2020年12月31日

12月の一冊

今月の読書は12冊。
やはりいつもより少ないめですね。

・「東電OL症候群」佐野眞一
・「アンパンの丸かじり」東海林さだお
・「涼宮ハルヒの憤慨」谷川流
・「東スポ黄金伝説。」赤神信
・「パスタぎらい」ヤマザキマリ
・「あのころ、私たちはおとなだった」アン・タイラー
・「仕事道楽 スタジオジブリの現場」鈴木敏夫
・「酒を愛する男の酒」矢口純
・「ラグジュアリーな恋人」日向唯稀
・「祐介・字慰」尾崎世界観
・「からまる」千早茜
・「料理は女の義務ですか」阿古真理

「東電OL症候群」、もう20年以上前の事件のドキュメンタリーですが。
結局真犯人はわからないまま、被害者の心の闇もわからないまま。
「アンパンの丸かじり」、ご存じ抱腹絶倒の食エッセイ。
もうね、金字塔ですよこれは。
「涼宮ハルヒの憤慨」、シリーズ第8弾、ぼちぼちと読んでます。
でもこのペースでいくとシリーズを読み終えるのにあと何年かかるのか。(笑)
「東スポ黄金伝説。」、“あの”東京スポーツ新聞の歴史と裏話。
いや、さすがにやることがすごいわ。
「パスタぎらい」、イタリア在住歴40年近い著者による食エッセイ。
イタリアの日常的な食文化が面白く語られています。
「あのころ、私たちはおとなだった」、中年になり、ふと自分の人生はこれでよかったのかと振り返り、ちょっと焦ってもがいてみる。
これは40代以上の人たちに染み入る小説でしょうね。
「仕事道楽 スタジオジブリの現場」、宮崎駿、高畑勲に惹かれて出版社の編集者からアニメの世界へ。
著者が間近で見てきたお二人のいろんなエピソードを知ることができる一冊。
「酒を愛する男の酒」、著者は元編集者で、いろんな作家との酒の付き合いがありました。
こういう昔の作家の酒のエピソードを読めるのは嬉しい。
「ラグジュアリーな恋人」、若い女性向きのちょっとエッチなエタニティ文庫ルージュ。
ですがこの作品はけっこうお仕事小説としても読めるしっかり感がありました。
「祐介・字慰」、作者は第164回芥川賞の候補になりましたね。
なので作家として実力のある人なんでしょうが、私はこの作品はどうも理解できませんでした。
「からまる」、それぞれの登場人物がバトンリレー的に繋がっている連作短編集。
無難に仕上がってるとは思いますが、これといって突出しているわけでもなく。
「料理は女の義務ですか」、テーマはいいのですが全然違うことを書いてしまって迷子になってます。(笑)
最後にようやく連れ戻されてきたという感じですね。

ではでは今月の一冊を選びましょう。
正直、読んでいて今月はこれだなと思ったのはなかったです。
どれもそこそこという感じ。
そんな中でちょっと感心したのが「ラグジュアリーな恋人」。
小説のレベル云々は別として私自身楽しんで読めたのと、あくまでエタニティ文庫としての括りの中では恋愛やエッチだけではなく、お仕事小説としても読めたこと。
なのでこれがいちばん印象に残りましたかね。
ということで今月の一冊は「ラグジュアリーな恋人」で。

CIMG3743.JPG

posted by たろちゃん at 01:00
"12月の一冊"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: