2019年11月29日

11月の一冊

今月は13冊の読書となりました。

・「清貧の食卓 文人グルメが明かす美味の原点」山本容朗 編
・「鶏」山上龍彦
・「迷惑メール、返事をしたらこうなった。 詐欺&悪徳商法「実体験」ルポ」多田文明
・「恋歌」朝井まかて
・「ようこそポルトガル食堂へ」馬田草織
・「すきやばし次郎 鮨を語る」宇佐美伸
・「不肖・宮嶋 死んでもカメラを離しません」宮嶋茂樹
・「テロリストのパラソル」藤原伊織
・「東京・地震・たんぽぽ」豊島ミホ
・「酒に謎あり」小泉武夫
・「33年後のなんとなく、クリスタル」田中康夫
・「性人伝」いその・えいたろう
・「面影」芝木好子

「清貧の食卓 文人グルメが明かす美味の原点」、いろんな文人の食エッセイが楽しめます。
今と違って食そのものに愛着とこだわりがあるんですよね。
「鶏」、ご自身の中で、主張したいこと書きたいことが上手く乳化されていなかったのかな。
そんな印象を受けました。
「迷惑メール、返事をしたらこうなった。 詐欺&悪徳商法「実体験」ルポ」、思いのほか中途半端で物足りない内容でした。
もっとツッコんでほしかった。
「恋歌」、明治時代に活躍した歌人の中島歌子の半生を描いています。
女の悲しさ、強さ、虚しさ、そういったものがひしひしと感じられました。
「ようこそポルトガル食堂へ」、ポルトガルの料理とワインに魅せられた著者。
ポルトガルのそれらを紹介したエッセイなんてあまりない(?)ので、貴重な一冊かと。
「すきやばし次郎 鮨を語る」、日本の鮨屋の最高峰的な「すきやぎし次郎」の店主、小野二郎。
その小野二郎についてじっくりと書かれています。
「不肖・宮嶋 死んでもカメラを離しません」、ご自身をイロモノ的自虐的に書いておられる不肖・宮嶋氏ですが、いやいやいや、日本でも指折りの報道カメラマンでしょう。
よく知りませんが。(笑)
「テロリストのパラソル」、途中まではよかったんですけどねぇ。
最後の辻褄合わせに白けてしまいました。
「東京・地震・たんぽぽ」、地震や台風など各地で被害が相次いでいる我が国日本。
そんな被害者の極限状態を作者はこのように描いてみせました。
「酒に謎あり」、人種を超えて愛されている酒という飲み物。
その歴史や各国の酒文化を緻密に検証しておられます。
「33年後のなんとなく、クリスタル」、昔ベストセラーになった作品の続編。
前作をベースにきっちりと現在を描いておられるあたりはさすがの田中康夫でしょう。
「性人伝」、“性”というやや後ろめたいジャンルに人生を捧げてきた人たちを紹介。
しかしその堂々の極めっぷりよ。
「面影」、人形師の世界を描いた小説。
男女の愛、芸術にかける情熱が静かに激しい。

さて、今月の一冊ですが、「恋歌」、「東京・地震・たんぽぽ」もよかったのですが、やはり芝木好子の「面影」ですね。
こういう世界に私は魅了されます。
今月の一冊はこれで。

CIMG3554.JPG
posted by たろちゃん at 01:00
"11月の一冊"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: