2020年06月22日

「猟師になりたい!」北尾トロ

CIMG3660.JPG

いままでいろんなことにチャレンジしてこられた著者ですが、今回はなんと猟師に。
長年東京で暮らしてこられたのですが、家族3人で長野県松本市に引っ越し。
編集者から「せっかく長野で暮らすようになったのだから、ここでなければできない取材をしませんか?」と持ち掛けられます。
「猟師へのインタビュー」と。
しかし猟師のことなど何も知りません。
まともなインタビューもできず失礼になるのは目に見えています。
いったんは断ったものの、待てよと。
話が聞きたいのなら、内容を理解したいのなら、自分が猟師になればいい。
思いついた著者は妻に宣言します。
「猟師になろうと思う」
妻は笑いながらおっしゃったそうです。
「いいかもね」
なんとまあ理解があるといいますか屈託がないといいますか。(笑)
というわけで、まずは狩猟免許試験です・・・・。
いつもながらの好奇心と行動力には恐れ入ります。
猟師になるにはどうすればいいのか。
そこから始まります。
免許を取得し、銃を購入したものの。
で、それからどうすればいいのか。
さっぱりわかりません。
右往左往しながらの試行錯誤が続きます・・・・。
しかし猟師ですか。
鉄砲で動物を撃つわけですよね。
なかなか思い切らないとできないでしょう。
幸いにも著者はいい先輩に恵まれます。
そして猟についていろんなことを学びます。
それは決して技術的なことだけではなくて。
猟というのは動物の命を奪うわけですから、仕留めた獲物は必ず無駄にすることなく食べる。
感謝の念をもって命をいただくわけです。
猟師は皆そのような心掛けを持っておられるといいます。
ただ単に鉄砲撃つのが面白いから、動物を殺すのが楽しいから、あとは知らんぷりなんてことではありません。
この本の中では結局著者は一匹も仕留められませんでしたけど。(笑)
2シーズン目を書いた本も出されているようなので、また見かけたら購入したいと思います。
posted by たろちゃん at 01:00
"「猟師になりたい!」北尾トロ"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: