2021年04月30日

4月の一冊

今月の読書は上下巻含めて10冊。
最近なぜかペースが落ちています。

・「おなかがすく話」小林カツ代
・「ケッヘル(上・下)」中山可穂
・「棒を振る人生 指揮者は時間を彫刻する」佐渡裕
・「時計じかけのオレンジ〔完全版〕」アントニイ・バージェス
・「ハート♥燃えて・・・」唯川恵
・「不肖・宮嶋 踊る大取材線」宮嶋茂樹
・「居酒屋ふじ」栗山圭介
・「女坂」花房観音
・「辺境の食卓」太田愛人

「おなかがすく話」、料理研究家小林カツ代のエッセイ。
いかにも大阪のおばちゃん的なキャラがいいですね。
「ケッヘル(上・下)」、原稿1500枚の長編です。
視点を二つに分けたぶん、ちょっと散漫になったか?
「棒を振る人生 指揮者は時間を彫刻する」、指揮者とはどのようなことをするのか。
この本を読むとその仕事や内面もよくわかります。
「時計じかけのオレンジ〔完全版〕」、私はなんとも思いませんでしたが。
映画が評価されてその恩恵を被っているのでは。
「ハート♥燃えて・・・」、唯川恵コバルト時代の作品。
うん、当時の青春はこうだったのですよ。
「不肖・宮嶋 踊る大取材線」、不肖・宮嶋さん、怒涛のカメラマン人生ですね。
苦労の連続にもかかわらず面白おかしく語っておられますが、報道カメラマンとしての矜持をひしひしと感じます。
「居酒屋ふじ」、実在の店、実在の店主とのこと。
こんな店主の店があったのかと。
「女坂」、京都を舞台にした官能小説。
ただレベルは荒い。
「辺境の食卓」、極寒の地で自然と共存しながらの生活がつづられています。
私にはとても無理でしょうが、しかし憧れますね。

では今月の一冊を。
やはり中山可穂さんの「ケッヘル(上・下)」でしょう。
しかし渾身の長編のわりには私にとってはさほど響かない内容でした。
「感情教育」「マラケシュ心中」に比べるとどうしても。
上下巻というかなりな長編のせいもあるでしょう。
内容が薄まったといいますか。
ただミステリーな展開は作者にとって新境地といえるかもしれません。
なんだかんだ言いましたが、今月はこれで。

CIMG3788.JPG
CIMG3789.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください