2020年10月30日

10月の一冊

今月は14冊の読書でした。

・「愛を振り込む」蛭田亜紗子
・「沖縄うまいもん図鑑」仲村清司
・「築地で食べる 場内・場外・“裏”築地」小関敦之
・「死者の奢り・飼育」大江健三郎
・「恋の舞台はお屋敷で」伊東悠香
・「火事場の仕事力」ゆでたまご・嶋田隆司
・「雪国」川端康成
・「左目に映る星」奥田亜希子
・「江戸前で笑いたい 志ん生からビートたけしへ」高田文夫 編
・「たべたいの」壇蜜
・「あるキング」伊坂幸太郎
・「皿の上の人生」野地秩嘉
・「感覚の倫理学」田中康夫
・「イギリスはおいしい」林望

「愛を振り込む」、幸薄い女性たちを描いた短編集。
それでもちょっと心が温まるところがあったりします。
「沖縄うまいもん図鑑」、独特の食文化がある沖縄。
本格的な沖縄料理というのは食べたことがないので、この本を見て食べたくなりました。
「築地で食べる 場内・場外・“裏”築地」、築地通が紹介するグルメ本。
現在は豊洲に移転してしまいましたが。
「死者の奢り・飼育」、閉鎖的な状況の中、生と死という対照的な話が描かれています。
戦争やアメリカといった時代を感じさせるテーマも。
「恋の舞台はお屋敷で」、イケメンモデルとのお屋敷でメイドをすることになった主人公のラブストーリー。
所々強引な設定がありますが、まあ楽しめました。
「火事場の仕事力」、人気漫画原作者の仕事術を公開。
サラリーマンなどにも応用できる内容です。
「雪国」、誰もが知る名作。
ですが話の内容は特にどうといいこともなく。
「左目に映る星」、左目の視力がどうこうという設定は必要なんですかね。
だからこその話でありタイトルなんですが。
「江戸前で笑いたい 志ん生からビートたけしへ」、関西の笑いに押され気味(?)の東京のお笑い。
ですがもちろん東京なりの面白さがあります。
「たべたいの」、タレントのグルメ本ですが、独特のセンスで読ませます。
タイトルがいいですね。
「あるキング」、いままでの伊坂作品とはちょっと違った雰囲気の作品。
天才野球選手の半生を淡々と描いています。
「皿の上の人生」、さまざまな料理人を取り上げた一冊。
人選が著者らしくシブイ。
「感覚の倫理学」、もう35年ほど前の本ですが。
軽いノリでシニカルな内容は田中康夫らしい。
「イギリスはおいしい」、なんだんかだ批判はあるけどもイギリスはおいしいんだと。
イギリスへの愛が籠っています。

え~、では今月の一冊をば。
そうですね、表題作がわりとよかった「愛を振り込む」。
これでいきましょう。

CIMG3707.JPG
posted by たろちゃん at 02:29
"10月の一冊"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: