

なにも敢えて「ソワニエ」なんて目指さなくてもいいと思うのですが。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 『り』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする