2020年11月29日

11月の一冊

今月の読書は10冊。
かなり少ないひと月となりました。
なんでかなぁ。
分厚い本があったせいですかね。

・「活字たんけん隊 めざせ、面白本の大海」椎名誠
・「黄色い皇帝」芝木好子
・「お家賃ですけど」能町みね子
・「時計台の文字盤」源氏鶏太
・「カモイクッキング くらしと料理を10倍楽しむ」鴨居羊子
・「誰もいない夜に咲く」桜木紫乃
・「日本の食材 おいしい旅」向笠千恵子
・「だいこん」山本一力
・「K氏の大阪弁ブンガク論」江弘毅
・「あの日のあなた」遠田潤子

「活字たんけん隊 めざせ、面白本の大海」、いろんな本の紹介です。
私とはまったく嗜好が違うので、それがかえって新しい世界に目を向けさせてくれます。
「黄色い皇帝」、蝶の収集という私にとっても未知なジャンルですし、小説としてもなかなかないんじゃないですかね。
その世界に賭ける一途さの描写はやはり芝木好子です。
「お家賃ですけど」、このようなアパートや生活がいまだあるんだと。
著者にとってはいい経験であり思い出でしょうね。
「時計台の文字盤」、結婚相手が処女ではなかったということで巻き起こる騒動。
今では考えれませんね。
「カモイクッキング くらしと料理を10倍楽しむ」、タイトルと内容がいまいち一致していない気もしますが。
でも食についてはたしかに小難しい理屈ではなく好きに楽しみたいですよね。
「誰もいない夜に咲く」、どの短編も地味で暗い話ではあります。
が、誰にでも人生はあるんだという当たり前のことを認識させられます。
「日本の食材 おいしい旅」、食の安全はどこにあるのか。
著者のような人がいろんな生産者を紹介してくださるのはありがたい。
「だいこん」、一膳飯屋を商う娘の物語。
歯切れのいい文章で人情を描くのはさすがの山本一力。
「K氏の大阪弁ブンガク論」、キャラ的にイタイ部分もある著者ですが、しかし大阪に対しての愛情はひしひしと感じられます。
ただもうちょっとテンション下げてほしいなと。
「あの日のあなた」、父と息子の物語であり、父もひとりの男なんだなと。
息子がちょっといい子過ぎかな。

では今月の一冊ですが、やはり芝木好子、山本一力は常連で候補に挙がってきますね。
ほんとに味わえる作家さんです。
ですが今回、どちらもやや難ありな読後感でした。
そんな中、桜木紫乃「誰もいない夜に咲く」が地味ではありますが、じんわりときましたね。
今月はこれを選びましょう。

CIMG3729.JPG
posted by たろちゃん at 01:00
"11月の一冊"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: