2020年02月29日

2月の一冊

今月は14冊の読書となりました。

・「何がどうして」ナンシー関
・「よるのふくらみ」窪美澄
・「ミート・ザ・ビート」羽田圭介
・「変わる家族 変わる食卓 真実に破壊されるマーケティング常識」岩村暢子
・「縁を結うひと」深沢潮
・「春琴抄」谷崎潤一郎
・「コンプレックスの行き先は」里崎雅
・「最終増補版 餃子の王将社長射殺事件」一橋文哉
・「明るい夜」黒川創
・「私の大好物 PART2」週刊文春 編
・「湘南シェアハウス」広谷鏡子
・「ベスト珍書 このヘンな本がすごい!」ハマザキカク
・「夢を食った男たち 「スター誕生」と歌謡曲黄金時代の70年代」阿久悠
・「カオス」梁石日

「何がどうして」、毎度するどい指摘と消しゴム版画。
でも今回はどちらもいまいちな感がありました。
「よるのふくらみ」、兄弟と幼馴染みの女性の三角関係。
ありそうで実際はこんなのほとんどないと思うんですけどね。
「ミート・ザ・ビート」、いまいちタイトルと内容が合致せずな印象。
なにを書きたかったのか。
「変わる家族 変わる食卓 真実に破壊されるマーケティング常識」、これを読むと今どきの若い主婦はと愚痴をこぼしたくなります。
他人の家庭とはいえ。
「縁を結うひと」、どれも在日朝鮮人・韓国人を主人公とした連作短編集。
日常のリアリティーを感じました。
「春琴抄」、ひたすら盲目の女に尽くし、自分の手で自らも盲目となる男の話。
実験的な文体で書かれています。
「コンプレックスの行き先は」、ぽっちゃり体形がコンプレックスな主人公。
そんな主人公を中学時代からひたすら好きでいてくれた男性と再会するという、ぽっちゃり女性にとっては非常にロマンのある(?)お話です。
「最終増補版 餃子の王将社長射殺事件」、事件から7年。
いまだに解決していない事件のドキュメンタリーです。
「明るい夜」、自分とはなんだろう、なにをしたいのだろう、居場所はどこなのだろう。
そんなことをふと思わせる小説でした。
「私の大好物 PART2」、著名人が自分の好きな飲食店の料理を紹介した一冊。
文章だけでなくオールカラーの写真が嬉しい。
「湘南シェアハウス」、老後の人生、第二の人生をよく書かれるこの作者。
私は好きです。
「ベスト珍書 このヘンな本がすごい!」、タイトル通り珍書を紹介した本です。
出版されるすべての新刊をチェックしているという著者がすごい。
「夢を食った男たち 「スター誕生」と歌謡曲黄金時代の70年代」、歌番組も少なくなった昨今。
まさしく70年代は歌謡曲の黄金時代でした。
「カオス」、新宿歌舞伎町を舞台にしたクライムノベル。
ただこの作者、やはり後半がね・・・・。

ではでは今月の一冊を。
印象が強かったのは「縁を結うひと」です。
今月はこれを選びます。

CIMG3593.JPG
posted by たろちゃん at 11:16
"2月の一冊"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: