2009年04月13日

「別れの曲」芝木好子

Cimg0066

芝木好子、好きな作家です。

といってもこれでまだ3冊目なんですけどね。(笑)

最初に読んだのが「雪舞い」

名前も知らずなんとなく興味を持って購入してみたのですが、これに魅せられたといいますか読まされたといいますか。

これはぜひ他の作品も読んでいきたい作家だと。

さて、この「別れの曲」は短編集です。

表題作は妻、夫、その愛人の三人の視点で書かれた作品です。

それぞれの視点から描くことにより、当人にしかわからない立場や心理を浮かび上がらせています。

反安保運動の男子学生を取り上げた作品などもありますが、やはりこの作者は女性を主人公にし、最初に収められている「蝶の道行」のように舞踊などを扱った世界を描くのがいちばん筆が冴えるのではないでしょうか。

次はどの作品を読もうかと楽しみです。

posted by たろちゃん at 18:09
"「別れの曲」芝木好子"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: