2021年01月05日

「夫婦で読むセックスの本」堀口貞夫・堀口雅子

CIMG3748.JPG

セックスレスという言葉をよく聞きますね。
言葉通りそのまんまで、夫婦間にセックスがないことを表した言葉です。
いろんな理由がありますが、女性の妊娠・出産というのはまず大きなきっかけになるようです。
妊娠中セックスなんかしたらお腹の赤ちゃんによくないんじゃないか。
女性も妊娠中は性欲が減退しますし。
なのでご無沙汰になる。
その後出産をして、体の傷のこともありますし、昼も夜もない赤ちゃんの世話で女性はセックスどころじゃなかったりします。
更年期というのもありますね。
これは体の変調でもあり精神的な変調もきたします。
女性だけでなくもちろん男性にもいろんな事情があり、よくいわれるのがEDですね。
勃起障害です。
仕事で疲れて帰ってきて、セックスどころじゃないという場合もあるでしょう。
そうやって夫婦のすれ違いが続く。
男性に多い思い込みですが、セックスとは必ずしも挿入して射精しなければならないというものではないと著者はいいます。
意外と女性は挿入してもらわなくても抱きしめられるだけでいいと思ってたり、手をつないだり日頃優しい言葉をかけてもらえるだけでもそれなりに満足できる場合もある。
でもさりげなくそういうことができる男性って日本人ではなかなか少ないですよね。
日頃のそういうコミュニケーションなしにいきなり挿入だなんていっても、そりゃ女性は満足しないでしょう。
夫の独りよがりのセックスにうんざりして、無いほうがましと思っている妻も多いようです。
形式としてのセックスよりも、やはりまずは相手に対しての思いやりから始まるんでしょうね。
posted by たろちゃん at 01:00
"「夫婦で読むセックスの本」堀口貞夫・堀口雅子"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: