2017年05月14日

「おとぎ菓子 料理人季蔵捕物控」和田はつ子

CIMG3069.JPG
シリーズ第7弾です。
表題作は第四話の「おとぎ菓子」。
といってもその前の第三話「あけぼの薬膳」の続きなんですけどね。
わざわざ別のタイトルを付けてまで話をわける意味がわかりません。
無理やり一冊四話にしなくても。
結局「あけぼの薬膳」が中途半端なまま「おとぎ菓子」になってしまってますし。
なので読んでいてどうも収まりが悪い。
第一話の「春卵」にしてもそう。
煎り酒がどうのこうの、卵かけ飯がどうのこうの、結局最後に作ったのは茶巾卵。
おい、“春卵”はどうなった・・・・。
相変わらずやたらと人が死にますし。
料理を扱う小説にそういう血なまぐさいネタはどうなのかと。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『わ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

「無花果日誌」若合春侑

Cimg2762

桐子はカトリックの女子校に通う高校2年生です。

母を亡くし父と弟と暮らす実家は八百屋。

近所には港湾があり、昔は東洋一といわれたらしい魚市場を中心に、冷凍工場や倉庫、乾物問屋、ガソリンスタンドなどがあります。

そんな淀んだ海の水と死んだ魚と野菜とガソリンと排気ガスが交ざりあった生々しい臭いの中で育った桐子ですが、下劣な町を捨てて生きる環境を変えねばと県内でいちばんのお嬢様学校に入学した次第。

上品ぶった性格の悪い同級生や修道女の先生たちとの学校生活ですが、校外で郁クンという彼氏と逢うのがすごく楽しみでもあります・・・・。

前回読んだこの作者の作品がデビュー作の「腦病院へまゐります。」

今回はえらいまた違った作風で。(笑)

こちらはけっこうストレートな青春小説です。

思春期のいろんなエピソードを散りばめています。

恋愛はもちろん、初めてのセックスの描写もあります。

学校では友人の妊娠、自殺なども。

家庭では母との死別なんかありますしね。

いろいろ盛りだくさんなのですが、でも読み終えて「ああ、そうでしたか。いろいろあって大変でしたね」という感想しかありません。

庶民である八百屋の娘がお嬢様学校に入学してどうのこうのという設定はベタなコメディ小説のようですし、初体験、妊娠、自殺なんてのもやはりベタ。

でも悪い意味ではなく“たかが女子高生の青春の1ページ”なんてこんなものでいいのかもしれません。

なんだかんだありつつも最後はやはり彼氏ですしね。(笑)

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 『わ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

「時そば 料理人季蔵捕物控」和田はつ子

Cimg2720

シリーズ第6弾。

今回は表題作の他、「目黒のさんま」、「まんじゅう怖い」、「蛸芝居」と落語を題材にしています。

元噺家で今は廻船問屋の主である長崎屋五平が毎月噺の会を行なうということで、噺に出てくる食べ物で料理を作ってほしいと季蔵に依頼するのです。

季蔵はそれぞれの話に合わせてどのような料理を作るのか・・・・。

と同時に、やはりなんだかんだと事件が起こります。

黄泉山日之助という胡散臭い祈祷師と中西屋という呉服問屋が手を組んで動いているようなのですが・・・・。

いつも情けないほどレベルの低いこのシリーズですが、今まで読んできた中では今回がいちばんましだったかも。

それでも決して出来がいいとはいえませんが。

ふと気になったのはこの時代に「時そば」やその他の噺があったのかということ。

調べてみますと「時そば」は享保11年の笑話本「軽口初笑」の「他人は喰より」が元であり、明治時代に3代目柳家小さんが上方落語の「時うどん」を江戸話に置き換えたという説があります。

だとしたらこの小説の時代に「時そば」なんて噺はなかったことになります。

つまり時代考証がでたらめだということで・・・・。(笑)

江戸時代を背景にした古典落語といっても作られたのは明治時代以降というのも多いですしね。

ま、実際のところはどうなのか私にはわかりませんけども。

posted by たろちゃん at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 『わ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

「お宝食積 料理人季蔵捕物控」和田はつ子

Cimg2542

シリーズ第4弾です。

先に第5弾を読んでしまったのですが差し支えはありません。

いつも代わり映えしない話ですし。

相変わらず人が殺されます。

いやはや。

表題作は「お宝食積」。

正月の飾り物である食積に客が真珠を隠すとかいう話です。

・・・・。

ひどいのは最後の「精進切り」。

ラストはギャグとしか思えません。

これ作者が真剣に書いたんでしょうか。

ぷぷぷっと笑いながら書いたのではないかと思えるのですが。

だってこんな話をまじめに書いたのだとしたらあり得ないです。

それを通した編集者も。

ここまでレベルの低い作品を連発されると、これは確信犯なのかと思ってしまいます。

きっとそうですよね。

posted by たろちゃん at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 『わ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

「夢を与える」綿矢りさ

Cimg2526

フランス人と日本人のハーフの父親と日本人の母親のあいだに生まれた夕子。

そのかわいさで幼稚園の頃からチャイルドモデルをすることになります。

最初は通販カタログのモデルなどでしたが、転機は食品会社のチーズのCMです。

1年に2回新しいCMを撮り、半永久的に夕子の成長を撮り続けるというコンセプト。

ただし契約時の条件が会社のイメージを損ねるようなスキャンダルは絶対に起こさないということ。

マネージャー役の母親は固く約束し、仕事を引き受けます。

このCMで夕子は“ゆうちゃん”として親しまれ、ブレイクすることになります。

やがて高校生になった夕子は無名のダンサーに恋をします。

周りの反対を押し切って付き合い始めるのですが・・・・。

国民的なアイドルとなった少女の栄光、そして一気に崩れ落ちていく悲惨な姿を描いています。

アイドルといえどもやはりひとりの女の子ですし、所詮は子供です。

大人のビジネスの世界で無垢な心だけではやっていけません。

主人公の痛々しさが切ない。

綿矢氏の作品を読むのはこれで4冊めですが、今までの中ではいちばんよかったです。

主人公は「夢を与える」という言葉に違和感を持ち、そのおこがましさについて作中でも触れています。

これはそのまま作者の考えであり、そのあたりの感性はさすがだなと思いました。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 『わ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする